FASHION ― エコラグ

干場の究極ワードローブ! キーワードは"エコラグ"

細部まで徹底的にこだわった! クロスクローゼットのポケT

2020.7.6 2020.7.6
2020.7.6
エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

究極のTシャツコレクションの第三弾が登場

当連載でもたびたびお伝えしている通り、白いTシャツ(白いドレスシャツにも当てはまりますが……)は常に白いまま着たい、というのが僕のポリシー。汚れたり黄ばんだりするのが嫌なので、同じものを何枚も持っていたい。だから気に入ったものは、いつもまとめ買いするようにしています。

そうすると、高価なブランドもののTシャツを一枚買うより、同じ金額で自分の体型に合ったコスパの高いTシャツを数枚買うほうが断然いい! こうした考え方が、「エコラグ」の根幹を成しています。

+CLOTHET(クロスクローゼット)との共同企画で誕生したTシャツコレクションは、まさにそんな僕の願望を叶えたもの。実は、それまでは3000円程度で買ったGapのTシャツを、2000円かけて自分の体型に合わせてお直しするという(不毛な)行為を長年続けておりまして……。

ならば、いっそのこと自分の好きな素材、かたち、色でつくったほうが早いんじゃないか、と考えていたとき、+CLOTHETから共同企画のオファーがあったんです。まあ、+CLOTHETとは、その前に白のドレスシャツをつくったことがあり、僕にとっては ごく自然な流れだったんですけどね(笑)。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

昨年、第一弾として、レギュラーシルエットとビッグシルエットのシンプルなTシャツを発売したところ、これが予想以上の大ヒット。第二弾は「オトナのヘンリーネック」、そして今回のレギュラー、ビッグシルエットのポケTコレクションへとつながっています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

最初にこの企画が立ち上がった際、僕がまずこだわりたいと思ったのが「最高峰の生地」でつくること。というのも、+CLOTHETを手がけるのは、国内でも有数の約150年続く生地サプライヤーだから。

原料調達から生地開発、製造と、洋服がつくられるすべての工程を一貫で行っているため、上質なクオリティを追求しながら、ある程度価格を抑えることができそうだ、という目論見がありました。

そこで、綿花の繊維の長さが35ミリ以上の「超長綿」のなかでも特に繊維長が長く、その希少性において世界トップクラスと称される「スビン」の、しかも最高品質を誇る“ファーストピック(初摘み)”のみを糸にした「スビンプラチナム」を使うことに決定。シルクのような光沢としっとりとした手触りが特徴で、とにかく着ていて気持ちいい! 洗濯機で洗っても簡単にヘタレないのもポイントです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

それともうひとつこだわったのが、パターンメイキングに現役のテーラーの技術を応用すること。このコレクションでは袖付けをやや前振りにし、腕が動かしやすく、ジャケットの下に着てもゴワつかないようにしました。

もちろん、一枚で着ているときもカッコよく見えるように首の開き加減やリブの太さ、袖の長さ、胴廻りのサイズ、着丈など、細部まで徹底的にチェック。まあ、このへんは第一弾から継続中の取り組みなのですが、新たなコラボの発表するたびに修正を重ね、完成度がさらにアップしています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

僕は、無地の白と黒のTシャツしか着ないので、今回もこの2色を大人買い。ジャケットの中に着るときはレギュラーシルエット、一枚で着るときはビッグシルエットと、その日のコーディネイトに合わせて愛用しています。

あと、このコレクションは女性も着られるユニセックスのサイズ展開なので、パートナーと一緒に着るのもおすすめ。こんなシンプルなペアルックなら、嫌味なくスマートに見えると思いますよ。

Photo:Ikuo Kubota(owl)
Text:Toshiaki Ishii

6冊目の書籍が発売しています。洋服から、ジュエリー、腕時計、ライフスタイルまで。僕が日頃から愛する大人の男女におすすめしたいブランドの逸品について書いています。読んでない方はぜひ!

干場義雅が愛する
「究極のブランド100+5」(日本文芸社)

Author profile

干場 義雅
干場 義雅
Hoshiba Yoshimasa

FORZA STYLE 編集長 兼 ファッションディレクター

尊敬する人は、ロロ・ピアーナの元会長セルジオ・ロロ・ピアーナさん、ピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナさん、トッズの会長ディエゴ・デッラ・ヴァッレさん、格闘家のブルース・リーさん、初代タイガーマスクの佐山サトルさん。
スポーティでエレガントなイタリアンスタイルを愛し、趣味はクルーズ(船旅)と日焼けとカラオケ。お酒をある一定以上飲み過ぎると、なぜだか一人感無量状態になって男泣きする小誌編集長。1973年、東京生まれ。

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.7.14 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO