FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION あなたの靴、見せてください!

【ジョンロブ、エドワードグリーン、チャーチ】新年度を迎えるときに履きたい! 正統派な英国靴5選

靴を偏愛する こじラグ谷中が、さらに靴企画を充実させるべくスタートさせた「靴魂(くつたま)」! インスタグラムに#靴魂のハッシュタグを付けてポストされたソウルメイトの投稿から、独断と偏見、そして魂を込めて厳選! あなたの靴が見たいから〜。

新年度を迎えるときは、姿勢正して正統派の英国靴を履いてみては?

突然夏のような暑さが訪れたり、かと思えば冬のように冷たい雨…。ブーツを仕舞おうかと思った手は止まり、雨仕様の靴を引っ張り出したり。三寒四温とは言いますが、ちょっと過酷過ぎる……。

しかし、まもなく春分となり、桜が咲く頃には安定していることを期待して、やってくる新年度は王道で正統派の革靴を履いて迎えたい。

というわけで、第79弾は新年度に履きたい王道の英国靴をピックアップしてみます。

紳士の国、英国。彼らの足元を飾ってきたのが、卓越した職人の手によって生み出された質実剛健な革靴たち。

18世紀半ばから起こった産業革命を起因に、農業以外の仕事をする人が増え、靴の需要も急速に伸び始め、1829年に創業したトリッカーズを皮切りに、ロンドンには数多くのビスポーク工房、靴を作るための好条件が揃ったノーザンプトンには靴工場が設立。19世紀中には、多くのシューズブランドが誕生していきます。

その後、アメリカで発明されたグッドイヤーウエルテッド製法によって、靴を大量に生産することが可能となり、いち早く工業化に成功したノーザンプトンは、靴の聖地と呼ばれるようになりました。

では話をクルリンパと戻して、王道の英国靴の投稿5選をご紹介していきます!

ジョンロブの「モールトン

まずは、安定の投稿キング! #靴魂を牽引する存在@ryuki_hさんの投稿から。ジョンロブ(JOHN LOBB)の「モールトンMORTON)」です。

イギリス、いや世界においてもトップランカー、「キング・オブ・シューズ」の座を守り続けるのが、ジョンロブです。

数ある名作の中で、2015年に日本限定モデルとして登場したバッファローカーフのシボ革を採用し、ラギットなアシュビーソールを装備した7アイレットのレースアップブーツが「モールトン」ですが、こちらはその原型ともなったコテージラインのオリジナル。なんと、9アイレットです!

25年以上の前の靴とは思えない、状態の良さには驚かされますし、写真からもモッチリとした上質な革質が伝わってきます。

パラブーツ、エシェン、ハードリッジなどなど、どこがジョンロブのコテージラインの生産を請け負っていたのかは、つねに論争が繰り広げられますが…、果たして この「モールトン」はどこで生産されたのか…??

毎度毎度、@ryuki_hさんのコレクションには舌を巻きますし、さらに貪欲に靴道をひた走る姿勢には感服です! これからも僕らを驚かせ続けてください。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE