FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR NEWS

これからは「クロスオーバー」の時代!? クラウンから見えてきた自動車の未来とは?

“セダン”のイメージリーダー「クラウン」が大きく変わった

先頃、“ニッポンのセダン”であるトヨタ・クラウンがフルモデルチェンジを果たした。

クラウンは1955年の初代登場から半世紀以上にわたって人気を集めていたトヨタの代名詞たる存在。そのクラウンが今夏、大胆な変貌を遂げたことに驚かれたかたも多いだろう。

(左から)クロスオーバー、スポーツ、セダン、エステートという4つのボディタイプが新型クラウンには用意される。

新型のキャッチコピーは“DISCOVER YOUR CROWN”。

あなただけのクラウンを見つけてほしいとの思いが込められたもので、実際、それまで「セダン」のみだったボディも、「スポーツ」「クロスオーバー」「エステート」という合計4つのバリエーションを用意。ユーザーは選択できる自由を得た、というわけだ。

ちなみに新型クラウンは日本市場のみならず、世界に展開されるグローバルモデルとなることも発表された。世界中の人がクラウンを選べる時代になったのだ。

大胆な造形となったクロスオーバーのリアデザイン。クーペのようになだらかなルーフラインを持つところも特徴だ。

そんなクラウン・シリーズの先陣を切ったのが「クロスオーバー」だ。これはセダンのフォーマルさとSUVの力強さ、そしてクーペの流麗さを掛け合わせた、文字通りのクロスオーバーモデルである。

車体は伝統的なFR(フロントエンジン・後輪駆動)用からFF(フロントエンジン・前輪駆動)用をベースに全面刷新。FRではエンジンとトランスミッションが別々に配置されるのに対し、FFではそれらを1箇所にまとめられるため、室内スペースも広く取れるようになった。

新しいクラウンはFF車用の車体(プラットフォーム)をベースに、パッケージを重視してキャビンスペースを拡大している。

パワートレインは2.4ℓ直列4気筒ガソリンエンジンと2.5ℓ直列4気筒ガソリン+モーターの“ハイブリッド”の2本立て。しかも全車が後輪をモーターで駆動する4WDであることも新しいクラウンのトピック。

FFのベース車体に、コンパクトなリアモーターを搭載することで、スペースを犠牲にすることなく走行安定性を高めることに成功している。

2.4ℓ4気筒ターボのほか、2.5ℓ+モーターのハイブリッドも用意される。


RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE