FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 得するクルマ生活

待ちきれない!北米ランクルプラドのレクサス版「GX」がついに日本導入?いま分かっていること全部紹介

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

レクサスの海外専売SUVである、レクサス「GX」。クロスオーバーSUVの「RX」と、クロカンSUVの「LX」の間に位置する、ランドクルーザープラドのレクサス版だ。エンジンは日本仕様のプラドよりも大排気量化しており、レクサス流のラグジュアリー要素を付加したモデルとなっている。

ランドクルーザープラド

「プラド」といえば、今年2023年にフルモデルチェンジが予定されており、おそらく近いタイミングで、GXもフルモデルチェンジとなるはず。このフルモデルチェンジのタイミングで、GXが日本に導入されるのでは、とのうわさもあり、いま期待が高まっているモデルだ。日本導入への期待を込め、レクサス「GX」とは何者か? ご紹介しよう。

 

■怒涛の加速でハイウェイをかっ飛ばす、クロカンSUV

北米レクサスのSUVラインナップは、コンパクトSUVの「UX」、ミドルクラスSUVの「NX」、その兄貴分でレクサスを代表するSUVの「RX」、クロカンSUVの「GX」、その上にSUV系フラグシップの「LX」、そして、BEVの「RZ」の、計6車種だ。

「GX」のボディサイズは、全長4880mm×全幅1885mm×全高1885mm、ホイールベースは2790mm。RX(4890×1920×1695、WB=2850mm)や、LX(5100×1990×1885、WB=2850mm)と比べると、全長はRXと同じ、車幅はRXよりも狭く、全高はLX並と、LXではサイズ的に手に余るが、ラグジュアリーなクロカンSUVが欲しい、という方に向けたモデルといえる。

GXの唯一のバリエーションが「GX460」。総排気量4.6LのV8エンジンを積んでいる

レクサスの各モデルは、アルファベット2文字の後ろにグレードを表す数字が付く。GXは「GX460」のみだが、これは総排気量4.6Lのエンジンを積んでいることを示している。このGX460のスペックは、V型8気筒、最高出力301HP(305ps)、最大トルク329 lb-ft(446Nm)、トランスミッションは6速ATで、駆動方式はフルタイム4WDだ。ちなみに0–60MPHの加速タイムが7.8秒と速く、大きな図体の割に意外と俊足だ。

6人乗りと7人乗りがある。写真は2列目シートが左右独立タイプの6人乗り

日本の「プラド」は、2.7Lガソリンと、2.8Lディーゼルの2機種のみであり、このV8エンジン仕様は存在しない。燃費は16mpg(≒6.8km/L)とそれなりだが、怒涛の加速でハイウェイをかっ飛ばすクロカンSUVといった位置づけなのだろう。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE