LIFESTYLE ― NEWS

あなたの人間嫌い度を診断! 今日からできる克服法とは?

2019.10.20 2019.10.20
2019.10.20

人間嫌いでも生きやすくなる、恋愛できる方法がある!

自分はもしかして、人間嫌いかもしれない……。この記事を読んでいる人は、少なからずそう思っているのではないでしょうか?

人とまったく関わらずに生きていくことは難しいですが、同じくらい人間嫌いを直すこともまた難しいものです。今からご紹介する人間嫌いになってしまう原因、人間嫌いの人の心理や特徴などを理解して、誰でもできる克服法を実践してみてください。

当てはまる特徴の数で人間嫌い度をチェック!

人間嫌いの人の特徴を今から7つご紹介します。自分にいくつ当てはまるのか、人間嫌い度をセルフ診断してみてください。4つ以上当てはまった人は人間嫌いの可能性が高いといえます。

①集団行動や大人数での飲み会が苦手

学生時代の遠足や修学旅行、社会人になってからの社員旅行や懇親会など、気心知れた人だけに限らず多くの人と行動したり飲みに行ったりする機会はちょくちょくありますよね。そんな集団行動が苦手な人は、人間嫌いであることが多いです。

どうしても自分のよく知らない人とコミュニケーションをとる必要が出てきてしまううえ、自分のペースで動くことができないため、大人数で行動することは人間嫌いの人にとって大きなストレスとなります。自分が思うタイミングで好きなように動ける1人の時のほうが気楽で、人に気を遣うことがないためストレスフリーなのです。

②人に頼み事や悩み相談をしない

人間嫌いの人は基本的に、誰かに甘えるのが苦手です。人にものを頼むくらいなら、多少無理しても自分でやってしまったほうが、誰に気兼ねすることもなく手っ取り早いと考えるのです。自分のために何かをしてもらうことで、相手に借りができたようなかんじになるのも面倒だと感じてしまいます。

また、悩みを自分から打ち明けるということもありません。他人に自分の本音をさらけ出して弱い部分を見せることに抵抗があるのです。あまり人を信用しておらず、弱みを握られたりありのままの自分を知られたりすることが怖いため、自分のことは話そうとしません。

③自分の行動を干渉されたくない

「人は人、自分は自分」というスタンスを貫きたいタイプなので、自分が何をしようが放っておいてほしいし、逆に他人が何をしようが自分に迷惑がかからないならどうぞご勝手に、と思っています。そのため、いちいち自分の一挙手一投足に何か言ってくる人のことをうざったく感じます。

相手は心配して気にかけてくれているとしても、よかれと思ってアドバイスしてくれていても、そんなのは知ったことではありません。人間嫌いの人は自分の決めたやり方で物事を進めて、失敗したら自分で責任を負いたいのです。

④なるべく会話せずに済ませる

仕事していて、タクシーの中で、服を買いに行って……生活のいろんな場面において、ちょっとした世間話は誰もがすることですよね。しかし、人間嫌いの人は必要最小限の会話で済ませようとします。同僚に「髪切った?」と言うのも、タクシー運転手に「この辺でいい店知ってますか?」と言うのも、店員の人に「ジャケットを探してて……」と言うのも嫌なのです。

普通なら、たとえば仕事に直接は関係ない会話でも、ちょっとしたコミュニケーションをとって関係を築くことで、仕事を円滑にできると思うところですよね。しかし人間嫌いの人は、無駄なおしゃべりをしているヒマがあったら自分の用事や仕事をしたいと思っています。

⑤他人の気持ちや言動に興味がない

「好き」の反対は嫌いでなく「無関心」と言いますが、まさに人間嫌いの人は人間に関心がないと言い換えることができます。赤の他人ならともかく、身近な人が普段何をしていて、最近どんなことがあって、物事をどう考えているかということにも興味がわかないのが人間嫌いなのです。

他人の気持ちに興味を持てないため、飲み会などで交流を深める気も起きません。人からの誘いはたいてい断ってしまうので徐々に誘ってもらえなくなり、情報が回ってこないため周囲から孤立することが多くなりますが、本人もそのほうが好都合だと思っています。

⑥自分は周りから嫌われていると思う

周りの人はみんな自分のことが嫌いなんだ、といつも感じる人は、逆に自分が人間嫌いであるといえます。というのも、人は自分のフィルターを通して他人の感情を推測するため、自分が相手に好意的であればさまざまな言動が好意的に思えてきて、反対に敵意を持つ相手のすることは自分に敵意があるように見えるからです。

周りの人が特になんとも思わずに言った言葉が、人間嫌いの人にとっては嫌味や悪口、皮肉や自慢のように聞こえてしまって、自分は嫌われていると思い込みます。そうなると「この人は自分のことが嫌い」という先入観を持った態度で相手に接するため、相手からもよく思われずに本当に嫌われてしまう、なんてことも……。

⑦人の長所よりも欠点ばかり目につく

人間嫌いの人は、無自覚かもしれませんが、いつも他人のあら探しをしながら人と接しているようなところがあります。嫌いだから欠点が見えやすいのか、短所ばかり見ているから嫌いになるのかはわかりませんが、もはやクセのようなものだといえます。

長所と短所は紙一重で、捉えよう次第ということもあります。たとえば「粘り強い」という長所を「諦めが悪い」「しつこい」と思ってしまえば、それは短所になりますよね。そうやって人のことをネガティブに捉えてしまいがちなのが、人間嫌いの人の特徴のひとつです。

人間嫌いになってしまう原因

人間嫌いの特徴に当てはまっていたというあなた、なぜ人間嫌いになってしまったのか考えたことはありますか? 理由も何も、嫌いなものは嫌いだ……なんてことはありません。人間嫌いになる原因が必ずあったはずなのです。そしてどうやら、きっかけは何であれその根底には「他人を信じられない」という思いが潜んでいるようです。

①過去の人間関係がトラウマに

昔いじめられたり、信じていた人に裏切られたり、善良そうに見えた人の裏の顔を知ってしまったり、といった過去が原因で人間嫌いになってしまう人は多くいます。そんなトラウマのせいで、人と深く関わることを避けるようになるのです。

どんなにいい人そうでも、また信じてひどい裏切りを受けるのは御免なので、最初から誰のことも信じようとしないということです。

②そもそも自分のことが嫌い

自分に自信がなく自分自身を好きになれないことが、自分も含めた人間を嫌いになる原因となっているケースです。自己肯定感が低く、自分と関わっても何もいいことなんかないからと、関わりを持とうとする人を遠ざけてしまいます。

それでも自分に近づいてくる人がいると、「利用しようとしている」とか「本心ではこんな自分を嘲笑している」と勝手に思い込んでしまい、どんどん人間不信に陥り人を嫌いになっていくのです。

③人を信用できず関わりたくない

いちいち人とコミュニケーションをとって、今相手がどう思っているのか推し量って気を遣い、愛想笑いして思ってもいないお世辞を言う。そんな人付き合いが嫌で、最初から関わりを持たなければ人間関係に気を煩わされることもないから、と自分で関係性をシャットダウンしてしまう人もいます。

人と仲良くなろうとすれば、最初は本音でずけずけ物を言うよりも愛想よくしたほうがいいですよね。しかしそれを面倒に思ったり、なんだか嘘をついているように感じたりしてしまい、周りでそうしている人のことも嘘つきのように思えて、人間嫌いになっていくのです。

人間嫌いを直したい! その方法とは

社会の中で生きていくにあたって、人間嫌いのままではどうしても生きづらいですよね。しかし、今まで人間嫌いだったものをそう簡単に180度変えられるわけではありません。少しずつ自分を変えていくことで、いつの間にか普通に人と接することができるようになるのです。根気強くやってみてください。

①好きになれる人や長所を見つける

人間嫌いとは言っても、その中で「この人はそこまで嫌ではないな」と思う人が周りにいるのではないでしょうか? まずはそういう人を見つけて、少しでも自分から話しかけてみるなど関わりを持ち、徐々に仲良くなりましょう。友人と呼べる存在、すなわちちゃんと好きになれる人がいるのであれば、人間嫌いは脱出と言っていいでしょう。

仲良くなるのはハードルが高すぎると感じるなら、その人の長所を見つけていってください。人のいいところを見るようにすれば、自然とその人のことを好きになれるはずです。そして、それを他の人にも適用していき、どんな人でも長所を探すようにすると、「人間って悪いところばかりじゃない」と思えるのです。

②素直になって人を信じて頼る

人間嫌いの人は、根本的に他人を信用していません。褒められたら「どうせ嘘だろう」と決めつけ、人にしてもらった仕事は「どこかにミスがあるかも」と疑い、今はいい顔をしていても裏では自分の悪口を言っているのではないかと思い込んでいます。

褒め言葉は本心から言っていることも案外多いものです。みんながみんな自分を裏切るわけではありません。まずは人の言葉を額面通り素直に受け取ってみましょう。そして、時には人を頼ることも大切です。相手を信頼していなければ頼ることはできませんよね。つまり頼りにされるというのは信じてもらえている証です。そうやって信じ合うことで関係が構築されていき、疑心暗鬼な自分も消えていきます。

③毎日小さな目標からやってみる

いきなり人を好きになれ、信じろ、仲良くしろ、と言われても無理……と思うのなら、自分にできそうな小さなことをその日の目標として設定し、毎日継続してクリアしてみてください。

たとえば「オフィスで隣の席の同僚に朝の挨拶をする」から始めて、それができたら次の日は「挨拶とひとこと会話をする」、そこから「ランチに誘う」「飲み会に参加する」「部長と3分話す」とハードルを上げていくのです。絶対できそうな簡単なことでも、目標達成を積み重ねることで少しずつ自信になっていき、気がつけば今までの自分ならできなかった人付き合いができるようになります。

④全員を無理に好きになろうとしない

人間嫌いではない人ですら、どうしても好きになれない苦手な人というのはいるものです。ましてや人間嫌いの人が苦手な人を無理に好きになろうとすると、ますます人間嫌いを悪化させることにもなりかねません。

特別苦手だと思う人とは適度な距離を保って接するようにして、その中でも「この人にもこういういいところはある」と認めたり、短所を言い換えて長所として捉えたりすれば、うまく付き合えるようになります。

⑤環境を変えてトラウマをなくす

過去にひどいことをされて人間嫌いになったトラウマがある人は、可能ならその時とは環境を変えてみるのもいいかもしれません。思い切って引っ越しや転職をすることで、過去の出来事と決別して今までの自分を知らない人と関わることになります。

トラウマの有無にかかわらず、今までの環境で自分だけを変えるというのはなかなか難しく、周りから「突然どうしたんだろう」と思われないとも限りません。環境から変えることで自分も新しく生まれ変わるというのはひとつの手段です。

人間嫌いの人との恋愛に向いているタイプ

人間嫌いの人でも恋人が欲しいと思うこともあるでしょう。または好きな人が人間嫌いだったら付き合えないのだろうか……と悩んでここにたどり着いた人もいるかもしれません。人間嫌いの人と恋愛するのに向いているのはどんなタイプの人なのかご紹介します。人間嫌いを克服するためにも、恋愛はいい薬になるでしょう。

①自立していて束縛しない

人間嫌いの人は、自分の行動を過度に制限され、束縛されるのを嫌がります。人の気持ちを察したり都合に合わせたりするのは苦手で、バカップルよろしくベタベタ愛の言葉を囁き合う関係も望んでいないことがほとんど。

そのため、自立していてお互い自分の時間も大切にし、相手を信頼して縛り付けることなく、サバサバとしている人がぴったりです。

②適度な距離感で依存しない

恋人とは毎日何度もメールや電話で連絡し、四六時中一緒にいたいと思うような人には、人間嫌いの人との恋愛は向いていません。他の人との関係を断って恋人とだけコミュニケーションをとりたがるような依存性の強い人もNGです。

冷たく聞こえるかもしれませんが、恋人がいなくなったら生きていけないと思うほど恋愛に依存する人は、人間嫌いの人とは付き合えません。相手にとって自分の優先順位が常に1位でなくても平気、という強い精神力の持ち主でなければ長続きしないのです。

③結婚にこだわらない

結婚という形式に強いこだわりがある人は、人間嫌いの人とはお付き合いしないことをオススメします。人間嫌いの原因が家族関係や過去の恋愛にある人も多く、そういう人はたいてい結婚という制度上の縛りを望んでいないからです。

形として結婚するかしないかではなく、本当にお互いが愛し合っているかどうかが最も重要だと考えられる人なら、人間嫌いの人との恋愛に向いているでしょう。

④相手を肯定し認められる

人間嫌いの人は自分のことも嫌いで自信がなく、卑屈でネガティブなことが多いです。そんな相手を強く肯定し、人間嫌いであることも含めてまるごと相手のことを認めてあげられる人は、人間嫌いの人と相性がいいといえます。

暗闇にいる相手を強い光で照らし続けられる、太陽のような強さと優しさを持っている人は、人間嫌いの人にとっていちばんの支えであり、かつ大切な存在になることでしょう。

まとめ

人間は、人と関わり言葉を交わすからこそ人間らしくあることができます。誰かに支えられて今日も生きているのです。少しずつでもかまわないので、人間嫌いを克服していきましょう!

Photo:Getty Images
Text:N.M

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2019.11.20 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO