FASHION 干場の「エコラグ」

野口強と干場義雅のコラボデニム。MINEDENIM スーパースリムの魅力。

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

お気に入りデニムを生の状態から育てたい!

日本を代表するスタイリスト野口強さんは、僕のファッションの師匠のひとり。そんな野口さんが手がけるデニムブランドが「MINEDENIM(マインデニム)」です。

数年前に初めてジーンズを買って以来、シルエットはいいし、穿きやすいやすいし、すっかり虜に。いまではほかのジーンズが穿けないほど、ヘビロテで愛用中です。

で、今回は恐れ多くもMINEDENIMとコラボジーンズの製作を依頼。通常のラインナップにはないセルビッチ付きのリジッドデニムで人気の「スーパースリム」をつくってもらいました!

実はこれが大変でして、「スーパースリム」は脚をきれいに見せるためにスラックスみたいにヒップから太ももにかけてカーブしたパターンを採用している一方、僕がお願いしたリジッドデニムは、従来は60〜70㎝幅のシャトル織機でデニムを織り、セルビッチを残すためにストレートに裁断する方法をとっています。つまり、両方を同時に叶えるのは非常に困難な作業なんです。

でも、どうしても大好きな「スーパースリム」で、デニムを生の状態から育てる行為を楽しんでみたかったんです(笑)。それに、セルビッチがあるのとないとじゃ、色落ちの具合が全然違いますからね。

そこで野口さんにまったく同じでなくて構わないので、極力「スーパースリム」に近いかたちでお願いします、と頼み込んだところ、パターンを引き直してくれるということでご快諾。後日、届いたサンプルを確認したところ、穿いた感じは「スーパースリム」そのものでした(笑)。

MINEDENIMの魅力って、「お座敷でも穿ける」ことだと思うんです。だから、これも穿いていてストレスを感じないようにストレッチ入りにしています。

ただ、強さんとも打ち合わせで話しましたが、あまりにフィットしたピタピタサイズは大人としてNG(笑)。ワンサイズ上を選ぶぐらいがちょうどいいと思います。

振り返ると、リジッドデニムを手に入れるのは16歳の高校生だったときにリーバイス®を買って以来。それはボロボロになるまで15年以上穿きましたが、やっぱり穿き込めば、穿き込むほど愛着が沸いてきますからね。

MINEDENIMのこれは、ライダースはもちろん、ジャケットにも合うし、コーディネイトの幅をぐんと広げてくれそう。いまからどんなふうに味わいが増していくのか楽しみです。


3万3000円/MINEDENIM 

【問い合わせ】
MINEDENIM
MINIMAL WARDROBE

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE