FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
WATCH 男の格が上がる腕時計の選び方

いくつ知ってる?意外と知らないかもしれないロレックス用語その②

男の品格を左右する重要な小物、それは腕時計。どのブランドのどんなデザインの腕時計を身につけるかで、その人の世界観や美意識、生き様が垣間見えてきます。一方女性は、男性の腕時計をどう捉えているか。内心、どのような腕時計を身につけて欲しいと考えているのか? 「ロック福田の腕時計魂!」でもおなじみ、マルちゃんことメンズファッションライターの丸山尚弓が、大人の男の腕時計選びをアドバイスしていきます。

王道中の王道ROLEX。日本一、いや世界一知名度が高いロレックスですが、みなさんはロレックスのこと、ちゃんとご存知ですか?

なんとなくカッコイイから、資産価値が高いからと言って選ぶのはもったいない。なぜなら大人の男性にとっては身に着ける腕時計はご自身のステイタスとも直結します。

今回はロレックスファンならばきっと詳しい方も多いとは思いますが、904Lステンレスや、エバーローズゴールドなど、ロレックスが使用する素材について改めておさらいができたらと思います。ロレックスはデザインの完成度も素晴らしいですが、素材へのこだわりも徹底していますよね。

それではさっそく見ていきたいと思います!

1.904Lステンレス


#腕時計魂でのaki__jackさんの投稿より

ロレックスといえば、やはりステンレススティールのスポーツモデルが大人気ですね。904Lステンレスは、貴金属に匹敵するほど耐蝕性に優れた904Lという窒素を含んだステンレススティールです。

ロレックスのオイスターケースの素材となっているため、「オイスタースチール」とも呼ばれます。しかし堅牢な904Lステンレスといえど、定期的なメンテナンスや使い方を間違えると変形したり錆びたりするのでご注意くださいね。

ちなみに904Lステンレスに関して詳しい解説はこちらの記事から読めます♪

2.エバーローズゴールド


#腕時計魂でのtakun410さんの投稿より

2005年に発表されたロレックスが独自に開発し、特許を取得しているピンクゴールド素材です。このエバーローズゴールドは何が普通のピンクゴールドと違うのかというと、一般的なピンクゴールドと比べて変色しにくいという点があります。「ever(エバー)」というのは「ずっと・常に」という意味なので名前の通りですね。

ロレックスのピンクゴールドを使用した現行モデルは全てにこのエバーローズゴールドが使用されています。


#腕時計魂でのnomc117さんの投稿より

ロレジウム:ロレジウムとはロレックスが作った造語の一つで、ロレックス(ROLEX)+ステンレス(SS)+プラチナ(PLATINUM)を組み合わせたもの。ヨットマスターのref.16622のようにステンレスとプラチナのコンビモデルを指します。

3.ロレゾール


#腕時計魂でのnumber_88_88さんの投稿より

ロレゾールもロレックスが作った造語の一つで、904Lステンレススティールと18Kゴールドを使用したモデルを指します。1933年にロレックスが特許を取得しており、当時においては非常に斬新なデザインでした。

ちなみに現在ではそのほかの金素材との組み合わせもロレゾールとされており、ゴールドの色によっての呼称が違います。

■イエローロレゾール
イエローゴールドとステンレススティールのコンビネーション。


#腕時計魂でのd_watchfinderさんの投稿より

■エバーローズロレゾール
エバーローズゴールドとステンレススティールのコンビネーション。


#腕時計魂でのgmt2.submarinerさんの投稿より

■ホワイトロレゾール
ホワイトゴールドとステンレススティールのコンビネーション。ホワイトに限ってベゼルのみがゴールド製で、ブレスレットとリューズなどはステンレススティールとなる。


#腕時計魂でのkuro_r32_20210909さんの投稿より

今回はロレックスが使用するこだわりの金属素材についての解説をお届けしましたがいかがでしたでしょうか。

また次回もへぇ~と言っていただけるロレックスの豆知識をお届けしたいと思います。

丸山尚弓(まるやま なおみ)
もっと日本に素敵な男性が増えたらいいな♥との願いからメンズファッションライターとして活動中。


ロック福田の腕時計魂!では、取材する度にどんどん欲しい腕時計が増えて困っています(嬉しい悲鳴)。
取材の様子や、楽しいオフショットをたくさん載せています。

もしよかったらぜひ、Instagramもフォローをお願いします!



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE