FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH 男の格が上がる腕時計の選び方

「デイトジャスト」はロレックスの哲学を最も体現した時計

男の品格を左右する重要な小物、それは腕時計。どのブランドのどんなデザインの腕時計を身につけるかで、その人の世界観や美意識、生き様が垣間見えてきます。一方女性は、男性の腕時計をどう捉えているか。内心、どのような腕時計を身につけて欲しいと考えているのか?「ロック福田の腕時計魂!」「腕時計羅針盤」など腕時計コンテンツが大充実のFORZA STYLEが、大人の男の時計選びをアドバイスしていきます。

王道中の王道ROLEX。日本一、いや世界一知名度が高いロレックスですが、みなさんはロレックスのこと、ちゃんとご存知ですか?

なんとなくカッコイイから、資産価値が高いからと言って選ぶのはもったいない。なぜなら大人の男性にとっては身に着ける腕時計はご自身のステイタスとも直結します。

このコラムでは知っているようで知らないかもしれないことや、改めてロレックスの良さを実感できる。そんな豆知識をお届けします。

ロレックスが腕時計の歴史に功績を残した3大発明といえばオイスターケース、パーペチュアル、そしてデイトジャスト機構ですよね。

#腕時計魂でのka.mi6768さんの投稿

最初の発明は1926年に発表された、頑丈さと高い防水・防塵性能を備えた「オイスターケース」。牡蠣(かき)が硬い殻を備えていることから名付けられています。翌27年にはイギリス人女性メルセデス・グライツさんがオイスターを着用してドーバー海峡を泳ぎ、この時計の優れた性能を証明したんですね。

2つ目の発明は1931年の「パーペチュアル」。両方向に回転するローターを備え、ゼンマイを自動で巻き上げる機構のことですね。これにより、手巻き式時計における巻き上げの手間や、内部が汚れるリスクを軽減されました。

そして今回は3つ目の発明である「デイトジャスト機構」についてご紹介します。

デイトジャストは、午前0時に瞬時に日付が切り替わる機能です。いまでは当たり前になった機構ですが、当時は大変画期的だったのです。

instagramでのlondonjewelersさんの投稿

デイトジャスト機構が発明された1945年はロレックスの創業40周年であり、デイトジャストの発明によって、ロレックスが掲げてきた実用腕時計があるひとつの完成形を迎えたと称されています。(言うまでもなく、この機構を装備したモデルには、『デイトジャスト』という名前がそのまま使用されています。)

※ちなみに1945年の発表当初はまだ時間ピッタリに切り替わる仕様ではなく、0時にむけて徐々に日付が切り替わるものでした。

デイトジャスト機構が完成して特許を取得したのは1950年代の半ばで、当時のデイトジャストに搭載された自動巻きムーブメントCal.1065からだったとされています。つまりデイトジャストが誕生してからおよそ10年後のことだったのですね。


#腕時計魂でのsato_shik202さんの投稿

そして忘れてはいけないのが、デイトジャストはデザイン面でもとても革新的だったということ。それまでのスモールセコンド(秒針が別の小ダイヤルで稼働)からセンターセコンド(中三針)を採用し、日付も左手首に着けた際に袖口から確認しやすいよう3時位置に小窓を配置したことで、紳士用腕時計の新たなスタイルを作りだしました。


#腕時計魂でのnao_fashion1961さんの投稿

実用腕時計の完成形となった『デイトジャスト』には、ロレックス3大発明のすべてが搭載されておりロレックスの哲学を最も体現したモデルと言えそうですね。

ちなみにこちらは数十年前のデイトジャスト。現行モデルと比べると随分雰囲気がちがいますよね。デイトジャストはデザインも時代に合わせて進化しつづけていますね。

Text:FORZA STYLE



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE