FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH ロック福田の時計NEWS

スピードマスター生誕65周年! オメガの新作がかっこよすぎる!

オメガが年明け早々の1月4日に新作を発表。これはおそらく今年最初で最速となる新作発表。2022年はオメガでスタート! というわけです。

さて。というのが「スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールド™」。そうです、オメガを代表する名作「スピードマスター」の新作です。

2022年は、実は、「スピードマスター」の誕生65周年。この新作はその記念モデルで、まず最初の特徴が、1957年に誕生した初代「スピードマスター」=「CK2915-1」をモチーフにしていること。


手前が初代「スピードマスター」。後ろが新作「スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールド™」

特徴的な矢印型の時針をはじめ、リュウズに付けられた防水性を示すナイアードのマーク、ダイヤルのヴィンテージのオメガマークとロゴなど、初代「スピードマスター」の特徴が随所にあるのが見どころ。さらに、ベゼルに記されたタキメーターの「ドット・オーバー90」(90の上にドットがある)と「ドット・ダイアゴナル・トゥ70」(70の斜め下にドットがある)は「スピードマスター」好きにはグッとくるディテールです。


ヴィンテージのオメガのマークとロゴ。ロゴは「O」が楕円形になっているのが目を引く相違点。

*


「ドット・オーバー90」と「ドット・ダイアゴナル・トゥ70」はマニアにはうれしい好ポイント。

「スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールド™」のもうひとつの特徴が「キャリバー321」を搭載すること。

「キャリバー321」は初代「スピードマスター」に搭載されたクロノグラフムーブメントの名作。1969年のアポロ11号の月面着陸を初め、全6度の月面着陸で使用された「スピードマスター」にはすべて「キャリバー321」が搭載されていました。

その「キャリバー321」が月面着陸50周年の2019年に復活。細部まで完全復刻されただけでなく、熟練の時計師による完全2度組みが行われ、1つを完成させるのに2日かかるという、飛びきり特別な仕様になっているのが特筆点です。

「スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールド™」は、その新生「キャリバー321」を搭載した3つめのモデル(レギュラーモデルでは2つめ)で、シースルーバックでその精緻な機構をじっくり眺め楽しむことが可能。サファイアクリスタルにシーホースのマークが描かれているのもポイントです。


シースルーバックにより「キャリバー321」をじっくり堪能することが可能。初代からケースバックに飾られていたシーホースがサファイアクリスタルに描かれているのも見どころです。

そして「スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールド™」のさらなる特徴が、ケースとブレスレットにカノープスゴールド™を使用すること。カノープスゴールド™は2015年に発表されたオメガ独自の18Kホワイトゴールド。白く眩い輝きが特徴で、優れた耐久性を備えるのが長所です。

また、ダイヤルはブラックオニキス。針とインデックスはカノープスゴールド™のPVD加工を施した18Kホワイトゴールド。ベゼルのタキメーターはグランフーエナメル。などなどと、ほかにも特別なところがいっぱい。

つまり見た目はファーストモデルのようで、しかしケースもブレスレットもムーブメントもディテールも、すべてがスペシャルな仕立て。ですのでプライスもかなりスペシャルですが、その価値はきっとあります。

ちなみに、これだけスペシャルなのに「限定ではない」というのも素晴らしい長所。ここ最近のオメガは「シーマスター ダイバー300M 007 エディション」然り。「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」然り。「スピードマスター “シルバー スヌーピー アワード” 50周年記念」然り。スペシャルなモデルでありながら非限定で「待てば必ず買うことができる」としてくれているのが時計ファンにはうれしいところ。

で、まぁ、そういうわけで個人的には、またしても欲しいモデルが増えてしまった、という次第。あーあ。うれしいけれど、悩ましいですね。
 

スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールド™

手巻き、18Kカノープスゴールド™ケース&ブレスレット、ケース径38.6mm、60m防水。957万円(税込・予価)

 

【問い合わせ】
オメガお客様センター
03-5952-4400

Text:Yutaka Fukuda



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE