FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
LIFESTYLE ココが惜しいよ、40オトコ

【車内でのBGM問題】その選曲、同乗者はどう思ってる?

【マンガで紹介】「いい曲だよねー、君も好きでしょ?」が口癖です。コノキョック・スキスギール氏〈惜しいよオトコ・その80〉

いまも昔も、ドライブデートはちょっと特別なもの。二人の距離も一気に縮まりますよね。

その際、大事なポイントとなるのが、曲選び。

同じアーティストが好き、同じ曲が好きだと一気にデートも盛り上がりそうですが……

自分の好きと、相手の好きが、同じレベルとは限りません。

自分は永遠にでも聞いていられる、という名曲だとしても、相手が飽きている感じがしたら、さっと曲やアーティストを切り替えたいものですね。

ということで、今週ご紹介するのは、好きなモノを掘り下げるのが大好きで、とことん突き詰めていきがち。気に入った曲なら一日中でも聞いていられるという、コノキョック・スキスギール氏。

・・・・・・・・・・・・・・

音楽の趣味が合う方とのドライブは家に帰りたくないくらい心地いいですよね。脳内で快楽物質が分泌される曲は、繰り返し耳にすることで集中力が高まり、安全運転にもつながりそうです。

しかし、何でもやりすぎは危険かもしれません。

かつて、大好きな曲でトランス状態になり3時間、運転していた記憶がないと言っていた方もいらっしゃいました。

それに、気になっている方と初めてドライブ、片方だけがハイになってしまい、心が一つになれないのは寂しすぎます。

頭にこびりついて離れないCMソングや、盛り上がるけれどうるさすぎる曲、かっこいいけれど暗くてディープすぎる曲などは、いくらヒット曲でも好みがはっきり分かれがち。

同乗者がいるときは、独りよがりのドライブ・ミュージックではなくて、相手の反応を見て臨機応変に対応する。そういう方はきっとモテますよね。よくわからない場合は無理せず、音楽アプリの良さそうなプレイリストにお任せしてしまったほうが無難です。


理想の男性は、相手の好みと自分の好みの曲をセンスよくミックスしてくださる方。「この曲だれ?」と聞きたくなるようないい曲をたくさん知っている方はとても素敵だと思います♡

 

 

それでは次回の惜しいよオトコもお楽しみに〜!

Illustrations&Text: Akiko Hiramatsu
Edit : Yukari Tachihara

平松昭子 Akiko Hiramatsu
イラストレーター/ブロガー 雑誌やWEBサイトをメインに、ファニーでエレガントなイラストやエッセイを執筆する。一方そのファッションセンスが注目され、女性誌のファッションスナップページなどに多数登場。着物を愛好し、Etsyのオーナーとして水墨画の掛軸制作にも力を入れている。著書に『平松昭子の着物事件簿』(宝島社)『マンガで読む絶望名人カフカの人生論』(飛鳥新社)『平松昭子のファッションホリック道』(KKベストセラーズ)などがある。

オシャレでキュートなイラスト満載のHPはこちら! http://akikohiramatsu.com



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE