FASHION ― エロサバ

干場の「エロサバ」

【東京流?】ブラックスーツをモードに着こなすコーデとは?

2020.11.4 2020.11.4
2020.11.4

自分だけの一着、究極のブラックスーツをモードに着こなす

僕が、現時点で“これさえあれば!”と思う3着目が、このブラックスーツです。実はこれ、最初は作るつもりがなかったのですが、あまりに生地が素晴らしかったので追加でオーダーしました。というのも、クラシックなメンズクロージングの世界では、ブラックはフォーマルな色とされるため、普段使いはNGという気持ちが働いてしまい……。

でも着る場面さえ間違わなければ、それもありという結論に至ったわけです。東京流に、もっとスーツを自由に楽しんでもいいんじゃないかなと。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

アイテム

スーツ(オーダー)/ブリッラ ペル グル イスト
シャツ/アルコディオ
ネクタイ/タカシマヤ スタイルオーダーサロン
チーフ/マリアーノ ルビナッチ
サングラス/レイバン
ベルト/ジョンロブ
時計/ヴァシュロン・コンスタンタン
ソックス/グレン・クライド
靴/ジョージ クレバリー

決して安い買い物ではないため、最後の最後まで迷ったのが、このブラックスーツを追加するかどうかでした。ただ、ネイビーとグレーをオーダー後、あまりに生地が良かったので、ついついいつものクセで、僕のなかである妄想がどんどん大きくなっていったんですよね。

だって、カシミアのブラックスーツって、あまり聞いたことがないじゃないですか(クラシックスーツでは、まずないでしょうね)。だからこそ、自分だけの一着になるんじゃないかと……。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

そうなったら、もう誰も僕を止めることはできません(笑)。クラシックでも、モードでもない、究極のブラックスーツを仕立ててやる、という情熱がメラメラと湧いてきて、気がついたらディレクターの無藤さんに電話していました。

ただ、ブリッラ ペル グル イストはクラシックを基本にするブランド。少しだけかたちを自分好みに変更したかったので、それに応じてくれるか不安でしたが、無藤さんからはOKのご返事が……。ありがたいことに、こうして干場モデルが完成しました!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

これまで着ていたブラックスーツは、10年くらい前にジョルジオ アルマーニの「メイド トゥ メジャー」で仕立てたSOHOシリーズや、GUJI × リングヂャケットの3ピースでした。パーティなどで着用することが多く、これらはこれらで気に入っているのですが、そろそろアップデートしたい気分だったんです。

さっき、クラシックでも、モードでもない、と言いましたが、目指したのは、クラシックスーツを着ているのに、モードブランドのスーツを着ているかのように見えるというビミョーなライン。ここまでくると、自己満でしかないのは重々承知なのですが。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

だから、干場モデルといっても大きな変更点はなく、ジャケットをゴージ位置低めのナローラペルにして2ボタン仕様に、スラックスを1プリーツ入りにした程度。あとは全体的に細身のシルエットにしていただきました。ただ、スーツはミリ単位のこだわりがモノ言う世界です。ほんの少しの差で印象が大きく変わるのですから、面白いというか奥深いですよね。

ところで、自分のなかでブラックスーツというと、いつも頭に思い浮かぶのが『美味しんぼ』(原作:雁谷哲、作画:花咲アキラ/小学館)の主人公の山岡士郎さんです。

東西新聞文化部のお荷物記者だった山岡さんですが、新人記者の栗田ゆう子さんとのコンビでメキメキと実力を発揮していきます。普段はやる気のなさそうなグータラ社員の山岡さんですが、やるときはやる。あのギャップに憧れるんですよね。あれを極めたらどうなるのか、というのにも大いに興味があります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

あと、影響を受けたのがトム・フォードさんですね(山岡さんとの並びだと、さすがに失礼でしょうか……)。きれいな仕立てのブラックスーツを着た彼のアーティスト写真は最高! イタリアのミラノでお会いした時も、とっても格好良くブラックスーツを着ていたのが今でも脳裏に焼き付いております。ビジネスシーンで着るのはNGかもしれませんが、ファッション的にはOKということを見事に証明しています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

そうそう、着こなしの話をしていませんでしたね。Vゾーンはいつものコーディネイトになってしまいますが、白シャツにグレーのナロータイ。同じモノトーンのスタイルでも、グレースーツとの組み合わせよりも、コントラストが高くシャープに見えるのが特徴です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

で、足元にはすっきりとした印象を狙ってサイドゴアブーツを選びました。どうでしょう? モードブランドを着ているわけじゃないのに、そう見えません?

女性の目線には、少しモードっぽく映るかもしれませんが、腕組みしたら「赤道小町ドキッ」by山下久美子(例えが古い!)。この手触りにメロメロになること間違いありません(これも妄想です)。


今回のスタイルのキモは……。

●着る場面さえ間違わなければ、ブラックスーツはカッコいい。
●クラシックを基本にしつつ、全体的にシャープに見えるようにオーダー。
●モードブランドを着ていないのに、着方で時代の気分を感じさせるのが狙い。
●モードっぽさとクラシックな上質生地とのギャップがエロスを生む。
●新しい生活様式は、無理せず、油断せず、続けることが大切。


Photo: Ikuo Kubota (OWL)

Styling&Model:Yoshimasa Hoshiba


【エロサバ】-Hoshipedia

「エロサバ」とは、エロいコンサバの略で、干場の哲学により生まれた造語。シンプルでベーシック、コンサバティブな洋服を着ているのに、なぜかエロく見えるスタイルのこと。例えば喪服の女性。成熟した大人の女性が喪服を着ていて、メイクもナチュラルで抑制しているのに、不思議と色っぽく見えるスタイル。例えば、普通の白いシャツを着ているのにも関わらず、胸元のボタンの開け方や袖口のまくり方でSEXYに見えるスタイル。粗悪な素材でデザインが変わっているシャツでは駄目。上質な素材でベーシックなシャツだからこそ、崩して着こなしても上品さが保てるのです。男性で例えるなら、仕立てられたグレーの無地のスーツを着て、上質な白シャツに黒の無地のネクタイのような極めてコンサバティブなスタイルをしているのに、内側から大人の色気が香るスタイルのこと。

Author profile

干場 義雅
干場 義雅
Hoshiba Yoshimasa

FORZA STYLE 編集長 兼 ファッションディレクター

尊敬する人は、ロロ・ピアーナの元会長セルジオ・ロロ・ピアーナさん、ピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナさん、トッズの会長ディエゴ・デッラ・ヴァッレさん、格闘家のブルース・リーさん、初代タイガーマスクの佐山サトルさん。
スポーティでエレガントなイタリアンスタイルを愛し、趣味はクルーズ(船旅)と日焼けとカラオケ。お酒をある一定以上飲み過ぎると、なぜだか一人感無量状態になって男泣きする小誌編集長。1973年、東京生まれ。

記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.11.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO