FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH 【腕時計羅針盤】

腕時計選びにも、賢者のコツがあった。その3つとは?

みなさん、こんにちは。

腕時計羅針盤、RYです。

前回の記事で「日本人の多くが知らない。今、プレゼントには腕時計が最適な5つの理由」というテーマについて書かせていただきました。

そこで今回は、「プレゼントとして腕時計を選ぶ際にどのように選べば良いのか?」というテーマについて書かせて頂こうと思います。

絶対に喜ばれる、失敗しない腕時計の選び方のポイントは大きく分けて次の2つ+おまけ的要素です。

1. 予算を考える
2. 相手のライフスタイルを考える
3. おまけ的要素

それぞれ見ていきましょう。

1. 予算を考える

まずは、いくら位の腕時計を買うのか?ざっくりと予算を考えるのが良いでしょう。

無理をして高額すぎる腕時計を買うのは辛いですし、高額な時計ほど維持費も高くなる傾向があるため、受け取り側としても負担に感じてしまう可能性があります。

両者にとって、等身大の価格のものが良いでしょう(ご自身用に購入するのであれば、少し背伸びしたくらいが仕事や日々の生活に活力が出て良いという視点もあります)。

また、ここでの予算はガチガチに決めずに、何となく「〇〇万円くらいかなあ?」といった具合にボヤッとしたくらいでOKです。

逆に「〇〇万円まで!」とガチッと決めてしまうと、選択肢がかなり絞られてしまいます。ボヤッとした予算感の方が柔軟性があって良いでしょう。

腕時計は、安いものであれば1万円未満で買うこともできますし、上を見れば数千万円以上とキリが無い世界です。きっと多くの方が迷われると思います。

そこで、あくまでも目安として、個人的な感覚を書いてみます。

1〜数万円前後:カシオのG-SHOCKやセイコー、シチズンなどのクォーツ式時計が選べる

10万円前後:セイコー、ティソ、ハミルトンなどコストパフォーマンスに優れた機械式時計が選べる。

30万円前後:タグホイヤー、チューダー、ロンジンなど有名スイスブランドの中のエントリークラスの機械式時計が選べる。

60万円前後:ロレックス、オメガ、IWC、グランドセイコーなど実用機械式時計の最高峰クラスが選べる。

80万円前後:ジャガールクルト、ブランパン、ショパールなど工芸品のような機械式時計が選べる。

300万円前後:パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタンなど、”世界三大時計”と呼ばれる最高級時計ブランドのエントリークラスの時計が見えてくる。

2. 相手のライフスタイルを考える

続いて、腕時計を贈る相手のライフスタイルについて考えます。

具体的には「どんな服装で仕事をしているか?」「どんな場所で働いているか?」「休みの日はどう過ごしているか?趣味は何か?」などです。

実は、腕時計にも様々な種類があるのですが、主要なものは次の5つのタイプに分類されると私は考えています。

それぞれのタイプの特徴と、合わせやすいファッションスタイルについて簡潔にまとめてみました(それぞれの詳しい特徴や選ぶ時のポイントは青字のリンクから)。

ドレスウォッチ:極めてシンプルな時計。薄型で貴金属製も多く、フォーマルシーンにベストマッチ。

3針スポーツウォッチ:シンプルな時計だがある程度の耐久性を設けた時計。ビジネスフォーマル〜カジュアルシーンまで幅広く対応しやすい。迷ったらこのタイプがおすすめ。

ダイバーズウォッチ:ダイバーのために作られた時計で、水に強く屈強に作られている。そのため分厚く大きい傾向。ビジネスカジュアル〜アウトドアによく似合う。

パイロットウォッチ:パイロットのために作られた時計で、高い視認性を誇る。自由度が高く個性豊かなジャンル。ヴィンテージ風の時計も多い。ビジネスカジュアル〜アウトドアによく似合う。

クロノグラフ:ストップウォッチ付きの時計。航空業界やモータースポーツと関係が深い。計器感が男心をくすぐる。分厚く大きくなる傾向がある。ビジネスカジュアル〜アウトドアによく似合う。

次に具体例として、これら5つの主要タイプを踏まえて、ライフスタイル例とおすすめの腕時計タイプを考えてみたいと思います。

例1. かっちりとしたスーツを着る仕事で使う腕時計を贈りたい: ドレスウォッチ

例2. 比較的カジュアルなスーツを着る仕事と休日でも使える時計を贈りたい: 3針スポーツウォッチ

例3. 体を動かす仕事で使える時計を贈りたい: G-SHOCKやダイバーズウォッチ

いかがでしょうか。

このように、腕時計の5つのタイプをざっくりと把握しておくと、相手のライフスタイルに合わせやすい腕時計を選びやすくなるのでおすすめです。

3. おまけ的要素

先述のように「予算+相手のライフスタイル」の2点を考えれば、かなり時計を探しやすくなりますが、もし余裕があれば、おまけ的要素を考えるのも良いでしょう。

例えば、相手の趣味やアイデンティティと絡めて時計を探すのも面白いアプローチです。

具体的には、釣りやサーフィンなどの水に関わる趣味があればダイバーズウォッチ。車やドライブ好きであればクロノグラフ。アメカジファッション好きであればパイロットウォッチ。などです。

あるいは、相手の体型や腕の太さで時計のサイズ(時計本体の直径=ケース径といいます)を絞るのも一手です。

今日におけるメンズ腕時計の標準的なサイズは36~42mmくらいです。

標準的な体型であればケース径40mm、細身の体型であれば36~40mm、ガッチリ体型であれば40~44mmくらいが似合いやすいと思います。

ちなみに、36mmくらいの時計ですと女性の方も着けられるサイズ感ですので、男女のシェアウォッチとしても活用できます。
関連記事はコチラ→カップルでも夫婦でも!男女で着けたい素敵なシェアウォッチ5選

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「絶対に喜ばれる腕時計の選び方」と題して、プレゼントとして腕時計を選ぶ際にどのように選べば良いのか?というテーマについて書かせて頂きました。

もう一度まとめると、

1. 予算を考える
2. 相手のライフスタイルを考える
3. おまけ的要素

です。

一番大事なことは時計の金額ではなく、相手を思う気持ちだと思います。

自分のことを思って贈ってくれたプレゼントであれば、どんなものでも嬉しいですよね。

今回のポイントを踏まえて腕時計選びをすれば、自然と相手のことを考えて選ぶことに繋がると思います。

そしてプレゼントを渡す際に「〇〇という理由でこの時計を選んだ」と一言添えれば、喜びは何倍にもなること間違いなしです!(私はなります(笑))。

それではまた!ありがとうございました。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE