FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 得するクルマ生活

GRカローラをトヨタがもったいぶる理由

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

2021年12月、北米トヨタがインスタグラムで公開した、カローラハッチバック(日本名カローラスポーツ)の写真。ブルーのカローラハッチバックの背景にあるコンテナの影に、一台のカモフラージュラッピングされたクルマが……。これが「GRカローラ」ではないか、といま話題となっています。

ご存じの通り、「GR」は、トヨタのスポーツカーブランド。GRカローラは、どんなモデルとなるのか、GRヤリスとの違いは!? このティザー画像から読み取れる情報をもとに、考察してみました。

 

■本格的な走りを追求した「GR」

様々なモータースポーツに参戦するTOYOTA GAZOO Racingが培った技術と経験を、市販車にフィードバックしたブランドである「GR」。GRは、専用チューニングやメカニズムで本格的な走りを追求した「GR」と、そのGRの世界観を気軽に楽しむ、というコンセプトのもと、足回りやエアロパーツなどライトなチューニングを幅広い車種に設定したスポーツコンバージョンライン「GRスポーツ」の2種類に分けられます。

GRヤリス。ベーシックなヤリスとはプラットフォームから異なり、モータースポーツの経験と職人の技術が生かされた本格的なチューンが施されている

「GR」には、現在、「GR86」、「GRヤリス」、「GRスープラ」の3モデルがラインアップされており、このうち86とスープラは全車GRブランド扱いとなりますが、ヤリスに関してはベースモデルとGRモデルがそれぞれ別で、設計から全く違う、別次元のモデル。「GRスポーツ」は現在、ハイラックス、ランドクルーザー、C-HR、コペン、プリウスPHV、ノア、ヴォクシーに設定されています。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE