FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

【マツダ・ロードスター&RF】欧州マツダが2023年モデルの画像を公開。さて、日本はどうなる?

説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

商品改良の正式発表は12月? 事前商談受付中!

昨年、一昨年と、12月に年次改良モデル(正式アナウンスは商品改良)が発表されてきたマツダ・ロードスター。次期型電動化モデルが2024年に発売される、なんてウワサもありますが、逆に考えれば今回発売される2023年モデルが最終便? という計算も成り立ちます。いうまでもなく、マツダ・ロードスターはオープンエアモータリング+ピュアエンジン+後輪駆動でおまけにライトウェイトスポーツカーという魅惑のパッケージ。まさに絶滅危惧種な1台だったりします。

日本のマツダから正式発表はありませんが、英国では10月24に。欧州マツダは10月31日に2023年モデルを発表済み。なぜ日本が後手に回るのかわかりませんが、正規ディーラーでは既に受注が開始されています。

年改モデルは実質的に昨今の資材不足&資源高騰による価格調整といわれます。ただし、単に値上げするわけにもいきませんし、減産要素を少しでも取り除き、生産効率も考えなくてはなりません。無論、ユーザーの声(人気動向)も主要装備などに反映されます。そして、我々ユーザーも新型への期待があります。

2023年モデルの特徴は、新色であるジルコンサンドメタリックの追加(ポリメタルグレーメタリック廃止)、アイドリングストップ&回生機構の廃止(欧州仕様は継続採用)、ブラウンカラーの幌の採用などが挙げられます。日本仕様の詳細と価格、組み合わせなどはディーラーで確認する必要があります。ご興味のある方は是非足を運んでください。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE