FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 得するクルマ生活

レクサスのSUV、RXとNX、UXを比較! 売れているのはどれ?

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

日本でもっとも人気のあるクルマのプレミアムブランド「レクサス」には、SUVが4車種ある。LXはクロスカントリー路も走破できる本格クロカンSUV、トヨタハリアーとモデル供用のころからサイズアップし、ラージサイズSUVとなったRX、使いやすいミドルクラスSUVのNX、そしてコンパクトサイズのエントリーラグジュアリーSUVであるUXだ。

このレクサスSUVラインナップのなかで、2020年に最も売れたのは、なんと「RX」。車幅ほぼ1.9mと、日本で乗るには若干怯むボディサイズであるRXが、なぜレクサスでもっとも売れたSUVとなったのだろうか。

 

■ガソリン車の割合が多いRX

2020年1月~12月期のレクサスSUVの販売台数をみると、なんとRXがNXの約1.5倍も売れている。そして、ハイブリッド仕様の販売割合が高いNXやUXと比べて、RXはガソリン仕様のRX300が、半分近くの割合となっている点も特徴的だ。ここに、RX快進撃の理由のひとつがある、と思われる。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
2020年に、もっとも売れたレクサスとなったRX

RX300の販売価格は、税込524万円から。NXのハイブリッド仕様であるNX300Hの販売価格は519万円と、たった5万円の差しかない。この程度の価格差であれば、NXよりも車格がひとつ上のRXを選びたくなる心理も想像がつく。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
RX300とNX300Hの価格差はわずか5万円 それならばRXを選びたくのもわからなくない
RXのガソリン仕様「RX300」 NXと変わらない価格でRXに乗れるのであればRXを選択する理由にもなる

しかし、RX全体の販売台数の半数以上は、税込638万円以上にもなるハイブリッド仕様だ。つまり、NXのハイブリッド仕様との価格差だけでは、RX人気の説明はつかない。

 

■全幅の大きさは、トヨタ/レクサスのSUVの中でダントツ

RXのボディサイズは、全長4890㎜、全幅1895㎜、全高1710㎜。トヨタの人気ミニバンであるアルファードよりも、全幅は45㎜も大きい。このクラスのサイズになると、街中での取り回しには非常に苦労するだろう。さらに、RXは最小回転半径が5.9mと、異様に大きい(200系ランクルと同じ)。

NXの5.3m(17インチ、ガソリンのモデル)とは、明らかな差がある。この最小回転半径の差は、運転中、ボディサイズの差(NXは全長4640㎜、全幅1845㎜)以上に、効いてくる差だ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
全長はUX<RAV4<NX<ハリアー<RXの順列で大きくなるが、RXの他は、ほぼ1850㎜前後に収まるのに対し、RXの全幅はダントツ

トヨタ/レクサスの他のSUVを見てみても、RXの他は、ほぼ1850㎜前後に収まるサイズであり、RXの幅広さが際立っている。一見、日本では避けられてもおかしくはないサイズだが、かえってこの大きなサイズこそが、「RXのよさ」なのだと考えられる。

 

■大きいことでよりラグジュアリーさが増している

ボディサイズが大きいことで、「威厳」や「優雅さ」が増すことは、なんとなく理解できるだろう。「アルファード」がまさにそうで、あの厳ついフェイスと、(特に全高の)サイズが大きいことで「威厳」が強調され、売れ行きにつながっていると思われる。

そして、RXは全幅が大きいことで、インテリアにも大きなメリットをもたらしている。装備面やデザインの面では、NXとそれほど変わらないRXだが、NXよりも50㎜ほど幅が広いことで、ダッシュボードやインパネ周りが、伸びやかに使え、ぎっちりとレイアウトする必要がないため、優雅でおおらかな雰囲気が漂っているのだ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
RXのインテリア 横方向の広さが室内空間を広く見せている 優雅でおおらかな雰囲気だ
NXのインテリア RXと比べてしまうと、センターコンソールやインパネ周辺のコンパクト感は否めない

レクサスブランドのクルマを購入する顧客層は、レクサスブランドが持つ上質な雰囲気を求めて、購入していることだろう。しかしNXは、いかに効率的なレイアウトをしたり、高級な素材を使おうとも、RXの余裕のある雰囲気を出すことはできていないように思える。インテリアを重視した選択をするならば、やはりRXのほうが断然有利であり、レクサスの「高品質感」を求める方には、RXの方が魅力的に映っているのだろう。

これが、RXが最も売れたレクサス車になった理由だと考えられる。

 

■次期型ではNXとの人気の差はなくなる可能性も

現行型レクサスRXが登場したのは、2015年10月。そろそろ6年目へと突入するタイミングであり、そろそろ次期型の登場があってもおかしくない時期だ。そして、ヒエラルキーで下に位置するUXやNXとの関係を考えると、現行RX以上の価格となり、NXとの人気の差は、次期型ではなくなっていくかもしれない。

とはいえ、新型ハリアーを想定外に安く仕上げてきたトヨタである、期待はできる。RXが、次期型でも快進撃をつづけられるか、要注目だ。

レクサスRXの公式サイトはこちら

Text:Kenichi Yoshikawa
Edit:Takashi Ogiyama
Photo:LEXUS

 

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
吉川賢一ポートレート吉川賢一(自動車ジャーナリスト)1979年生まれ。元自動車メーカーの開発エンジニアの経歴を持つ。カーライフの楽しさを広げる発信を心掛けています。

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE