FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 得するクルマ生活

2022年国産車販売台数ランキング3位から10位をご紹介!軽自動車のランキングも発表

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

■5位 トヨタ「ライズ」8万3620台

2019年に登場した、5ナンバーサイズのマイクロSUV「トヨタ ライズ」。ご存じのとおり、ダイハツ「ロッキー」のOEM車であり、2022年11月には、スバルからも「REX」として登場しています。当初はガソリンターボモデルのみでしたが、2021年11月にハイブリッドモデルと、ノンターボモデルを追加。

トヨタライズ。5ナンバーサイズのコンパクトなボディに、日本人が好みそうな、大きなタイヤとワイルドなエクステリア、そして使い勝手の良さを考えたマイクロSUVだ

ライズは、OEM元のダイハツロッキー(27位 22,223台)のおよそ4倍もの販売台数となっています。ありそうでなかった5ナンバーサイズのライズ、日産やホンダといった大手のライバルが不在のため、引き続き、2023年も好調が続くことが予想されます。

 

■4位 トヨタ「ルーミー」10万9236台

こちらもトヨタのマイクロミニバン、ルーミーが4位となりました。2021年には第2位(134,801台)だったので、2つほどランクダウンしたことになります。このルーミーもまた、ダイハツ「トール」のOEM車です。

ルーミーは5人が余裕をもって乗ることができる。また収納が多く、整理整頓がしやすいことも、人気の理由だ

ルーミーが選ばれる理由は様々ありますが、両側スライドドアの使い勝手の良さと、軽よりは大きめながらもコンパクトなボディサイズ、そして低燃費と、「ミニバンと軽スーパーハイトワゴンのいいとこどり」をしている点が、子育て世代に人気のようす。2023年もルーミーの人気が衰えることはないでしょう。

 

■3位 日産「ノート」11万113台

日産の最量販モデル「ノート」が3位にランクインしました。先代まではガソリン仕様もあったノートですが、現行モデルでは全車e-POWERとなり、電動車ならではの新鮮な運転フィーリングが最大の特徴です。

インテリアも新しい。運転席目の前にある、12.3インチのフルTFTメーターは、欧州プレミアムコンパクトとも互角以上に戦えるほど、サイズも十分に大きく、かつ視認性もいい

ベースの「ノート」も実力の高いモデルですが、その上級仕様である「ノートオーラ」では、加速の強さと静粛性がノートよりもさらに高められており、上級車からのダウンサイザーも満足できるコンパクトカーとなっています。このノートオーラの人気が、ノート全体を押し上げる要因となっているようです。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE