LIFESTYLE 得するクルマ生活

【HV、PHV、BEV、FCV】電気自動車の違い、わかる?

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

「21世紀に間に合いました」のキャッチフレーズで1997年に誕生した、世界初の量産ハイブリッドカー「トヨタプリウス」。当時、全長4mの5人乗りセダンが、28km/リッター(10・15モード)という低燃費で走るなんて、誰も想像していませんでした。

それ以来、ハイブリッドカーをはじめとする環境対応車が、急速に普及し始めており、現在では、ハイブリッド車、電気自動車、プラグインハイブリッド車、そして燃料電池車など、様々なエコカーが実用化され始めています。そこで本稿では、これらエコカーの、それぞれのメリットやデメリット、代表車種などをご紹介していきます。

 

■エンジンとモーター、2つの動力で走る「HV(ハイブリッド自動車)」

日本で最も普及しているエコカーである「ハイブリッド車」。ハイブリッドとは、「組み合わさった」という意味で、ガソリンで動くエンジンと電気で動くモーター、2つの動力を搭載しているクルマのことをいいます。

ハイブリッド車は、この2つを走行状況に応じて、効率的に使い分けたり、同時に活用したりして、低燃費を実現しています。日産のe-POWERや、ホンダのe:HEVのように、ガソリンエンジンを発電だけに使うクルマも、ハイブリッド車に含まれます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
ホンダフィットe:HEV落ち着いたエクステリアデザインのホンダフィット 柴犬をイメージしたというフロントマスクは親しみ感がある

メリットは、従来通り、ガソリンスタンドのインフラをそのまま使えること。デメリットは、純ガソリンエンジン車に比べると車両価格が高く、コストパフォーマンスが落ちることです。代表車種は、プリウス、アクア、ノートe-POWER、フィットe:HEVなどですが、ハイブリッド車は、近年は多くの新型車で、ガソリンエンジンのモデルと共に、ラインナップされています。

 

■自宅や充電スタンドで充電できる「プラグインハイブリッド(PHV)」

プラグインハイブリッド車(PHV)は、「外部電源から充電ができるハイブリッド車」のこと。三菱自動車は「PHEV」と表記していますが、意味するところは同じです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
三菱エクリプスPHEVダイナミックシールドのテイストを取り入れた新型の三菱エクリプスクロスPHEV クーペSUVのスタイルを狙い、全長を140mm延長した

発電した電気で駆動用モーターを動かして走る点はハイブリッド車と同じですが、異なるのは、容量の大きな駆動用バッテリーを搭載しており、「充電」することができること。基本的には充電した電力によるモーター走行が主体となりますが、バッテリーに蓄えていた電力が少なくなればハイブリッド走行もできます。

メリットは、ハイブリッド車と電気自動車、両方の長所を持ち合わせていることです。日常的な近距離ドライブではモーター走行のみでこなしてガソリン代を抑え、電気が少なくなればハイブリッド車となるため「電欠」の心配がないことです。デメリットは価格の高さ。クルマによっては、ハイブリッド車よりも100万円以上高くなることです。現時点、国産車では、トヨタプリウスPHV、RAV4 PHV、アウトランダーPHEV、エクリプスクロスPHEVの4車種のみです。

 

 ■バッテリーの電力だけでモーター駆動する「EV(BEV)」

電気自動車(EV)は、外部から充電した電気を動力源としてモーター走行をする車です。「EV(電動車=電気で動くクルマ)」という表記では、HVやPHV(PHEV)、FCVも、意味合いとしては含まれてしまうことから、最近ではこれらと区別するために、「BEV(Battery Electric Vehicle)」とも表記されます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
日産リーフ日産リーフ 62kWhと40kWh、2つのバッテリーバリエーションをもつ、世界一売れているEV

自宅や充電スタンドなどで車載バッテリーに充電を行い、モーターを動力として走行するため、走行中は二酸化炭素を排出せず、環境性能に優れています。

メリットは、夜間の安い電力で充電をしておけば、ガソリン車よりもランニングコストが安く済むこと。デメリットは、地域によっては充電設備が整っていないエリアも多く、長距離ドライブ時には、不便を感じることもある、という点です。国産車では、リーフ、e-NV200、i-MiEV、ホンダe、などです。

 

■水素と酸素で発電し、モーター駆動する「燃料電池車(FCV)」

そして、「未来の自動車」として最も期待されているのがこのFCV(Fuel Cell Vehicle)です。

前述したBEVの場合、走行中の環境負荷はありませんが、充電する電力が発電される際、化石燃料が使われることを考えると、無害とはいえません。しかし燃料電池車は、水素と酸素の化学反応から電力を取り出すため、ガソリンも、巨大なバッテリーも不要。エンジンを使用しないので、二酸化炭素の排出量がゼロ。現時点、環境負荷が最も少ないクルマで、購入には、国や自治体からの補助金も多く用意されています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
トヨタMIRAI2代目となり流麗なセダンへと進化したMIRAI。スタイリングを際立たせる陰影感と、鮮やかさを兼ね備えたという、新規開発色「フォースブルーマルティプルレイヤーズ」はMIRAIの自慢のカラーリングだ

デメリットとしては、水素の供給設備が現時点、十分に整っていないこと。水素ステーションは、2020年10月時点で、「首都圏」「中京圏」「関西圏」「北部九州圏」の4大都市圏と、その幹線沿いを中心に、国内135ヵ所。ガソリンスタンドは約3万箇所、急速充電器は約8000基ですから、まだまだ少ないというのが現状です。現時点、国産車では、トヨタMIRAIと、ホンダクラリティ FUEL CELLの2車種のみです。

ホンダフィット公式サイトはこちら
三菱エクリプス公式サイトはこちら
日産リーフ公式サイトはこちら
トヨタMIRAI公式サイトはこちら

Text:Kenichi Yoshikawa
Edit:Takashi Ogiyama
Photo:Honda,Mitsubishi,Nissan,Toyota,Gettyimages

 

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
吉川賢一(自動車ジャーナリスト)1979年生まれ。元自動車メーカーの開発エンジニアの経歴を持つ。カーライフの楽しさを広げる発信を心掛けています。

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE