FASHION ― エロサバ

干場の「エロサバコーデ」

【エロスは素材に宿る!】キャメルの極上ストールのプラス効果とは

2018.3.28 2018.3.28
2018.3.28

基本は“アズーロ・エ・マローネ”

最近、自分が追い求めてきたスタイルがひとつの完成形を迎えておりまして……。日々、代わり映えのしない格好をしています。でも、それこそが本望。そうすると、デザイン性でどうこうより、上質な素材使いの普遍的なアイテムを選ぶようになるわけです。それこそが究極のエロス。エロスは、絶対に素材使いに宿るのです。

アイテム

コート/ブルネロ クチネリ
スーツ/B.R.SHOP
シャツ/カミチャニスタ
ネクタイ/ブルネロ クチネリ
メガネ/モスコット
ストール/ロロ・ピアーナ
ベルト/ジャン・ルソー
時計/カルティエ
バッグ/ペッレ モルビタ
靴/WH
(すべて干場私物)

結論から言うと、何がエロいってこれは間違いなくコートです。このテーラードコートは、杢調のネイビーで極めてオーソドックスなデザインのため、見た目からはエロさより、むしろ真面目で知的なイメージすら漂ってきます。ところが触った途端……、膝カックンとなるわけですよ。どう言えばいいんでしょうかね。100%カシミア製なんですけど、ヌメヌメ? トロットロ? そう、カシミア特有のしっとりとした手触りで、ぬめりがイヤらしい気分にさせてくれます。

でも、それだけじゃないんです。フワフワッ? ブルネロ クチネリのカシミアって、独特のふんわりとした風合いがあるんですね。これで、腕なんか組んでごらんなさい。あれよ、あれよ、という間に、意中の美女が腰砕けになり……。あなたを見る目がハートになることでしょう。見た目がまったく主張がなくクラシックなのにエロい、これがキモなんです。羊の皮をかぶった……とは、まさにこのこと。

ちなみにスーツは、B.R.SHOPでオーダーした干場別注モデル。ジャケットは着丈を気持ち短めにしたコンパクトな設計で、丸みのある柔らかな雰囲気のショルダーやしなやかな着心地が特徴です。パンツは腰周りに少し余裕をもたせた2プリーツのテーパードラインで、細身のきれいなシルエットを意識。こちらもクラシックだけれど、ガチガチ過ぎないバランスを重視しています。ミディアムグレーなのですが、白シャツ&黒のネクタイとともに無彩色なので、色としての存在感はとりあえず無視してしまいましょう。そうすることで、大局観でカラーリングを捉えることができるんです。

で、毎度のことではありますが、大好きな“アズーロ・エ・マローネ”の出番です。全体の大きな面積を占めるコートと、バッグ&シューズなどの革小物で、そのブルー×ブラウンのカラーリングを実践してみました。細かいところでは、ブルーはメガネのレンズに、ブラウンはベルトや腕時計のバンドでもリピートしています。

面倒だと思うかもしれませんが、こういう小さな部分への心配りがボディブローのようにじわりじわり効いてくるんですよね。“アズーロ・エ・マローネ”は前から言っているように、濃い色調で合わせるのが成功の秘訣。本場のイタリア人は明るめの色を好みますが、髪の色も肌の色も違う日本人は、そこまでコピーするのはなかなか難しいというのが本音です。

ただ、そうは言ってもアクセントとなる華やかさが欲しいところですよね。確かに僕も、そこまでストイックになるのもどうかと思います。そんなわけで、ロロ・ピアーナのキャメルのストールをプラスしました。これも100%カシミア製。もう、手触りトロットロです。でも、防寒という側面だけで考えれば、ぶっちゃけこの格好にストールは不要なわけですよ。超あったかなコートもあるわけですし……。でもね、これがあるだけでコーディネイトが生きてくるんです。というのも、キャメルカラーってネイビーと合わせると、とてつもなく上品に見えるんですよね。それだけで女子は“ジュッ”とするはずです。勝手な妄想ですけどね(笑)。

ダークトーンの禁欲的な組み合わせに中にやってきた、一枚のキャメルカラーのストール。わかります? ここまでストイックに色合わせをしてきたのに、これは無邪気にひとり明るく振る舞う天使ですよ。こういうギャップが、カッコ良さをつくる源泉だったりします。だから、厄介なんですけどね(苦笑)。


今回のスタイルのキモは……。

● やっぱり、カシミアは特別。
● ヌメヌメ、フワフワ。
● 無彩色は、とりあえず無視。
● で、基本はアズーロ・エ・マローネ。
● 細かなところにも配慮を。

Photo: Ikuo Kubota(OWL)

Styling&Model:Yoshimasa Hoshiba


 

3冊目の書籍が発売中です。今回は、難しいとされる大人のカジュアルスタイルについて書いています。読んでない方はぜひ!

干場義雅が教える

「究極の私服」
(日本文芸社)




2冊目の書籍は、色気についてです。
普通に見えて、なぜか人を惹きつける男の共通点について書いています。読んでない方はぜひ!

一流に学ぶ

「色気と着こなし」
(宝島社)


1冊目は、スーツの着こなし術から世界の一流品選びまで、基本的なことやお洒落の本質について書いています。読んでない方はぜひ!

世界のエリートなら誰でも知っている

「お洒落の本質」
(PHP出版)


【エロサバ】-Hoshipedia

「エロサバ」とは、エロいコンサバの略で、干場の哲学により生まれた造語。シンプルでベーシック、コンサバティブな洋服を着ているのに、なぜかエロく見えるスタイルのこと。例えば喪服の女性。成熟した大人の女性が喪服を着ていて、メイクもナチュラルで抑制しているのに、不思議と色っぽく見えるスタイル。例えば、普通の白いシャツを着ているのにも関わらず、胸元のボタンの開け方や袖口のまくり方でSEXYに見えるスタイル。粗悪な素材でデザインが変わっているシャツでは駄目。上質な素材でベーシックなシャツだからこそ、崩して着こなしても上品さが保てるのです。男性で例えるなら、仕立てられたグレーの無地のスーツを着て、上質な白シャツに黒の無地のネクタイのような極めてコンサバティブなスタイルをしているのに、内側から大人の色気が香るスタイルのこと。

『FORZA STYLE』編集長

干場義雅

尊敬する人は、ロロ・ピアーナの元会長セルジオ・ロロ・ピアーナさん、ピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナさん、トッズの会長ディエゴ・デッラ・ヴァッレさん、格闘家のブルース・リーさん、初代タイガーマスクの佐山サトルさん。
スポーティでエレガントなイタリアンスタイルを愛し、趣味はクルーズ(船旅)と日焼けとカラオケ。お酒をある一定以上飲み過ぎると、なぜだか一人感無量状態になって男泣きする小誌編集長。1973年、東京生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする50の方法 2018.9.6 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update
  • Message from FORZA STYLE 2018.3.15 update

SELECT 10

CELEB

SNAP

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO