FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 得するクルマ生活

未来の名車確定!V8自然吸気のレクサスIS500がアンダー1000万円で手に入る幸せ

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

レクサスは、FRスポーツセダン「IS」に、排気量5.0リットルのV型8気筒エンジンを搭載した「IS500 Fスポーツ パフォーマンス」を追加、8月25日より日本国内に導入すると発表した。

これまで、レクサスISのスポーティグレードといえば「F SPORT」であったが、今回設定された「F SPORT パフォーマンス」は、それを遥かに凌ぐ性能をもつ新グレード。一見すると普通のセダンだが、中身は怪物級のスポーツマシンであり、クルマ好きをワクワクさせるモデルに仕上がっている。もはや絶滅危惧種ともいえる大排気量ハイパワーセダン、「IS500 Fスポーツ パフォーマンス」の詳細をご紹介しよう。

 

■最高出力・最大トルクともに、1.5倍近いパワーアップ!!

レクサス IS500 Fスポーツ パフォーマンス最大の注目ポイントは、やはり大排気量のエンジンだろう。搭載されるV8エンジンは、最高出力481ps/7100rpm、最大トルクは535Nm/4800rpmにもなる。トランスミッションは、8速スポーツダイレクトシフトオートマチック(8 Speed SPDS)を採用、北米向けの同車のデータでは0-60マイル(約96km/h)加速は4.5秒を誇る。

エンジン本体のハイトが高いV8エンジンを載せるため、ISに対し、ボンネットフードは5センチほど高くデザインされている。

通常のIS F SPORTに搭載されているのが、3.5リッターのV6 NAエンジン(最高出力318ps/最大トルク380Nm)であるので、最高出力・最大トルクともに、1.5倍近いパワーアップをしたことになる。しかもAWDの設定がなく、後輪駆動のみだ。

最高出力481ps/7100rpm、最大トルク535Nm/4800rpmにもなる5L V8 NAエンジンを搭載。トランスミッションは、8速スポーツダイレクトシフトオートマチック(8 Speed SPDS)を採用する。

低く、なだらかなエンジンフードであるISに対し、IS500は明らかにエンジンフードの盛り上がりが大きい。エンジン本体のハイトが高いV8エンジンを載せるため、ボンネットフードは5センチほど高く、彫刻のような深いキャラクターラインが入れられている。このキャラクターラインが、IS500のただならぬオーラを演出している。

IS500専用デザインのフロントフェンダーパネルや、フロント/リアバンパーガーニッシュ、専用ブラックキャリパー、4連エキゾーストマフラーなどを装備。

そのほかにも、専用デザインとなるフロントフェンダーパネルや、フロント/リアバンパーガーニッシュ、専用ブラックキャリパー、4連エキゾーストマフラーなど、迫力は満点。IS500用に、AVSやEPSのチューニングもされており、リヤにはパフォーマンスダンパーも追加、ドライビングプレジャーをさらに引き上げている。また、フロントには356mm、リヤに323mmの大径ブレーキーローターを採用、制動力も向上させている。

 

■年間5万台以上のレクサス車が売れる日本市場

LEXUSによると、2021年1~12月の全世界販売実績は、760,012台(前年比 106%)と、昨年実績を上回る回復基調となったという。特に、ES、RX、UXのハイブリッドモデルが好調で、電動車の年間販売は過去最高の約26万台(前年比 110%)となった。主要地域別の販売実績は、北米が約33.2万台、中国が約22.7万台、欧州が約7.2万台、そして日本が約5.1万台、中近東が約2.8万台、東アジアが約3.0万台だ。

北米と中国市場がメインマーケットのレクサスではあるが、日本市場でも5万台を超える市場規模となっている。この手の大排気量ハイパワーセダンの需要が少ない日本にこのIS500を導入したのには、レクサスブランドのイメージを確立し、日本での影響力をより高めていきたい、という狙いがあるのだろう。いずれにせよ、クルマファンとしては喜ばしいことだ。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE