FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH

不便、それがイイ? 手巻き式時計のブームを検証する!

こんにちはGoroです。機械式時計は「ゼンマイの巻き上げ方式」によって「手巻き」と「自動巻き」の2つに分かれます。しかし現代の機械式腕時計は、自動巻きが多数派です。少数派の機械機構でも「秀作」と呼ばれるモデルには「手巻き」が採用されていることがあります。さらに、そんな手巻き愛好家たちの投稿が、いまSNSを中心に活況を見せています。

今日はそんな手巻き式腕時計の魅力をGoro目線で紹介していきます。

スピマスはなぜ、手巻きなのか?


pan_hingさんの#腕時計魂での投稿より

前に書いたように現代の機械式腕時計のムーブメントに採用されている巻き上げ方式の大半は、自動巻きです。諸説ありますが、手巻きの比率は機械式時計全体の1割から2割とも言われます。

手につけているだけで、「自らゼンマイを巻き上げる自動巻き」と「手動で適時ユーザー自身でゼンマイを巻き上げる手巻き式」を比較すると、利便性では自動巻きが圧倒的に優位であることに疑いの余地はありません。

しかし、数は減りつつも一部の「マスターピース」モデルに「手巻き」が脈々と残るのはどうしてなのでしょう?

未だに手巻きを採用するモデルの代表格として有名なのが、オメガスピードマスター・プロフェッショナル(以下スピマス)です。

スピマスに手巻きが使われているのは、「基本設計がしっかりしているムーブメント」があることが大きな理由です。故障しにくいシンプルな構造であること、何よりこれまで多くのスピマスに搭載されてきた信頼と実績があります。

実際アポロ計画で「アポロ13号の乗組員」達が飛行中、事故(爆発)に遭遇したにも関わらず、無事に地球へ帰還できたのは間違いなくスピマスの功績です。地球への帰還中に「軌道修正」が必要となり「手動でエンジンを一定時間噴射させるため」にスピマスが使用されました。


elprimeroloveさんの#腕時計魂での投稿より

初代「キャリバー321」のレガシーを引き継ぎ、2022年の現代でも採用される理由はこの「アポロ13号奇跡の帰還」と「アポロ計画全ミッションの功績」によるものと筆者は確信しています。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE