FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION あなたの靴、見せてください!

【グッチ、ウエストンetc】希少なエキゾチックレザーの靴、履くの? 履かないの?

靴を偏愛する こじラグ谷中が、さらに靴企画を充実させるべくスタートさせた「靴魂(くつたま)」! インスタグラムに#靴魂のハッシュタグを付けてポストされたソウルメイトの投稿から、独断と偏見、そして魂を込めて厳選! あなたの靴が見たいから〜。

ただ禁止か? それとも使うことで守るか?? そこが問題だ

動物愛護に対する意識が高まり、ファッション業界でも家畜以外の動物から得る皮革、エキゾチックレザーの使用を辞めたり、扱いを見直す傾向にあります。

シャネル(CHANEL)やヒューゴ ボス(HUGO BOSS)などはエキゾチックレザーの使用を取り辞め、LVMHはクロコダイルの調達方法について独自の基準を定め、グッチ(GUCCI)などを擁するケリングは動物ごとに細かな規定を設けて絶滅危惧種や近絶滅種においては合法でも調達を禁じています。

しかし、家畜動物とは異なる個性的な美しさや野性味ある強さ、そしてその希少性から惹かれてしまう気持ちも理解できる。

いろいろ難しい問題をはらんでいますが、すでに世に存在するものは大切にし、なるべく長く愛で続け、天寿を全うさせるのが良いことであるのに間違いはない。

ということで、第67弾ではエキゾチックレザーの靴をピックアップして少し考えてみたいと思います。

エキゾチックレザーとは、一般的に家畜と呼ばれる牛や豚、馬、羊、山羊など飼育された動物から得る皮革以外、クロコダイルなどのワニ、トカゲ、ヘビなどの爬虫類、ダチョウ、サメ、エイ、ゾウなど希少性の高い野生動物から得られる皮革のことです。

まずなにより自然が生み出した造形は見た目が美しい。そして、身に纏うことでそれらの動物の力を享受したり、魔除け的な使い方、"ワニは低重心の四足歩行で転ぶことがないため身に付けると人生でも転ばない"とか、"脱皮する度に成長するヘビを身に付けると苦難を乗り越えてひと皮むける度に大きく成長する"とか、"トカゲは自ら尻尾を切って生き延びて再生する力も備えるため身に付けると不死や大願成就する"なんていう縁起をかついで、取り入れられてきました。

かつては一部の者のみが使用しましたが、その希少性から価値が高まって乱獲や悪質な取引も横行。絶滅の危惧にさらされる動物も増えています。

では話をクルリンパと戻して、エキゾチックレザーの靴の投稿5選をご紹介していきます!

ジェイエムウエストンの「180」(アリゲーター)

まずは、#靴魂#腕時計魂の常連! @sartoria9177さんの投稿から。ジェイエムウエストン(J.M.WESTON)のローファー「180」、ワニ革アリゲーターです。

ワニ革のシューズと聞いて、一番最初に思い出すのがジェイエムウエストンの「180」。

2021年4月1日の価格改定で、価格は68万2000円に! 2015年で45万円、2010年には35万程度で購入できたので、驚くべき値上がり率…。アリゲーターも日に日に希少性が増しているので、仕方がありませんが。

さらに、@sartoria9177さんの記載によれば、"青山店でオールソールしてもらったら、カーフのローファーが1足買えそうな金額だった"とのことで、さらに驚き。

このままいくと、3桁に乗るのも現実味を帯びてきていますので、気になってる方は早めに手に入れることをおすすめします。そして、日々の手入れを欠かさず、斑(ふ)が割れないように気をつけましょう。

その点、@sartoria9177さんの「180」は25年以上前に購入したとは思えない美しさを保っています。手入れが行き届いていますし、履きジワによる傷みも見当たりません。ぜひ、このまま綺麗に長く履き続けてあげてください!

ジェイエムウエストンの「180」(リザード)

続いては、@hirostylingさんの投稿から。同じくジェイエムウエストン(J.M.WESTON)のローファー「180」で、トガゲの革ブラウンリザードです。

アリゲーターほどではありませんが、希少なリザード。すでに価格は30万円オーバーです。

ちなみにトカゲですが、古代ローマ人はトカゲが家を守る精霊だと考えていたそうで、ここ日本では金運アップの象徴。また、素早く動く習性から、早く行動すると目標や願望をより早く実現することができるというメッセージと捉えたり、先述したように尻尾を切って生き延びて再生もするので不死のお守り的な要素もあり、アクセサリーや小物でもよく見かけます。

日本のブランドが靴に取り入れることは稀ですが、ヨーロッパでは多く、ウエストンでも人気です。

@hirostylingさんは、リザードとアリゲーター、さらにはボックスカーフ、スエードに至るまで豊富に揃え、どれも綺麗な状態で履いていらっしゃいます。しかも、このリザードに関しては旧ロゴ時代のものとは思えない状態の良さ。

エキゾチックレザー独特のいやらしさを微塵も感じさせない履きこなし具合もお見事ですので、ぜひこのまま綺麗な状態をキープして、品良く履き続けてあげてください。

グッチのホースビットローファー(パイソン)

次にご紹介するのは、もはや#靴魂のレギュラー@ryuki_hさんの投稿から。グッチ(GUCCI)のホースビットローファー、ヘビ革パイソンです。

1953年に乗馬からインスピレーションを得て、世界で初めてサドル部分にホースビットをつけたローファーをリリースした「グッチ」。

かつてはクロコダイルや@ryuki_hさんのパイソンを使用したモデルもありましたが、絶滅危惧種は合法でも調達を禁じていることから、今後目にする機会は減りそうです。

ちなみにヘビですが、古くから神の使いや、田畑を荒らすネズミを捕食することから豊穣の神として信仰されたり、脱皮をするたびに表面の傷が治癒していくことから医療・再生のシンボルとされて救急車にマークが使われたり、逸話が多い動物。ヘビ(巳)を持つと「実(巳)入り」するとされ、かつては金運アップのために脱皮した皮を財布に入れる人もいました(笑)。

結構ハードな見た目ですが、いろいろなアイテムに採用されてきました。

ややもすると厳つく、品悪く見えそうですが、そこはグッチ。柄の濃淡を抑えたワントーンなので、一般的なパイソンよりは使いやすそう。ただ、@ryuki_hさんの奥様からの評判は悪いみたい…。

それでもきっと上手には着こなしてくれそうな@ryuki_hさん。ぜひ今度は巧みなコーディネートに履き合わせて投稿してください! 楽しみにしています。

レンドのエプロンフロントダービー「GB001」、トレーディングポストオリジナルのグルカサンダル(サメ)

4番めは、グルカサンダル夏サンダルホワイツ編み上げブーツアウトドアブーツの回に続いての登場となる@isamu00136さんの投稿から。レンド(RENDO)のエプロンフロントダービー「GB001」と以前も紹介したトレーディングポスト(Trading Post)オリジナルのグルカサンダルです。

東京・浅草にアトリエ兼ショップを構えるシューズブランド、レンド。

ブランド名の由来である「連動」の如く、自らのイメージを円滑に具現化できるよう何度も工場に足を運んでは職人と話し合いを重ね、試作と検証を繰り返すことで、高クオリティの靴を世に送り出しています。

そんなレンドの人気モデルであるエプロンフロントダービー「GB001」のアッパーをサメ革に載せ替え、ビブラムのコマンドソールを貼り付け、オリジナルキルトを追加したパターンオーダー。@isamu00136さんのこだわりをたっぷり詰め込んだ、最強の雨靴を完成させました。本当にお見事! 天晴れです。

サメ革は、さすがの水生生物! 水も弾くし傷にも強い。おまけに軽くて柔らかい。お手入れも軽くブラッシングして、デリケートクリームを使うくらいなので、雨でも気軽に、そして快適に履けそうです。

このゴツゴツした表情でサメと聞くと一瞬たじろぎますが、ちょっとハードなグレインレザーと考えれば全然受け入れられますし、シワやキズも目立ちにくく、水にも強い。さらに柔らかくて軽いとあれば、今後もっと普及するかもしれません。

エンツォボナフェのサイドゴアショートブーツ(オーストリッチ)

最後は、白い靴ウィングチップグルカサンダルカルミナ編み上げブーツの回に続いて6度目の登場となる常連! @michiru2508hさんの投稿から。エンツォボナフェ(ENZO BONAFE)のサイドゴアショートブーツで、ダチョウの革 オーストリッチです。

低く抑えられたセミスクエアとラウンドの中間くらいのトゥと、コバの張り出しを抑えたグッドイヤー・ア・マーノ製法で、端正で美しいシルエットを描くエンツォボナフェのサイドゴアブーツ。

ショート丈なので、@michiru2508hさんが得意とするソックスとのコーディネートが映え、お互いを引き立てあっています。

オーストリッチは、ダチョウの羽根を抜いた後の突起した痕、「クイルマーク」と呼ばれる突起模様が特徴。ヨーロッパでは貴族のステータスとして偏重されてきました。

繊細なイメージがありますが、じつは耐久性は牛革以上。独特のシボがあるのでキズが目立ちにくく、牛革と同じような手入れをすると美しい艶が現れます。@michiru2508hさんの靴も綺麗に輝いていますね。

もちっとした弾力がある割りには伸びすぎない硬さも備えており、独特な履き心地。日本ではあまり見かけませんでしたが、サメ同様、今後増える可能性を感じます。

 

エキゾチックレザーをただ禁止するのは簡単ですが、それでも欲しい人がいる場合は闇での取引が盛んになり事態はより深刻化する危険も。一方で、欲しい人のために合法的な取引が行われれば、そこに利益が生まれ、それらの動物を保護する取り組みも活性化して絶滅の危惧を免れる可能性だってあります。いろいろ難しい問題は山積みですが、ちょっと考えてみながら大切に履いてみるのも良いかもしれませんね。

それでは、本日はここまで。是非これからも ドレスシューズに限らず、ブーツやスニーカーなどなど、みなさんの愛用靴を「#靴魂」を付けて たくさんポストしてください! 目標は、#腕時計魂に追いつくことです!!

ちなみにですが、会員登録して頂けるとコメントを書き込むことができますので、#靴魂に対するご意見や感想、「オレはココの靴が好きだー」「こんな切り口で靴が見てみたい」などなど奮ってコメントしてください。

それから、インスタグラムの#靴魂を介して、皆さんが交流してくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

投稿に関してですが、撮影の仕方は自由。靴のみ、履いている足元、その靴を中心としたコーディネートなどなど、靴が写っていれば何でもOKです。ぜひご自慢の一足をインスタグラムに投稿してください。もしかすると あなたの投稿を取り上げるかもしれません。

それでは次回の「あなたの靴、見せてください」もお楽しみに!!

Edit:Ryutaro Yanaka



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE