FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION NEWS

干場が愛用する「ペッレ モルビダ」がグランフロント大阪店に新規店舗をオープン! 限定の“干場モデル”も見逃せない(PR)

ペッレ モルビダ直営店4店舗目の「グランフロント大阪店」が9月30日(金)オープン

Sponsored by PELLE MORBIDA

優雅な船旅に持って行きたくなるようなバッグをコンセプトに、“柔らかな肌(革)”を意味するイタリア語を用いて、2012年7月にデビューしたPELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)。

今年7月にブランド10周年という節目を迎えて、PELLE MORBIDA 銀座本店、PELLE MORBIDA 名古屋、PELLE MORBIDA 心斎橋の直営店3店舗に加えて、9月30日(金)に「グランフロント大阪店」をオープンします。

2022年秋冬シーズンテーマは「BASQUE(バスク)」

FORZA世代のビジネススタイルに10年間寄り添い、共にしっかり成果を生み出してきたペッレ モルビダのバッグたち。ペッレ モルビダは創業時に“品位・ドレス・クラシカル”という明確なキーワードを掲げ、オリジナル開発したシュリンクレザーを武器に、日本ブランドにはなかった様々なバッグやレザーアイテムのコレクションを発表しています。

ペッレ モルビダ2022年秋冬シーズンは「BASQUE(バスク)」がテーマ。スペインとフランスの国境・バスク地方の象徴である国旗カラーと、大切に守られてきた伝統的な織物からインスパイアされたコレクションを展開。

左/ペッレ モルビダ「トートバッグ」3万4100円、右/ペッレ モルビダ「ボストンバッグ」6万9300円

諸説ありますが、バスク織の特徴でもある7本のストライプは、ストライプで海の波を、色では青を漁師、赤を酪農、緑を農業、グレーを聖職者で表現しているといわれています。そして、昔は家畜の道具として、近年では祝いごとを華やかにするテーブルクロスとして使われてきました。

日本の織物産地である群馬・桐生の伝統技術を生かし、ジャガードでバスク織のイメージをペッレ モルビダらしく表現。2022年秋冬シーズンを華やかに飾ります。

待望の新型キャディバッグ!
“HOSHIBA GOLF”10th アニバーサリーモデル

ペッレ モルビダ10周年を記念した「10周年アニバーサリーアイテム」は、10年目のひとつの節目を迎え、さらにこの先も創業当初に掲げたマインドを継承し、時代の空気感をありのままに取り入れることなく、創造性が随所に光るアイテムをラインナップ。

10周年アンバサダーとして、我らがFORZA STYLE編集長の干場義雅、ファッションクリエイター高田朋佳氏、ファッションディレクター福島雄介氏、ヴァイオリニスト葉加瀬太郎氏の4名を迎え、それぞれのアンバサダーとコラボレーションしたアニバーサリーイヤーにふさわしい記念アイテムを1年間に渡って販売します。

ペッレ モルビダ「キャディバッグ(HPG011-10周年キャディバッグ)」8万6900円

干場のコラボアイテムは、待望の新型キャディバッグ。ブラックをベースにロゴや随所に白を効かせたデザインは、モダンで上品な大人なゴルフプレーヤーを体現。ポケット容量を大きくしたカートタイプのキャディバッグで、ポケット数が多く、シューズポケットも完備。ゴルフアイテムをまとめて収納できます。

また、干場コラボでは、シューズ、着替えなどのアイテムをしっかり収納できるボストンバッグ(5万9400円)と、皮革生産地・姫路松原地区で開発した柔らかなシュリンクレザーのブリーフバッグ(9万1300円)も展開します。

10周年アニバーサリーアイテムのコラボレーションバッグに施された10の星が並ぶロゴは、干場のアイディアを基にデザイン。ブランドのこれまでの歩みを星に例え、10周年のアイコンとして“テンスターズ”を表現しています。

グランフロント大阪店は、定番人気アイテムのほか、今季テーマのバスクシリーズのアイテムや10周年アニバーサリーのコラボアイテムなどをフルラインナップで展開。さらに、オープン記念特典として5万5000円(税込)以上購入したお客様にはオリジナルエコバッグをプレゼント(※数量限定、なくなり次第終了)。

【提供元】
2022年9月30日(金)オープン
PELLE MORBIDA グランフロント大阪店
大阪府大阪市北区大深町3-1
グランフロント大阪 北館1F
11:00〜21:00
06-6131-5526(9月30日以降)
ペッレ モルビダ公式サイト



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE