LIFESTYLE ― 干場と部員のTopPick!【おススメの気絶】

【スーツ姿を誰よりセンスよく!】
パーティの主役へ躍り出る最新ドレスアクセ

2019.10.5 2019.10.5
2019.10.5
モノも情報も溢れている時代、「何をどう選んでいいかわからない」「欲しいものがほしい」。そんな悩みをお持ちのダンナに、「もれなく気絶」していただけるアイテムを干場編集長とFORZAエディター陣が厳選。ゲットするか否かは、ダンナ次第です。

世界が注目するメイドインジャパンの扇子

仕事がらパーティーやレセプションによく参加するのですが、汗っかきな私はどんな現場でも扇子が欠かせません。カジュアルコーデなら、どんなデザインでも気にしないのですが、スーツやジャケットのドレスコードだと、どうしてもデザインが「和」すぎてミスマッチ感が半端ない。そんな時に出会ったのが、洋服にも合う扇子ブランド「GrandeRoss1(グランデロッシ)」でした。

クラシコ ネイビー (上)5万7000円(税抜) ヴェジェンテ ロッソ (中)5万7000円(税抜)クラシコ ブラック(下) 5万7000円(税抜)/グランデロッシ

和テイストのオーセンティックで機能的なデザインに、最新のファッショントレンドを融合させた扇子こそ「GrandeRoss1(グランデロッシ)」の真骨頂。そのキモとなるのが、各パーツへの素材のこだわりです。

扇子の見た目を左右する扇面には、厳選されたイタリア生産の最高級レザーを使用し、親骨と呼ばれる柱になる部分にはシャープさを放つスティール素材をデザインに採用しています。これにより扇の開閉が滑らかになり使い心地も抜群。さらにあおいだ際には、和を感じさせる上品な香りがするのが堪りません! 

レオパルド×ブラック(左) 6万1000円(税抜) GRモノグラム×ブラック (右)6万1000円(税抜)/グランデロッシ

レザーの持つ独特な光沢感が扇子をラグジュアリーに昇華。カフリンクスやタイバーといったドレスアクセを選ぶかのような高揚感に満たされ、スーツをまとうことの喜びをさらに高めてくれるのです。金属表面にはヘアライン仕上げを施すことで、高級時計のような印象を演出。

ヨーロッパのセンスを感じさせるレオパード柄などもありながら、メイドインジャパンにとことんこだわっているんですよね〜。

外国の方へのお土産にもきっと喜ばれますよ! なかには、ダイヤモンドを使用し300万近くする超ド級の「IKI(粋)」モデルまであるので、気になるダンナはぜひホームページをチェックしてみてください。


Photo:Shimpei Suzuki
Edit:Satoshi Nakamoto

【問い合わせ】
グランデロッシ クライアントサービス
03-6328-2633
https://grandeross1.com

Author profile

中本 智士
中本 智士
Nakamoto Satoshi

愛媛県瀬戸内海に浮かぶ小さな島(コンビニも信号もない島)出身。某アパレルショップの店長として7年間、その後セレクトショップの店長兼バイヤーとして5年間勤務。その後、上京し、2015年3月からFORZA STYLEの編集部へ。カメラ、ライティング、スタイリングを一人でこなすマルチエディター。Mr.Childrenの桜井和寿氏に取材することが夢。動画のキャラを絶賛模索中。

 

KEYWORDS
エコラグ

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.7.14 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO