FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
LIFESTYLE このテレビ番組を見逃すな!

【内村光良が持つ狂気性!?】フジテレビの若手ディレクターと組んだ『内村と相棒』は 絶対に見逃し厳禁!

日々ライフワークとしてテレビを観つづけてコラムや著書を執筆するライター、てれびのスキマによる連載コラム。TVerやNHK+など、見返すことができるものを中心にオススメの番組を紹介していきます。

内村光良といえば何か。

「棒」だ、と答えを導き出したのが、『ここにタイトルを入力』(フジテレビ)などで知られるディレクター・原田和実だ。

GettyImages

内村はバラエティ番組で司会をする際、必ず何かしらの「棒」を持っている。そこに注目したのだ。

内村と相棒』(フジテレビ)

「内村さんと若手ディレクターの特番ということで、ちょっとその裏側を密着させていただければ」と始まった、密着ドキュメント。

「なんも起こんないよ。(カメラ)回し損になっちゃうよ」という内村だが、本番まであと1時間と聞くと「ちょっと用がある」とシソンヌ長谷川を連れて とある場所へ向かう。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シソンヌ長谷川忍(@sissonne_hasegawa)がシェアした投稿

その部屋の扉には「棒部屋」と書かれている。

そこには「フレミングの左手棒」や「松居棒」、「嘘発見棒」など様々な「棒」が準備されており、今回使う「棒」を選ぶというのだ。もちろん、これはフェイクドキュメンタリー風のコント。
内村光良といえば、「棒」以外に真っ先に出てくるのは「キャラクターコント」だが、キャラに入らず、素に近い形のままコントをやるのは新鮮。この原田Dによる「内村と棒」と題されたコントがブリッジ的に入るのが『内村と相棒』(フジテレビ)である。

フェイクドキュメント冒頭の「内村さんと若手ディレクターの特番」という言葉は本当。原田は入社3年目の若手。他にも入社8年目の大村昂平と同じく8年目の川上惇が内村と組んで新企画に挑んだ。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

梅沢 富美男[公式](@tomioumezawa)がシェアした投稿

大村Dが企画したのは、まだ記念館やミュージアムができていない芸能人の1日限りのミュージアムを作る「内村芸能人ミュージアム」。今回、1日限りのミュージアムが作られるのは梅沢富美男。「300年に1人の逸材」と呼ばれるゆえんとなった女形で舞う様子から、ハットにサングラス姿で歌う名曲「夢芝居」大ヒットに至る波乱万丈な軌跡を振り返るのだが、「この産まれ方、まさにうんこである」「天才女形。のちに『女でガッタガタ』になるとは知るよしもなかったのです」など随所にイジりが入る。それにイキイキとツッコんでいく梅沢。

女形を演じたのは、とある大物マンガ家の依頼だったというのも驚くし、そのマンガ家が女形の梅沢を描いた絵も素敵。その大物マンガ家とは誰か、それは実際に映像を見てほしい。

「内村さんって視聴者の方の象徴のような存在で、内村さんが笑ってると楽しい気持ちになると思うんです。それにプラスして、ゲストの人生の中に入ることで『なるほど』と感じてもらい、“どの番組よりも楽しむ内村さん”というのを目指しました」(「マイナビニュース」22/11/20)という大村Dの狙い通り、内村は楽しそう。しかし、そんな内村は梅沢に対し、致命的なあるミスをおかしてしまうのだ。これも必見。

ちなみに、やはり内村は このときも右手に「棒」を持っている。

 

後編へ つづく。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE