FASHION こじラグ

【ソリッドに飽きたらドットもね】最もクラシックな紺に白ドットのタイが好き

自分が本当にイイと思う、一流品を買い集めていたら、無類の服好きが集まっているはずの編集部内でも「買い方がおかしい」「こじらせてる」と。自分じゃ、至極普通だと思っていたのに…。ホントにこじらせているのか確認すべく、自分が買ってきた愛しい服達を紹介していく企画「こじラグ(※こじらせラグジュアリー)」を始動させます。これがお買い物の参考になるかはわかりませんが…、世の買い物ジャンキーたちを安堵させられたら本望なのです(笑)。

基本はソリッドですが、柄ならドットです!

さて、109回目はドット柄のネクタイ。左から「ルイジ ボレッリ(LUIGI BORRELLI」「チェザーレ アットリーニ(Cesare Attolini」「リベラーノリベラーノ(LIVERANO&LIVERANO」です。

こんな仕事なんで スーツにタイをするなんてスタイルは ほぼ無用。失礼のないカジュアルで十分なんですが 齢40越えですから たまにゃビシっと着こなしたい。せっかく素敵なスーツも買ってるんだし。

THOM BROWNEに出逢ってからは スーツと共地のソリッドタイっていうのがお約束になっていましたが、そればっかりじゃ芸がない。かといって、トレンドに便乗してペイズリーとか巻くかって言ったら、それも違う気がする。

じゃあ、レジメン? いやいや。ボスも仰ってますが、レジメンタル(regimental)というのは「連隊に属している」ことを意味しているので、浮き雲のような自分には まったくもって不向き。

というわけで結論、ドット柄に行き着きました。ドットは、"人類史上最古の柄"なんて云われていまして、その起源は地面に雨が落ちた跡、石畳に灰が落ちた跡などなど諸説あるそうですが、故落合正勝氏も最もクラシックなのは、紺地に白の小さなドットだと何度も仰っていました。

秩序良く整然と並んだドットは首元を上品かつエレガントに彩るとともに、相手に好印象を与えるので、アウトレイジ顔の僕に最も適していそうですしね。

基本ネイビーを選んでまして、ドットが一番細かいのはルイジ ボレッリ。通常のネクタイの縫製は、横や斜めに置いて縫い合わせていくのですが、 ボレッリはネクタイを縦に置いて真ん中を縫い合わせていくという繊細で難しい作業を行っているからなのか、他とは違う巻き心地。ノットがふっくらと巻けるような気がします。

続いてはチェザーレ アットリーニ。先ほどのよりはドットが大きめ。こちらは もう単純、このスーツに合わせようと同ブランドで揃えた感じです。

最後は リベラーノリベラーノ。白だけでなくブルーも入ったドット柄なんですが、こちらは捨てなかった服企画の撮影を終えた後に、成毛さんから頂戴したもの。これ以外にもたくさん頂戴してしまったのですが、これが1番のお気に入り。黒地なんですが、ブルーのドットが並ぶからか遠目で見ると、ネイビーに白のドット柄に見えるんですよね。こういう洒落た騙くらかしにはニヤニヤしちゃう(笑)。

 
 
このときにオーダーしたスーツも届きましたし、涼しくなってきてバリッとスーツも着られそうなんで、そろそろ巻き巻きしちゃおうかな。
 
あっ、でも暴飲続きで浮腫み気味なので、まずは夜ラン再開して少し絞らないとな……。

Photo:Naoto Otsubo
Text:Ryutaro Yanaka



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE