FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 九島辰也のCAR STYLE

めっちゃゴージャス! 新型レンジローバー、電動化は大アリ大合格だった。

さらに磨きをかけて登場 今度のレンジは想像以上にゴージャス!

レンジローバーがフルモデルチェンしました。5世代目です。クルマ好きだけでなく広く知られるモデルなので、興味を持った方は多いのではないでしょうか。もはやラグジュアリーSUVの草分け的存在ですよね。まぁ、1970年デビュー当時はSUVなんてカテゴリーはありませんでしたから、彼ら的には“オフローダー”が言い慣れた言葉でしょう。日本ではその頃“ヨンク”とか“RV”なんて呼ばれていました。

では新型の目玉はというと、やはり電動化です。今回はガソリンエンジン+モーターのプラグインハイブリッド(PHEV)がラインナップされたばかりか、2024年には完全な電気自動車、いわゆるBEV(バッテリーエレクトリックビークル)が追加されることが発表されました。このサイズのクルマを電池だけで動かすのですからすごいですよね。大容量バッテリーが必要かと。

でも個人的に興味深いのは、それ以外に3リッター直6ディーゼルターボと4.4リッターV8ターボが搭載される点。内燃機関だけのモデルがしっかり用意されています。しかもV8エンジンは新開発。5リッターV8+スーパーチャージャーユニットの後継として登場しました。排気量を小さくしながら最高出力は510psから530psにスープアップしています。このクラスのニーズに応えている気がします。それにしても530psって、レーシングカーじゃないんだから。



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録



あなたにオススメ



COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

連載 九島辰也のCAR STYLE

連載をクリップ

カテゴリー CAR

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE