LIFESTYLE ― 婚活道場

愛と悲鳴の婚活道場

年収1000万円超の外資系アラサー女子が婚活で「結果」を出せない理由とは?

2020.9.26 2020.9.26
2020.9.26

この世には、老いも若きも、男も女も心のさみしい人ばかり。「ひとりって気楽でいいよね」と言う人、多いですよね。「いつかは結婚しよう」と長~く使ったぬるま湯から出て鏡を見れば、そこにいるのは“中年”。取り返しがつかない時間と脂肪の蓄積に嘆いても、どうにもならない。自分で縛った縄に動けずにいる男女の呪縛を、“女のプロ”川崎貴子がズバッと斬ります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎貴子
女性に特化した人材コンサルティング会社を23年経営。2度の結婚を経験し、現在の夫は8歳年下の元イケメンダンサー。二女の母。乳がんの闘病経験も持つ。経営者、結婚コンサルタント、コラムニストとして多ジャンルで活躍中。

今回の相談者は、竹中真央さん(37歳)。バリっとしたジャケットに、キラッとしたハイブランドのバッグを合わせ、ハイヒールの音も高らかに会場に乗り込んで……いや、やってきました。

真央さんは抜群のプロポーションで、フェミニンさがある服装ながら、近寄りがたいオーラがある。眼光は鋭く鷲……いや鷹の目をしている。恋愛している姿も、誰かに甘えている姿も全く想像できない。その姿を例えるなら、荒野にスッと立つライオン(雄)のような神々しさがある。

真央さんのスペックはこちら!
年齢:37歳
職業:外資系金融関連会社勤務
恋人:いない。短期で終わってしまう。
結婚暦:なし
結婚願望:よくわからない。
顔:華やかなのにキリッとしている。宝塚の男役のよう。

川崎:ただものじゃないオーラがすごいわ。いきなり失礼だけど、あなた隙がないって言われない?

真央:ギクッ……。20代の時に、「真央が来た合コンは、オトコが委縮するから、もう呼ばない」と言われました。

川崎:合コン出禁……私もくらったことがあるわ(遠い目)。しかも、そこにいる誰よりもモテてしまう。

真央:川崎先生、なんだか他人じゃないような気がします。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

本題に入る前に説明しよう。真央さんは1000万円以上の高収入を維持しているハイキャリア女子だ。「結果を出すことが全てです」と言い切るところもすがすがしい。自称・バリキャリ、サバサバ女性は数多くいるが、真央さんから放たれるは本物の風格。

来たそうそう、肩にかけていたハイブランドの巨大バッグを床におろした時、「ドゥン」という地響きが。真央さんは、取材班が思わずバッグを見た視線を逃さない。お答えしましょう、とばかりに、白い歯がこぼれる美しい笑顔で「フフ、そのバッグ、PCと資料が入っていて、重さ10キロ以上あるんですよ」と一言。

そんじょそこらの甘ちゃんな男では、絶対に太刀打ちできない。そんな真央さんの婚活はどう展開するのか!?
 

川崎:真央さん、ちょっと昔の私に似ているわ。

真央:はい。今日は結婚うんぬんというより、川崎さんとお話してみたくて、こちらに来ました。

川崎:あなた、恋人がいても、仕事優先になるタイプよね。

真央:仕事は自分であり、自分は仕事です。仕事優先というより、自分の成長を第一に考えています。試練にもがき、達成した時の喜びを味わう……この層を厚くすることが、人生において大切なのではないでしょうか。

川崎:わかるわ! 恋人がいようがいまいがすべきことをする。ところで恋愛経験は?

真央:(名門)大学時代から、恋人はちょいちょいいるのですが、彼と一緒にいる時間が無駄に感じてしまうんです。だらだらとくだらない話に付き合うのもムダだし、デートと言えば、テーマパークなどに誘われる。あれって、あらかじめ消費を促すモデルじゃないですか。時間とお金のムダ。

川崎:元を取ろうとして、デートの最中もマーケティングしたりして。

真央:はい。客単価と人件費のバランス、食材の原価、オペレーションの効率性、損益分岐点を見てしまいますね。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎:わかるわ~。さてさて、前置きが長くなったけれど、真央さんはそもそも結婚したいの?

真央:結婚しない人生は歩みたくないです。

川崎:つまり、結婚したいということね。

真央:そうなんですけれど……結婚ってコスパが悪いじゃないですか。それでも結婚したい自分の感情がせめぎ合って……。

川崎:「結婚コスパ悪くないですか問題」出たわね……。そして、願望がガッチガチにこんがらがっているわ。でもわかるわ。働く女性にとって結婚は、コスパが悪いっちゃ悪い。依然と女性の家事の負担は多いしね。子供のために結婚する、という人はいるけれど、子供を生まれなければ結婚生活は辛くなる。

それに真央さんが子供を望むなら、年齢的に妊活が待っているかもしれない。子供が生まれたら熾烈極まる保活(保育園入園活動)が待っている。キャリアダウンもあるかもしれないという結構ないばら道よね。その結果として、独身を選ぶ人も多い。

真央:でも、その試練を避けた自分も嫌なんです。望めばできるのに。でも私、結婚したいのかな?

川崎:そこ重要よ?そこちゃんと掘り下げてね? 仕事は即断即決でぐいぐい行くタイプほど、婚活スタートダッシュのときの踏み込みが甘いの。ところで、今まで心から惚れた男性っている?

真央:ピカソです(即答)。一流の作品を死ぬまで生み出し続けた彼にほれ込み、生家やお墓まで行きました。

川崎:死んだ人をストーカーしてどうするのよ! 生きてる人を教えなさい!!!!

真央:あ……誰だろう?

川崎:質問を変えよう。直近で男性とそういう関係を持ったのはいつ?

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

真央:いつだったけ……あ、1年くらい前、43歳の上司とです。大きなプロジェクトの打ち上げの後、流れでそういうことに。

川崎:真央さんの性格を考えるとたぶん……不倫ではないわね?

真央:はい。バツイチで、別れた奥さんのところには、中学生の男の子が2人います。

川崎:バツイチ子持ちで定職がある男性は、キャリア女性と相性良いのよ。どんな流れで男女の関係になったの?

真央:自分のことをほとんど開示しない人なんですが、そのときは、趣味(キャンプ)や、元妻や息子たちの話をしたんです。そのときに、「いいな、かわいいな」と。もともと好意を持っていたので、もっと話したくて、彼の隣に席移動をしました。それから、2人で二次会をして、彼の家に行き、そういうことになりました。

川崎:とても自然な流れね! その男性とはその後どうなったの?

真央:仕事のパートナーのままです。私、今気が付いたのですが、男性を異性ととらえて向き合うことをしていなかったかも。今まで関係を持った人も、1~2回で終了。今ではほぼすべての人が、肉体的な接触がない友人になっており、互いに信頼しています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

川崎:それは人間関係としては理想的だけれど、婚活となると微妙ね。恋愛や結婚って、互いに「もっと知りたい!」でドライブがかかるから。ところで、43歳上司には、「付き合いたい」って言ったの?

真央:言いました。

川崎:すごいじゃない!!! 真央さん、えらいわ! 相手はなんと答えたの?

真央:「自分にはまだその踏ん切りがつかない」って。真摯な人なんです。というか、今ここで川崎さんと話すまで、そんなことがあったって忘れていました。私、ダメだったことは即刻デリートボタンを押して、次に行くようなことがあるので。

川崎:でも、その上司との関係があり、潜在的に心に引っかかっていたから、この道場の門を叩いたんじゃない?

真央:そうです! あ~涙出そう。そうなんです。上司と私は6歳しか年が離れていないのに、向こうは中学生の息子が2人いる。それなのに私は何もない。それに、年齢的にも今までのようにハイスピードで働くのではなく、もっとペースを落として、誰かと手を取って人生を歩みたくなったんです。

川崎:真央さんのようなタイプの人の婚活は、「結婚したいかも」というボンヤリした感情を分析し、それに言葉を当てはめていくことから始まるの。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

真央:泣きそう……。まさにその通りです。

川崎:仕事はバリバリできる女性ほど、純情で不器用でピュアな中学生女子…というより、真央さんは、小学校5年生の女子ね。おそらく、上司の方とは恋愛関係になるのは難しいかもしれない。なぜなら、あくまでも「彼の状態の問題」だから。でも、それは無駄ではないの。彼は、あなたの結婚願望というか、プライベートも豊かな人生を歩みたいという願いに火をつけるチャッカマンみたいなものだったのよ。

真央:確かにチャッカマンです。上司との後に、結婚を考えたのですが、婚活のタスクの多さに先送りしていました。好きでも無い服を買って、擬態して、時間と金を使うことを考えると、今のままでいいと思ってしまっていたんですよね。婚活は目標設定もあいまいになりがちだし、タスク管理もよくわからない。それで結果が出ないのは嫌だし。

川崎:真央さんの結婚観は、誰かとチームになって、これからの人生を歩んでいきたいということね。

真央:そうです。上司がチャッカマンで火をつけてくれた結婚願望は、1年間くすぶっていましたが、川崎さんが盛大に薪をくべてくださり、じわじわと燃え上がっています。

川崎:それはよかったわ。では、アドバイスするわね。まず、真央さんは保守的な結婚相談所には行ってはダメ。

真央:なんでですか?

川崎:あなたの年収1千万円に引く男性が多いことが想定されるし、張り合われる可能性がある。

真央:張り合われるくらいなら、よくわかっていない男性の方がいいです。

川崎:真央さんはリベラルだから、人として相性がいい男性を探そう。公平でフラットで、気持ちが安定している男性を見つけるにはSNSがいいわね。

真央:すごくよくわかる。実はTwitter婚活していまして、確率がいいんです。Twitterってその人の思考をスクリーニングできる。ぱっと見リベラルなことを言っていても、実は根深い女性蔑視があることが、助詞や形容詞などからわかります。実は、今、Twitterで「この人、合うな」という人に、ダイレクトメールを送って、会おうとしているんです。

川崎:それだ!真央さんはそれだわ! でも気を付けて。今、寂しいからと言って猫を飼っちゃダメよ(笑)。

真央:ギクッ……実は飼おうとしていました。

川崎:愛情が満たされてしまうと、婚活にブレーキがかかってしまうのよ。せっかく燃え上がってきたのだから真央さんは短期決戦で行きましょう。上司の事も、寂しさも全部薪にして、盛大なキャンプファイアーを設営するのよ! 真央さんのような頑張り屋さんと寄り添ってくれる男性を見つけてね。心が折れそうになったらいつでも連絡するのよ!

Text:Aki Maekawa
Photo:Yuji Hirose

記事へのコメントもドシドシよろしくお願いします。川崎先生が答えてくれるかも?

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

【取材協力店】
Art Bar 酒呑童子
東京都新宿区歌舞伎町1-2-6 三経55ビル 1F

▶︎川崎先生が運営される婚活サイト「キャリ婚」はコチラ!

▶︎「婚活勉強会、魔女のサバトオンライン、オープンセミナー開催」

婚活道場では、川崎貴子先生にご相談なさりたい男女を募集しております。

また、家族の不和、夫婦間の不協和音などに関する「家族再生工場」という新企画も画準備中。プライバシーには十分配慮しますので、お気軽に下記編集部のメールにご連絡ください。

forzastyle.web@gmail.com

→VOL10 「DV、極貧、運動音痴。トラウマ三重苦のオトコ」

→VOL9「肉食女子のメッシ-君にされている高身長のオトコ」


【川崎貴子 プロフィール】
女性に特化した人材コンサルティング会社、リントス株式会社代表取締役。経営者歴23年。女性の裏と表を知り尽くし、人生相談にのりフォローしてきた女性は2万人以上。婚活結社「魔女のサバト」働く女性の為の婚活サイト「キャリ婚」主宰。「女のプロ」「黒魔女」の異名を取る。15歳と8歳の娘を持つワーキングマザーでもある。著書に、著書に、『結婚したい女子のための ハンティング・レッスン』(総合法令出版)、『愛は技術 何度失敗しても女は幸せになれる。』(KKベストセラーズ)『私たちが仕事を辞めてはいけない57の理由』(大和書房)『上司の頭はまる見え。』(サン マーク出版)『モテと非モテの境界線』(講談社)など。

▶︎最新著書『我がおっぱいに未練なし』(大和書房)
▶︎結婚したい独身男性の皆さまへ、キャリコンのご案内
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.10.23 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO