FASHION ― エロサバ

干場の「エロサバ」

獲物を虎視淡々と狙う、黒ヒョウになりたい……

2020.5.27 2020.5.27
2020.5.27

異なる素材感を組み合わせれば、同系色でも奥行きを出せます

新型コロナウイルスの収束にようやく光が見え始め、ついに緊急事態宣言が解除になりました。とはいえ、元通りの日常がすぐに戻ってくるわけではありません。感染拡大の長期化を防ぐためには、厚生労働省が公表している「新しい生活様式」に慣れることが重要。そんなわけで、手持ちの服をどう組み合わせるのが面白いのか、連日、自宅で研究中です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

アイテム

ライダーズジャケット/フィクサー
Tシャツ/クロスクローゼット
ジーンズ/ヤヌーク×YOSHIMASA HOSHIBA
サングラス/レイバン
バングル/フィクサー
リング/フィクサー
リング(馬蹄型)/マークマホーニー×ビルウォールレザー
ベルト/HTC
靴/イヴ・サンローラン

ところで皆さん、1999年ごろにブームになった「動物占い」って覚えていますか? あれで僕、黒ヒョウだったんですよね。で、その性格を読んでみると、物静かでストイック、獲物を虎視淡々と狙っている、といったことが書いてある。なるほどなぁと……。

妙に納得してしまって、以来、黒ヒョウに憧れるようになってしまいました。そう、今回ご紹介するのは、僕の中の黒ヒョウを表現したスタイルです(笑)。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

黒ヒョウといえば、真っ先に思い浮かぶのが黒光りした しなやかな肢体。そんな妄想を叶えてくれるのが、黒の表革を使ったライダースではないかと思うのです。

振り返れば、人生初のライダースは16か17歳のとき。ショットのダブルが初体験でした。肩のエポーレットに星型のスタッズが付いた名作「ワンスター」なんていうのもありましたね。あれから何着ライダースを着てきたことか……。僕にとってライダースは、スーツと同じくらい なくてはならないものなんです。

ただ、いろんなタイプを着ているうちに、自分に似合うものと似合わないものが分かるようになりまして……。

ライダースはもちろん、その名の通りバイク乗りのためのジャケットなのですが、僕はバイク乗りじゃないし、ましてやパンクロッカーでもない。特にダブルはそのイメージが強いので、逆にそう見せないコーディネイトにするのが結構難しいんですよね。やはり本格派のものは革も肉厚だし、僕にはハード過ぎる気がして、気がつくとスマートな印象のシングルタイプが増えていました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

でも、そうなると今度はもう少しライダース特有の野生味が欲しくなったりするんですよね(苦笑)。そんなとき出合ったのが、このフィクサーの一着。シングルのようでいて、前合わせ部分がダブルになっている。ひと目で そのありそうでなかったユニークなデザインが気に入ってしまい、見つけた瞬間、脳内にドーパミンがドバドバですよ(笑)。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ライダースの中は黒T、デニムはLA生まれのヤヌークとコラボしたヤヌーク×YOSHIMASA HOSHIBAの一本です。これはかたちをイチからつくったモデルで、セルビッチ付きのブラックデニムを使っています。スリムに見えますが、ストレッチが効いていて至極快適。極力シンプルなデザインを心がけていますが、ヒップポケットの位置を下げたり、細かな部分までこだわっているので、発売を楽しみにしていてくださいね(2020年5月27日に発売予定)。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

足元には、一昨年買ったイヴ・サンローランのブーツを合わせました。スニーカーにしようとも考えたのですが、頭から爪先まで黒で繋がっていたほうが黒ヒョウっぽいかなと……。そうすることでグッとシャープな印象が加速します。あとスエード素材というのもポイント。デニムの素材感に相性がよく、断然スマートに見えませんか? 

こういう全身同系色でまとめるコーディネイトは、いろんな素材を組み合わせると奥行きが生まれます。同じ黒でも素材による色合いの違いを生かして、水墨画のような濃淡をつけてみると上手くまとまります。

さてさて、冒頭に触れた「新しい生活様式」ですが、くれぐれも自粛疲れには気をつけてくださいね。体を守ろうとするあまり、先にメンタルをやられたら元も子もないですから。いちばん大切なのは ルールにがんじがらめになることなく、息切れしないように続けること。

無理せず、油断せず、肩の力を抜いて この難局を一緒に乗り切りましょう!


今回のスタイルのキモは……。

●黒ヒョウの姿を、頭のなかで とことん妄想してみる。
●自分に似合うライダースと出合うのは 結構難しい。
●シンプルな組み合わせだけれど、細部にまでこだわって。
●同系色でまとめるときは、異なる素材感を組み合わせて奥行きを。
●自粛生活は、無理せず、油断せず、続けることが大切。


Photo: Ikuo Kubota (OWL)

Styling&Model:Yoshimasa Hoshiba


 

6冊目の書籍が発売しています。洋服から、ジュエリー、腕時計、ライフスタイルまで。僕が日頃から愛する大人の男女におすすめしたいブランドの逸品について書いています。読んでない方はぜひ!

干場義雅が愛する
「究極のブランド100+5」(日本文芸社)

5冊目は、1冊目の書籍の内容を改稿し、本質的な服装術を知らない新社会人から肩書きを持つ大人まで使える身に纏う処世術について書いています。読んでない方はぜひ!

世界のビジネスエリートは知っている
「お洒落の本質」(集英社文庫)

4冊目の本では、女性のエロサバなスタイルについてまとめています。女性はもちろん、男性が読んでも面白いのでぜひ。奥様にもすすめてくださいね。

干場義雅が語る

「女性のお洒落」
(ディスカバートゥエンティワン)

3冊目の書籍は、難しいとされる大人のカジュアルスタイルについて書いています。読んでいない方はぜひ!

干場義雅が教える

「究極の私服」
(日本文芸社)

2冊目の書籍は、色気についてです。
普通に見えて、なぜか人を惹きつける男の共通点について書いています。読んでいない方はぜひ!

一流に学ぶ

「色気と着こなし」
(宝島社)

1冊目は、スーツの着こなし術から世界の一流品選びまで、基本的なことやお洒落の本質について書いています。読んでいない方はぜひ!

世界のエリートなら誰でも知っている

「お洒落の本質」
(PHP出版)

【エロサバ】-Hoshipedia

「エロサバ」とは、エロいコンサバの略で、干場の哲学により生まれた造語。シンプルでベーシック、コンサバティブな洋服を着ているのに、なぜかエロく見えるスタイルのこと。例えば喪服の女性。成熟した大人の女性が喪服を着ていて、メイクもナチュラルで抑制しているのに、不思議と色っぽく見えるスタイル。例えば、普通の白いシャツを着ているのにも関わらず、胸元のボタンの開け方や袖口のまくり方でSEXYに見えるスタイル。粗悪な素材でデザインが変わっているシャツでは駄目。上質な素材でベーシックなシャツだからこそ、崩して着こなしても上品さが保てるのです。男性で例えるなら、仕立てられたグレーの無地のスーツを着て、上質な白シャツに黒の無地のネクタイのような極めてコンサバティブなスタイルをしているのに、内側から大人の色気が香るスタイルのこと。

Author profile

干場 義雅
干場 義雅
Hoshiba Yoshimasa

FORZA STYLE 編集長 兼 ファッションディレクター

尊敬する人は、ロロ・ピアーナの元会長セルジオ・ロロ・ピアーナさん、ピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナさん、トッズの会長ディエゴ・デッラ・ヴァッレさん、格闘家のブルース・リーさん、初代タイガーマスクの佐山サトルさん。
スポーティでエレガントなイタリアンスタイルを愛し、趣味はクルーズ(船旅)と日焼けとカラオケ。お酒をある一定以上飲み過ぎると、なぜだか一人感無量状態になって男泣きする小誌編集長。1973年、東京生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.7.14 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO