FASHION 簡単! ジャケットの着こなし方特集。

大人デートの鉄板コーデ。40代にこそ、ベージュジャケットが万能である理由。コーデ解説付き。

干場義雅編集長や、エディター陣がオススメするジャケットの着こなし方。お洒落初心者も、これさえ見ておけばコーデの基本がわかります。

近年、勢いを増し続けるナチュラルカラー。特にベージュは女性にも男性にも大人気な一色です。

ただ、読者の皆様の中には、着こなし方が分からずに敬遠してしまっている方も多いのではないでしょうか?

「いまさらコーディネートの仕方なんて聞けない! 」という方々のために、 女子ウケ間違いなしな夏のベージュジャケットコーディネートを、着こなしのポイントと共にご紹介いたします。

色合わせに気を付ける

まずご紹介するのは、ヨハネス・ヒューブルのコーディネート。

ベージュのダブルジャケットにホワイトのパンツ、靴や小物は茶色でまとめています。

ここで大事なのは、色を使いすぎないこと。ベージュに限った話ではありませんが、ナチュラルカラーのジャケットは特に、色を使いすぎるとくすんで見えてしまうんです。多くても2・3色でまとめてみてください。

特に、茶色や白などの柔らか印象のアイテムはベージュと相性抜群。ビジネス感を無くしたいときは、積極的に取り入れることをおすすめします。

こちらは、青(AZZURRO)と茶(MARRONE)のアズーロ・エ・マローネを活かしたコーディネート。白・青・茶の3色でまとめています。

同じジャケットを着ているのに、かなり印象が変わっていますよね。青が入ったことで、リゾートにも似合いそうな涼しげなコーディネートに。

もう一つ、このコーディネートには重要なポイントがあるんです。それは、インナーの白Tシャツ。ジャケットのフロントボタンを開けることで、軽快さがアップ。白の面積も増えて真夏でも涼しげに見せることができますよ。

夏はリネンで涼しく

お次は、ライトベージュのセットアップを使ったコーディネート。

ストライプのシャツと茶色の小物を合わせています。ライトベージュの開放的な印象とマッチして、軽くなりすぎず、ちょうど良い雰囲気に。Yシャツの前ボタンを開けても、涼しげに見えるかもしれません。少しオシャレなランチに足をのばしたくなりますね。

そして、夏のジャケットは、生地選びにもこだわってみましょう。

リネン素材であれば、肌触り、通気性、吸湿発散性など、機能性が抜群。見た目にも涼しさが伝わりやすいとあって、夏にうってつけの素材なんです。少し脱いでいる間にシワがついてしまっても、リネンなら「味」になるのもうれしいポイント。気兼ねなくガンガン着られますよ。

アウトドアにも最適

夏と言えばアウトドアの季節。汚れるから、暑いから、とつい手を抜いてしまってはいませんか?

そんな時はベージュのジャケパンコーデを取り入れてみてください。白Tシャツと合わせるだけで、簡単あっという間にお洒落に見せることができるんです。

ここでこだわりたいのが小物。時計や靴で黒をプラスするだけで、コーディネートの引き締め効果を発揮してくれます。黒のサンダルもGood。

いつものTシャツにハーフパンツ、そこにジャケットをプラスするだけの簡単コーデです。

女性とのデートにも、家族サービスにも、ぴったりのベージュ。ちょっと手を出しにくいと感じても、少しの工夫で簡単お洒落になるんです。ぜひ、今夏のワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?

Text: FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE