LIFESTYLE 干場の「エコラグ」

モンブランの万年筆なら文字にもエレガンスが宿ります!

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

紳士を目指すなら装いだけでなく、文字にもエレガンスを!

デジタルが普及した現代。それでも「デキる男は必ず持っている」と言われているのが、筆記具の最高峰、モンブランの万年筆です。

モンブランは、1906年ドイツのハンブルグにて創業。高級万年筆やライティング・アクセサリーで不動の地位を築き、のちに時計や革製品などの商品も展開し、ビジネスマンの必須アイテムとして知られるようになりました。

現在はラグジュアリーなライフスタイルブランドへと進化し、筆記具はもちろん、時計、レザーアイテムなどその領域を開拓。それぞれの分野において最高の職人技と環境が揃うところで作るべく、筆記具はドイツのハンブルク、時計はスイス・ジュラ地方のル・ロックルとヴィルレなど、精緻なクラフツマンシップを追求し続けることで世界から厚い信頼を集めています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

(左)万年筆「モンブラン ミューズ マリリン・モンロー パール」10万7000円(税抜)、(右)万年筆「マイスターシュテック 149」 9万5000円(税抜)/ともにモンブラン

中でも僕が愛用しているのが「マイスターシュテック」モデル。1本持っているだけで、何気ない日々の生活も豊かにしてくれるんですよね。自然と、字も丁寧に書くように心がけている自分がいます。

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Mariko Ikeda

【問い合わせ】
モンブラン コンタクトセンター
0120-39-4810

6冊目の書籍が発売しています。洋服から、ジュエリー、腕時計、ライフスタイルまで。僕が日頃から愛する大人の男女におすすめしたいブランドの逸品について書いています。読んでない方はぜひ!

干場義雅が愛する
「究極のブランド100+5」(日本文芸社)



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE