食道楽バンザイ!ナオキーノブログ

食道楽! ナオキーノ日記 「前回のお詫び」

2016.12.5 2016.12.5
2016.12.5

12.5(月)

こんにちは。膝毛のナオキーノです。

最近、自分では意識してないのですが、周りの方から「あれ? サトシーノに似てきた?」と言われます。

展示会をまわっていても「サトシーノさんですよね? いつもブログ見てます。」と声をかけられることもしばしば…。そんなに似ているのかな? と気になったので、写真を並べて比べてみました。

どっちがどっちでしょうか? 寄せてるつもりはないのですが…。これからサトシーノ先輩の影武者として頑張ります!

前回の「フグうま!」ブログを見てくださった読者のみなさま、すいません。すっかり気絶してお店の名前を入れ忘れてしまいました。

お詫びとして(なんのだ)。もう一つフグ料理をご紹介します。

こちらはフグの白子焼。料理人の頃、生の白子を塩ずりして、串に刺しては直火で焼いていました。親方に「焼くと焦がすはちげぇんだよ。」と怒鳴りつけられては、焼き台の前で、一人もらしていたことをしみじみ思いだします(汚いだろ)。

「食べたらまた気絶するんでしょ」とか「どうせまたもらすんでしょ」と、思っている方はご安心ください。本気で食レポいたします。

フグの白子は焼くことによって風味を閉じ込めることができ、熱を通すことでよりクリーミーな味わいになります。箸を入れるとわかるのですが、中は卵黄のようにとろっとしていて、口に入れた瞬間広がるフグの香りはもう…気絶(やっぱり)。しかも見てください。このなまめかしい白さ。こんなに美しい白子が口に入るなんて考えたらもう…気絶&気絶です。

気軽にフグ料理を楽しみたい方はぜひお近くの「玄品ふぐ」まで!

次回もお楽しみに!

記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.11.26 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

VIDEO