FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
FASHION

年を重ねて新たな魅力が。小池徹平の変遷アルバム。

変わらぬ爽やかさが素敵です

甘いルックスに存在感のある演技、舞台やドラマで役者として活躍しながらも、シンガーソングライターとしての一面も持つ、多彩な活躍で人気の小池徹平さん(36)

いつ見かけても整った顔立ちと爽やかな雰囲気は健在で、いつまでも若々しい印象ですが、そんな小池徹平さんも36歳、いわゆるアラフォーと呼ばれる年代だというのだから驚きです。そこで今回は、小池さんの昔から今に至るまでの変遷を辿り、年を重ねるごとに違った魅力を獲得していくその姿に迫ります。

2008

©Getty Images

まずは2008年ごろの写真です。この頃の小池さんはドラマ『シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜』で主演を務めていました。はっきりとした大きな目にキュッとした口元と、「少年にしか見えない超童顔刑事」という設定の主人公を任されたのも納得な、可愛らしさど真ん中のルックスですよね。

グレーのチェックのジャケットに、グレーのシャツをグレーのネクタイを合わせた、明るいトーンのオールグレーのワントーンコーデが優しく、落ち着いた雰囲気を演出しています。当時の流行を感じるヘアスタイルもよく似合っていますよね。

2011

©Getty Images

続いては2011年の一枚。キラキラした目に歯を見せたはにかみという表情がとても爽やかですね!

こちらは、小池さんが生瀬勝久さんと共にダブル主演を務めた映画『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』のコスチュームに身を包んだショットです。スーツ姿ひとつをとっても、新入社員役が似合うフレッシュな若々しさを感じますね。淡いピンクの上着が、小池さんの可愛らしい雰囲気によく似合っています。

2012

©Getty Images

お次は2012年、コーデの大人っぽさと可愛らしさの絶妙なバランスに目がいくお写真です。ブラウンのレザージャケットというエレガントなアイテムに、襟ぐりの広いシャツをインナーに合わせた、健康的な肌見せが演出された色気の感じられる着こなしです。

ただ無骨なコーデに仕上げるのではなく、ジャケットとシャツの間に淡い色合いのカーディガンを足すことで甘さがプラスされ、小池さんの柔らかな雰囲気と好印象なコーデになっていますね!

2018

©Getty Images

最後は2018年の写真です。シンプルな服装でも、全体の雰囲気からこれまでとは違ってフレッシュさや可愛らしさ以上に大人っぽい色気が伺えるようになってきました。どんな時でも変わらないチャーミングな笑顔は健在ですが、目尻に寄るシワが、愛らしさ以上にかっこよさを際立てているように感じます。それでもこれで32歳というのはなかなか信じられません……。

 

従来のイメージ通りの爽やかな好青年……だけではない少し毒のあるキャラクターを演じることも多くなった小池さんですが、そのギャップがまたたまりませんよね。年を重ねて新たな魅力を得ていくと同時に、役柄にも幅が増え、一層味のある男性としての魅力が増す小池さん。今後の活躍も目が離せそうにありません!

Text: celebrity watchers☆MS



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE