LIFESTYLE 山ちゃんの「洋品天国」

台東区・佐竹商店街の元祖シティボーイ御用達「ベッシィロス」で見つけたmade in USAのお宝たち

長年生きていると洋服に対する考え方もだいぶ変わってくるもので、正直言って「トレンド」とか「モテる」とか、もうど~~~~~でもいいんですよね! なおかつ、売れ線ばかりを揃えた個性のないショップにも、もう飽き飽き。なんつーか今の僕が求めているのは、店主の趣味がほとばしりまくった「濃厚」かつ「偏った」品揃えのお店。分かるヤツだけ分かればいいんです。今や絶滅危惧種になってしまった、そんなショップ……いや「洋品店」を紹介させてくれるってんだから、FORZA STYLEも相当な"変態"ですなあ。それでは早速行ってみましょう!
Yahoo! 配信用パラグラフ分割
 
えーと、あのー、毎度どもりがちの進行で視聴者の皆さんをいらつかせているファッションエディターの山ちゃんこと山下英介の「洋品天国」、今月もいってみましょう!
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

第3回目の舞台となる洋品店があるのは、大江戸線新御徒町駅からほど近くにある佐竹商店街。江戸時代中期からの歴史を誇る、日本で2番目に古い商店街……なのですが、皆さん知らないでしょう?

そう、こちらは第二次世界大戦前は浅草に匹敵する繁栄を誇ったものの、その後衰退。いっときは〝シャッター商店街〟の代名詞的存在になってしまった、モヤモヤスポット(©️モヤモヤさま〜ず)なのです!

しかし現在歩いてみるとそれほど寒々しくはなく、むしろ心温まるバイブスをそこかしこに感じる、絶好の散歩コースであることに気づかされます。その理由はズバリ言って、チェーン店がほとんどないこと! この商店街はスターバックスをはじめとする大手資本に相手にされなかったがゆえに、いまだ個人商店による牧歌的ビジネスが通用する、奇跡のエアポケットなのです! フォーエバー佐竹商店街!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

さて、そんな商店街のアーケードを10分程度歩いた先に、本日のお目当てとなる、小さくて古びたお店「ベッシィロス」はあります。……ファッ!?  そこには、バイクを知る人なら二度見必至の光景が。なんと〝バイク界のフェラーリ〟〝走る宝石〟と称される名車「MVアグスタ」を、物干しがわりに使っているのです!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

この衝撃の光景を前に、キケンを感じたあなた、正解です。しかし、そこで「やっぱ入るのやめとこ」と踵を返してしまうのはもったないない。「ベッシィロス」こと「ベシロス」は確かに小さいし古いしクセは強めですが、最強のディープスポット……いわば底が丸見えの底なし沼なのですから!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

その隠しきれない〝クセ強〟の発生源となっているのが、店主の鈴木正さん。「格好よさげに切り取ったり盛らない」ことを条件に取材を許可してくれたことからも、タダモノではないことがわかります。そのココロは、「一部を切り取ったきれいな写真や、盛りすぎた美辞麗句に踊らされて訪れたお客さんに悪いから」。だから今回は、素敵なところもそうでないところも、ありのままを見ていただきたい!

アメリカの片田舎にある洋品店を彷彿させる古びた店内で、折り畳み傘や形態安定シャツが並べられた様子を見ると、思わず「失礼しました〜」となりそうですが、まずは落ち着いて、一点一点の商品をチェックしてみてください。そこにはアレ!? と目を疑うばかりのお宝が眠っているのです!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

UCLAモノのウインドブレーカー、メイドインUSAのチノパンやジーンズ、SEROのボタンダウンシャツといった超定番のアメカジ名品の数々。1980〜90年代に一世を風靡した、メイソンズなどのイタカジアイテム。加えてなにげにテラソンに代表される、新興ブランドのジーンズやチノパンなどがミックスされたその構成は、街の洋品店の領域をはるかに超越しているじゃないか……。鈴木さん、いったいあなたはナニモノなんですか?

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

じっくりと聞いてみたところ、鈴木さんと「ベッシィロス」の歴史は、なかなかに深いものがありました。その創業は1976年。「ビームス」「ポパイ」「こち亀」、そして僕と同い歳! アメリカに憧れてやまなかった鈴木青年が、ツテを頼りに渡米し、本場のアメカジアイテムを買い付けたのがその始まり。特にUCLA(カリフォルニア大学)生協のオリジナルアイテムに強かったことから、STUDENT STOREと銘打ったというわけです。ちなみに店名の「BESSY ROSS」は、アメリカの星条旗をつくったと伝えられている女性、BETSY ROSSから名付けたのだとか。綴りが微妙に違っているところはご愛嬌ね。要するに「ベッシィロス」と鈴木さんは、日本におけるシティボーイカルチャーの先駆者だったのです!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

一見ラフな鈴木さんの装いも、よーく見ると達人の域。だってアンティーク風の時計なんて、実はフランクミュラーのボーイズサイズ。深い、深すぎる……! なんて褒めすぎたら、鈴木さんに怒られるかな……!?

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

というわけで、UCLAのロゴ入りウインドブレーカーやら、「ベッシィロス」オリジナルのボディに当時モノのワッペンをつけたジャンパーなど、通好みの名品をガシガシ試着&購入した次第。あまりに興奮してしまったもので、佐竹商店街の喫茶店「ロッキー」で、しばしのチルアウトが必要だったとさ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

〝至高の名店〟とか大げさなことは言いませんが、掘れば掘るほど味わい深い「ベッシィロス」こと「ベシロス」。ちょっとクセ強ですが、本当は優しい鈴木さんが迎えてくれます。下町散歩のついでにでも、ぜひ寄ってみてください!

ベッシィロス
東京都台東区台東3-1
03-3831-3194
営業時間はお問い合わせください
定休日 水曜日

Text:Eisuke Yamashita
Video:Yoshihide Shoshima
Edit:Takashi Ogiyama



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE