FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION 干場編集長のスタイルクリニック

【干場流】オンオフ使える王道チェスターコートは、仕立てと素材選びが重要です!

今まで、さまざまなメンズファッションを提案し、大人の男のカッコイイ!を追求してきた干場編集長。そんな干場が辿り着いた【コレがあればいい!】というアイテムと、【この着こなしをすれば間違いない!】という究極のスタイルを伝授。シンプルで、普遍的、上質な素材で、色を制御した、都会的で洗練された言わば最後のスタイル「LAST STYLE」を紹介します!

一着あるといろんな冬コーデで活躍してくれます!

新連載「干場編集長のスタイルクリニック」略して【スタクリ】。第24回目は「チェスターコート」。クラシック路線が続く中、確かに1着は持っておきたいコートですが、その選びの極意とは?

英国クラシックを象徴するチェスターコートは、クラシック人気が続く中、筆頭人気といっても過言ではありませんが、それだけにセレクトを外したくないものです。

「まず、正式な呼び名を覚えておきましょう。チェスターコートは略語で、正式にはチェスターフィールドコートと呼びます。特徴はジャケットのようなラペル。まぁ、正確には色々と条件があるのですが、今回その辺りは割愛で」

その特徴であるラペルがクラシックな雰囲気をアピールしますが、とはいえ昨今はカジュアルで合わせる人が増えているよう。

「正統派として着るなら、もちろんスーツと。きっちりタイドアップしたスーツに合わせることでクラス感がアップし、すごくカッコいいです。より威厳を求めるなら、シングルよりダブルがオススメ。しかし、最近はニットやスニーカーと合わせて、カジュアルダウンすることも当たり前になりました。そもそもはクラシックコートの象徴とあって、カジュアルを格上げしてくれる効果がありますしね」

兼用が可能とあらば、コスパ的にもうれしいところ。とはいえ、なんでも兼用可能というわけでもないようです。

「注目して欲しいのが肩周り。カジュアル化に伴って、パッドの入っていないナチュラルショルダーを採用するチェスターコートが増えています。つまり、やわらかな仕立てということです。カジュアルと併用するなら、そんな1着を狙いましょう」

さらに気をつけたいのが素材選び。今回は天然素材を採用するチェスターコートを集めてきました。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE