FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 干場の「エコラグ」

【ES:Sのトレンチ】着た瞬間にカッコいい! 定番なのに新しいコート

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

立ち姿が凛々しく映る、大人のビッグシルエット

数年前に知って以来、「ES:S(エス)」のトレンチコートにどハマりしています。2014年にスタートした比較的新しいブランドですが、このコートは春夏、秋冬と素材を替えながら毎シーズンつくっている人気商品。もはや定番ともいえる、完成度の高さが魅力です。

僕が前に買ったのは撥水ナイロンとウールのタイプですが、このたび強撚ウールのツイル素材を使ったカーキのモデルが新しく登場。

織密度の調整で、適度なハリは残しつつも、エレガントさとスポーティさを両立しています。

そんなわけで、素材が替わると、雰囲気も変わるので、追加でもう一着購入しようか本気で検討中。ちなみに、エジプトGIZAコットンを用いた高密度ギャバジン生地と、ポリエステルのタイプライター生地のモデルは、前シーズン完売したものですが、あまりの人気で再登場となりました。

ES:Sの何がいいかって、大人が似合う王道な見た目ながら、トレンドのビッグシルエットのサジ加減が絶妙なんですよね。ラグランスリーブの落ち感や、ボタンを上まで留めたときに出る丸みのある胸のカッティング、襟元の表情など、あまりに良すぎて、ここ最近はこればかり着ていました。

しかも、ミリタリー由来の本格的なつくりながら、エポーレットやガンパッチ、D冠といった、トレンチコート特有の象徴的なディテールをことごとく排除。それでいて、しっかりとトレンチ顔に仕上がっているんですから、ミース・ファン・デル・ローエが唱えた「Less is more」などの言葉に代表される、ミニマリズムの精神に通じるものを感じます。

僕が大好きな90年代のジョルジオ アルマーニにも似た雰囲気があり、見た目の派手さはないものの、丁寧なつくり込みで着心地がよく、日常に溶け込むデザインであることもお気に入りの理由。

スーツやジャケパンなどのビジネススタイルに合わせられるのはもちろんですが、Tシャツにリブパン、スニーカーといったいまどきのスポーティなカジュアルスタイルにも相性抜群です。

雨の日や出張にも使えて、着た瞬間にカッコよくなれる、間違いのない一着です。


Black 6万9300円
Cotton Gabardine 8万5800円
Khaki 9万9000円
/すべてES:S(セコンド)

【問い合わせ】
セコンド info@second.jp

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE