WOMAN ― 婚活道場

愛と悲鳴の婚活道場

【婚活道場】トラウマ三重苦と隠れマザコン男子は幸せになれるのか?

2016.10.17 2016.10.17
2016.10.17

自称「天才翻訳者」の波瀾万丈な人生

「15、16、17と俺の人生暗かった…」。妙に歯並びのいい口元から飛び出してきたのは、藤圭子の「夢は夜開く」を地で行く独白。「聡明な貴子先生、聞いてください。10万部突破を連発し、業界注目の翻訳者として功成り名を遂げている私ですが、あまりに強烈なキャラクターと『デブ・ブス・カネにだらしない女が許せない』という狭量が災いしてか、39才の現在まで未婚を貫いております。多少モテる部類には入ると思うのですが、そろそろ結婚して子供を作りたいと焦りはじめているのも事実。どうか貴子先生のお知恵をお借りできないでしょうか」

売れっ子のオレに説明は不要でしょ__。不敵な笑みでそんな圧をかけてくる彼の代わりにご紹介しよう。今回、婚活道場の門をガンガンガンガン!と連打したのは、12万部のベストセラーとなった「ジョコビッチの生まれ変わる食事」(三五館)や、「モウリーニョのリーダー論」(実業之日本社)の翻訳書がある英語同時通訳者、スペイン語翻訳者であり、ジャーナリストの顔も持つタカ大丸氏。海外の院卒エリートのように白い歯を見せて笑うのは、漲る自信の現れか。そのキナ臭さから、バラエティー番組で“見た目が怪しすぎる通訳”と珍重されたこともある「売れっ子翻訳者」の大丸氏だが、その心は過去のトラウマと独特の価値観に満ちていて……。百戦錬磨の貴子先生を絶句せしめた生い立ちと、奇天烈な女性遍歴とは? 

「結婚? うん、その前にいろいろお話ししましょうか」(川崎)

 

タカ大丸さんのスペックはコチラ!

年齢:39才の男盛り
職業:英語同時通訳者、スペイン語翻訳家、ジャーナリスト
結婚歴:なし
結婚願望:年内にもしたいレベル。「TINDER」でのマッチに余念がない。
容姿:怪しめ。初対面の女性がいる場では、胸元にバラを挿していく剛の者。バンコクでメンテナンスをした歯が自慢。
話し方:徹頭徹尾、スピーチ調。

タカ:それにしてもお綺麗ですね。特に姿勢が抜群だ。今日はお会いできて光栄です。ズバリ、バレリーナのご経験がありますね?

川崎:いえ、一度もやったことはありません。大丸さんは、大変なご苦労をされて、いまの成功を掴まれたとか…。

タカ:よくぞ聞いてくれました。私は岡山のド田舎で生まれ育ち、20歳まで彼の地で血ヘドを吐くような思いで暮らしていたんです。一言で言えば、いい思い出が一つもない。そう、何一つ故郷に楽しい思い出がないのです。まず一つ、シティジュエラー(都市生活者)の誤解を解いておきましょうか。都会の人は往々にして「田舎はのどかでいいな」とか漏らすでしょう。滅相もない。ヘソで湯が沸くとはこのことです。私が育ったところはとても閉鎖的で、村人の関心事は「どこそこの誰それさんが町内会費を払わない」だとか、そんなC級ニュースだけ。「カールおじさん」のような田舎人の姿は、都会人が生み出した虚像なんです。田舎は怨嗟に満ちていて、実に怖いところですよ。

岡山駅前には桃太郎の銅像があります。後楽園も有名ですね ©gettyimages

川崎:岩井志麻子先生の「ぼっけえ、きょうてえ」の世界ですね。

タカ:おっしゃるとおりです。貴子先生、日本って想像以上に広いんですよ。浅学非才の私ですが、アメリカやイスラエルの大学へ留学経験があることもあり、ヨーロッパには比較的明るく、彼の地の女性たちとも、まあいろいろありました。オッと話が逸れましたが、ヨーロッパ諸国はほとんどが日本より国土が小さいです。だから日本とひとくくりにするのではなく、「東京などの大都市と田舎の集合体」とみたほうが間違いがありませんね。

川崎:「岡山県人」とひとくくりにするのは、少し乱暴かもしれないけど、大丸さんは周囲に恵まれなかったということ?

アンドロメダから来た男

タカ:恵まれないというレベルを超越しています。オヤジがとんでもないヤツで、家族をぶち壊し、母親や弟、妹にドン底の生活を強いたんです。私が16才の時に母親と離婚しましたが、それ以来一切の連絡を絶って今日に至ります。レディーの前で失礼ですが、あいつを「オヤジ」と呼ぶのがイヤなので、「クズ」と言い直させてください。あいつは、母親や私に殴る蹴るの暴行を働き、朝から酒浸り。ろくに働いたためしもなく、DV、借金、ギャンブルとおよそ普通の家庭では考えられない地獄を私たち家族に味わわせてきました。

川崎:とても苦労をされてきたのね。

タカ:苦労なんてレベルではありません。クズの悪行を書くのは読者の方のお目汚しになるので控えますが、一例をいえば、私が高校時代、2年間新聞配達で貯めたお金を、自分のパチンコにぶち込むようなヤツです(苦笑)。

川崎:それはとてもお辛かったでしょう…。私は悩みを持った女性のカウンセリングをすることもあるのですが、親からされた厳しいしつけや虐待の経験は、「心の傷」や「トラウマ」という言葉が生やさしく聞こえるほどの苦痛を与えるんですよね。そのときの苦しみや憎しみが、成人してから噴き出してくることも多いから、本当に難しい問題だと思います。

タカ:実は、そんなクズから一刻も早く逃げ出さなかった母親に対しても、忸怩たる思いがあるんです。母親はいい人なんですが、少しでも学があれば、慰謝料を取れただろうし、置かれている状況の異常さ、離婚後の生活の立て直しのプランもアタマによぎったでしょう。しかし、今でも『お父さんはそんなに悪い人じゃない』という。お人好しと言えばそれまでですが、無知は罪です。だから、少年時代からずっとずっと岡山から出て行くことだけを考えていました。はじめて「8MILE」を観たときは、『エミネム、岡山を見てこの映画作ったんだな!』と本気で錯覚しましたから(笑)。

川崎:大丸さんみたいに、思っていることをはっきり口に出して言えること、素晴らしいと思いますよ。もうずっと日本では「親は偉い」という儒教が浸透して「尊属殺人」なんて法律があったぐらいだけど、「親だから無条件に尊敬すべき」というのは違うわよね。

タカ:おっしゃるとおり! 私は儒教なんて大嫌いです。だから、儒教的価値観が根深い岡山を捨てて、世界へ出たかった。岡山人からしたら、イスラエルもアメリカも同じ、「アンドロメダ大星雲」です。それぐらい、心理的な距離感があるんです。私はその二つまで、遙か遠くに脱出することに成功したんですね(笑)。

川崎:岡山から抜け出したいという願いが、大丸さんの目を海外へ向けさせたのね。それを行動に移したバイタリティーが凄い!

タカ:イスラエルに行って何がビックリしたって、僕の実家よりはるかに安全だったってことです(笑)。向こうでは戦争してたんですよ、僕が行ってたとき。戦時中で自爆テロもあるのにうちの実家よりはるかに安全なんです! 僕の実家には法律もなければ、守ってくれる軍隊もない。自分が生まれてから両親の離婚が成立するまでの16年間、ずっと戦争よりひどい状態でした。「戦争を知らずに、僕らはうまれた」って歌があるけど、僕はよ~く知っているという(笑)。
うちの母親はよく殴られるわけですよ。あのクズは暴れない日のほうが珍しかったんじゃないかな。ほぼ四六時中家にいて、何の理由も前触れもなく爆発するんですよ。それ、時限爆弾抱えてるのと同じですから。ほら、今はDV防止法があるでしょう。ホットラインとかに電話をかければ警察すぐ来てくれるわけですよ。でも当時は、「民事不介入」っていうのが厳然とあって、結局警察も国も頼りにならないわけですよ……。一番ひどかったときは、当時マンションに住んでてね。また例によって暴れ始めて。アイツが妹をブン殴ったのかな。それで僕が殴り返したんですよ。当たり所が良かったのか悪かったのか、あっちが完全に我を忘れて、僕と母親で裸足で逃げたこともあります。

川崎:……。

タカ:大人になって、DVって何かを研究してたんですよ。で、ちょっとウチが他と違うなと思ったのが、DVをはたらくヤツって、基本凄く理性的なんですよね。いかにも見境なく暴れてるように見えるでしょ、違うんです。なぜそれがわかるかというと、「自分が大事にしているモノ」は絶対に壊さないから。だからホームシアターとか、ゴルフセットとかの前では暴れないんですね。壊していいモノ悪いモノ、殴っていい人悪い人を注意深く選んでるんです、アイツらって。あと、反撃してくるヤツや外に実態をバラす様な人間には決して手を出さない。それに、DVやるやつは外面がいいんです。だから「まさかあの人が家の中でそんなことを…」って人が多いんです。ただうちの場合は違って、中でも外でも手当たり次第に暴れますからね。

川崎:外にどう思われても構わない、というタイプだったのですね。それはそれでストッパーが無いから、ご家族は大変でしたね。

タカ:僕と母親が裸足で逃げたとき身を寄せたのが、母親の姉の家だったんです。お袋もバカだから、クルマを近くに置いていたんです。そこ、ちゃんと遠いところに隠さないと(笑)。そしたら夜の11時半すぎとかにドンドンドンドン!って、おばちゃんの家を叩くわけですよ。

川崎:ホラーですね……。

タカ:それであんまりうるさいからおばちゃんも玄関のドアを開けちゃったんですよね。お袋も一緒に出ていったら、その瞬間にバチーン!って……。いつだったかな、妹が結婚したときに、アイツ以外の親族が結婚式で全員集まったわけですよ。おばちゃんに10年ぶりとかで会うわけですよね。で、普通お祝いの席ってカンパイするじゃないですか。そのときでも、僕はアルコールを一滴も飲まないわけですよ。怪訝そうな顔でおばちゃんが見るから、「俺お酒一切飲まないんだよ」って言ったら、目が真っ赤になって、「そうだよね、あんた小さいときお父さんが酒乱でひどい思いしたもんね……」って。だからお袋よりもお袋の周りの方がわかってくれてる。お袋のほうがわかってなかったりするときがある。なんで37才のこの年齢まで結婚しないかって、色々理由はあるんですけど、ひとつは一定の月収がないと結婚しちゃいけないと思ってるんです。ましてや子供を作るんだったら、月収100万円超えないとダメだってずっと思ってたんです。

デブとブス、お金に汚い女が嫌い

川崎:月収100万円!まぁ、そう思い込むほど、親になる責任について思いつめた証かもしれませんね。辛い経験を開示できて、原動力に変えられる強さが、大丸さんの魅力の一つだと思います。ところで、どんな女性がお好みですか?

タカ:そうですね…。僕は割と面食いです。デブとブス、またお金に汚い女性はダメです。あと、忌憚なくいえば学歴のない女性も受け付けませんね。

川崎:うわっ! なんか急に嫌な感じな男になりましたね(笑)。ところで、最近の恋愛について教えてくれますか?

タカ:スポーツジムで働いている30代前半のロシア人とは、頻繁にデートしてました。つい先日、深い仲になる前に埋めがたい溝ができて、いまは連絡を取っていません。さっき「お金に汚い女性は嫌い」と言いましたが、その女性がそれに該当するタイプだったんですよ。長く付き合っていた外国人男性と同棲していたそうなんですが、去年ワケあって同棲を解消してフリーになった。でも、新居に移るために必要だった敷金、礼金をその元カレに借りたというんです。60万円程度の金額らしいのですが、交際期間が長かったなら、慰謝料的にもらっちゃえばいいし、なぜよりによって元カレから借金をするんだと! 私にはどうしても理解できなかったんです!

川崎:お金を介してまだ関係が切れてないと思ったんですか? 外国人の女性が物価の高い都心で生活をするのは、一部のエリートを除けばとても大変なことよ?

タカ:それもわかるんですが、やはりお金に関してはキレイすぎるぐらいキレイでいてほしいんですよね。貧乏にトラウマがあるので……。そんな彼女と決定的なケンカに発展したのも、お金がらみのことでした。そのロシア人は、ちょうど歯の矯正の最中だったんですよ。「何回日本でインプラントを入れてもいいのがない」って言ってたから、「そんなのバンコクに行けば簡単だよ」って。あそこの歯科医療はアジア屈指で、日本なんて箸にも棒にもかからないレベルです。僕も自分のベニアをバンコクで入れて良さを知っているから、「何なら僕がその治療費出してあげてもいいよ」って言ったんです。そしたらあろうことか突然キレちゃったんですよ、あっちが。

川崎:なんで?!

タカ:いやぁ…「私は一応働いてるから、おカネを払って買えるような女だと思わないで!」とか言って。逆ギレしちゃったんですよ。

川崎:前の彼には借りてたわけだから、お金を借りるのはよくて、もらうのは嫌という、プライドの問題かな?

タカ:うーん…。まあとにかくあっちがそれで怒っちゃって。バカにしないで!みたいな。

川崎:お金をちらつかされてイヤな目に遭ったことがあるのかな、日本人に……。大丸さん、「治療費、出してあげるよっ」て言っただけでしょ。その代わり何かしろってまさか言ったわけじゃないよね?

タカ:まあ…付き合ってくれたらみたいなことは言いましたけどね。

スタッフ一同:言ってんじゃん!

川崎:それはダメだよ!なにやってんの(笑)。それはロシアとかじゃなくて万国共通でイヤだよ(笑)。恋愛で商取引は禁止です。

タカ:へへへ……(バツが悪そうに)。

川崎:あんた、しっかりしなさいよ(笑)。ところで、大丸君は日本人とおつきあいしたことはあるんですか?

タカ:もちろんです。半年くらい前も、僕のファンだという女性と交際しました。講演会をした時に来てくれた聴衆なんですけど、もらった名刺に電話して「今度よかったらゴハンでも」と誘ったら来てくれて(笑)。彼女、翻訳者になりたかったらしいんですよね。

川崎:なんだか岡田斗司夫さんを彷彿させるようなお話ですわ。

タカ:でも、どうやら僕、「都合のいい男」だったんですよね。多分、他に男がいましたよ、あっちは。だって週末に会えなかったですもん。会うとしたら必ず平日なんですよ。

川崎:向こうは土日休みなのに?

タカ:はい。週末にデートに誘うと、「ちょっと私、予定があるから」って言って全然出てこないんですよ。だから平日ゴハン行って、たまにホテル行ったりしましたけど。でもホテル行くときもちょっとおかしくて。金曜の夜にゴハン食べてじゃあホテル行こうとなりますよね。「宿泊がいい?休憩がいい?」って聞くと、必ず「休憩がいい」っていうんですよ。

川崎:金曜なのに?

タカ:そう、金曜なのに。ある時、「お泊りすればいいじゃん」って言ったんですよ。そしたら、「いや、私最近ゆっくり寝てないから」って言う。だから「俺の隣でゆっくり寝ればいいじゃん」って言ったら、「最近、一人でゆっくり寝てない」と(笑)。おかしいでしょ(笑)

川崎:(爆笑)

タカ:普通浮気って男が足を出すもんでしょ!女が出すって何やそりゃ(笑)。

川崎:もう、今回は悩み相談というより「最強キャラ出現」でいいんじゃないかしら(笑)。タカさん、面白すぎます。婚活道場史上、最強の珍獣だわ。ところで、日本人で初めての人は誰ですか。

タカ:28か29くらいの時に知り合った、大阪の女性です。セミナーかなんかで知り合って、1年近く遠距離恋愛してたこともありましたね。

川崎:遠距離は難しいわよね。どの人の話を聞いてもやっぱり。

タカ:難しいですよね。今ほど正直言ってお金もなかったですから。そんなしょっちゅう大阪まで行けないワケですよ。

川崎:そのときは結婚しようとは思ってなかったの?

タカ:もちろん結婚は考えましたけど、あっちが10歳上だったんですよ。それでちょっと踏み出せなかったっていうのが今思えばありますね。経済的にも厳しかったし。でも、今なら満を持して結婚できます。なによりお金や時間的な余裕がありますから。普通のサラリーマンと違って夜の残業で22時23時に帰ってくるとかもないですし。奥さんを構ってあげられる余裕があると思いますね。

川崎:お子さんができたとしたら、育児にも参加できますか?

タカ:今の私なら、きちんとした方法論をもって子供をタカ大丸以上の天才に仕立て上げますよ。だから、川崎さんにどうしたら結婚できるのか、お伺いしたいんです。まともな女性はどこにいるんでしょうか。

川崎:番地までは指定できないけど、生息地のヒントを教えることはできます(笑)。これは以前、人気ブロガーのトイアンナさんがおっしゃっていたのだけれど、まずは、自分の理想の女性をちゃんとプロファイリングすることが大切です。顔は誰々に似ていて、スタイルはこんな感じ…みたいな箇条書きじゃなくて、その理想の女性のライフスタイルすべてを想像するのよ。その人は起きたらまず何をするのか、朝は食べないけど、コーヒーは飲む人で…みたいな。

タカ:川崎さん、実は僕も朝はコーヒーだけなんですよおお!

川崎:ゴメン大丸君、まだちょっと聞いといてね(笑)。理想の女性像を全部マーケティングすると、自分が本当にタイプの人がいる生息地が見えてくるの。そうすれば、ヨガに行ったり、朝活に行ったり、皇居の周りをグルグル走ったりすればいいの。婚活中って、自分のタイプを箇条書きにしがちなんだけど、じゃあその人はどんな行動をしてるか考えるとフックが増えるんです。「リアルな主人公を作る」っていうことが大切なんですよ。ところで、大丸さんはいつもどんな風に女性と出会っているの?

タカ:マホアプリの「TINDER」を使うことが多いです。日本在住の外国人にユーザーが多くて、日本の出会い系のような陰湿さがない。ライトな感覚でメッセージをやりとりできるんです。実は明日もTINDERで知り合ったウクライナ人と会うんですよね。「苦手なものはありますか」とは聞いたんですよ。そしたら、「レモンとか海藻が苦手です」って言ってましたから、それ以外の店を探そうかと。

川崎:「TINDER」、知らなかった。でもその女性、なんだかかわいいね。ぜひ後日談を教えて下さい。くれぐれも商取引は持ちかけないように(笑)。

タカ:はい(笑)。

川崎:でも、東欧の女性がお好みだなんて、本当に面食いなんですね。

タカ:まごう事なき面食いです、僕。でも一回間違って、デブでブスな人と付き合ったことがあるんですよ。出会い系サイトで会って、あっちに誘われたというのがおっきかったんですけど。正直結婚するわけじゃないし、コトの最中も目をつぶっとけばいいやって思ってたんですけど、どうやらそれがご不満だったらしく。

川崎:そりゃそうだろ(笑)。ほんとに失礼な男!

タカ:でも僕言ったんですよ。「頼むから10キロ減らしてくれ」と。というものそのキューバ人の彼女は、身長168㎝で体重70㎏なんですよ。ちょっとマズイでしょうと。別にスーパーモデルになれとは言ってないと。でも平均的な体重まで落としてくれと。身長は変えられないけど体重は変えられるんですよ。

川崎:それは言ってる意味わかります。

タカ:それで夜に会いに行ったときとかに泣き始めるんですよ。「あんたが痩せろしか言わないからわたしは不幸せだ。今日は朝からなにも食べてない」とかいってバリバリとチョコレートを食べ始めるんですよ。ふざけた女かと(笑)。「タカは私に痩せてほしいんでしょ?」「そうだねえ」「私も痩せたい」「うん、じゃあ痩せたら?」「じゃあジム代払って!」と。それで僕がキレちゃいました。
僕、自分にとって3番手4番手である女性から、非常によくモテるんです。でも僕が1番好きな女性とはなかなかうまく行かない。さっき話したロシア人もそうなんですけど……。結局、向こうが元カレに借金していたのが許せなかったというのもありますけどね。

川崎:もしかしたら、大丸さんは普通の男性より、女性に対する「冷めポイント」が多いのかもしれませんね。自分に厳しくしてきた分、他人にも厳しい。だから相手の女性にも、完璧を求めちゃうところがあるんですよね。でもみんなそれぞれ自分の頑張りポイントが違うから、そこにもうちょっと寛容になったら本当に好きな人の冷めポイントも許すことができるのかもしれません。

タカ:そうですねえ……。

川崎:私の場合、夫とは全く気にするとこが違うの。私は時間とかお金に対してすごく厳しいんだけど、夫は、家の中が綺麗に整理整頓されているかとか、空気を読んだり、そういうとこを気にする人。それはお互いの社会性だったり育った環境が影響しているんだと思うけど、家族というユニットになったら、気にするポイントが違うほうがラクだったんです。両方こだわるポイントが同じだったら、そこだけ強化されてバランスが悪い。お互い得意なところとか自分と違う価値観を受け入れるようなそういうユニットの方が強いと思います……と大丸さんの話を聞いていて再認識しました。だから、冷めポイントを見たら、「よっしゃ、俺とは違う多様性のある女や」ぐらいで見てあげるといいのかもしれない(笑)。バイタリティーもビジョンもあるから、海外の女性と相性がいいと思いますし。でも、くれぐれも商取引だけはしないように頑張ってくださいね。ていうか、それだけは絶対にダメよ!

タカ:感無量です。今日はありがとうございました!

婚活道場、今回の教訓

一、理想の異性像は箇条書きではなく、ストーリー化して考えよ。

一、夫婦はユニット。相手の「短所」こそ、夫婦間では強みになりうると心得よ。

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.8.25 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO