FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

【BMWやJeep】いま日本で売れている人気外車ランキング。意外なあの車も?

説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

2021年はフォルクスワーゲンが大躍進!

今回は日本自動車輸入組合(JAIA)が発表した2021年第3四半期『外国メーカー車モデル別新車登録台数トップ20の推移』のデータをもとに、”いま日本で売れている人気外車トップ20”を見て行きましょう。

半導体など資材不足等による減産の影響を加味する必要があるので、補足的に第2四半期のデータも加えています。世はいまだ自粛傾向とはいえクルマ談義は場所を選びません。ではスタート!

【2021年第3四半期トップ20】※( )内は第2四半期
1位 BMW ミニ 4562台(1位 3723台)
2位 VW ゴルフ 3081台(2位 2394台)
3位 BMW 3シリーズ 2488台(3位 2247台)
4位 VW T-Cross 2103台(6位 1964台)
5位 Jeep ラングラー 2036台(8位 1777台)
6位 VW T-Roc 1972台(4位 2194台)
7位 VW ポロ 1914台(10位 1663台)
8位 メルセデス・ベンツ GLB 1622台(11位 1530台)
9位 Volvo 40シリーズ 1617台(9位 1726台)
10位 Volvo 60シリーズ 1591台(7位 1841台)

BMWミニは3ドアハッチバックからクロスオーバーまで5つものモデルバリエーションがあるとはいえ、外車に対する不安を押しのけ、2018年第2四半期からトップの座に君臨。このBMWミニの牙城を過去に揺るがすことができたのはVWゴルフだけです。

第8世代となるその新型VWゴルフですが、諸事情から日本への導入が遅れ第2四半期から戦列復帰。今後はモデルバリエーションが増えプラス要素は増えますが現状約1500台もの溝があります。

トップ10にTクロスやTロックといったSUVがランク入りするVW。2021年は輸入車第2位がほぼ確定。何気にポロも健闘していますが、やはり大きくなったゴルフよりサイズ感が選ばれる理由でしょうか。

ジープブランドのアイコン、ラングラーが不動の強さを発揮しています。ボルボは2車種ほぼ同数ですが、価格レンジを考えると顧客がしっかりついてきている印象です。こうしてふかんすると、メルセデスSUVはGLBだけなのが意外でした。続いて11位から20位です。

【2021年第3四半期トップ20】※( )内は第2四半期
11位 Audi A3シリーズ 1582台(13位 1362台)
12位 BMW 1シリーズ 1495台(18位 1165台)
13位 メルセデス・ベンツ CLA 1452台(12位 1388台)
14位 メルセデス・ベンツ Gクラス 1359台(16位 1283台)
15位 メルセデス・ベンツ GLE 1339台(圏外)
16位 フィアット 500 / 500C 1317台(15位 1309台)
17位 メルセデス・ベンツ Aクラス 1313台(5位 2082台)
18位 BMW 2シリーズ 1150台(圏外)
19位 メルセデス・ベンツ Sクラス 1101台(14位 1359台)
20位 Jeep レネゲード 1054台(20位 1068台)

輸入車業界万年4位のアウディですが、ランキング入りしたのはA3シリーズだけ。ちょっと寂しいですね。将来的には上級モデルしか残さない方針だといわれますが、A4シリーズより格上のモデルが売れていない印象です。

さて、トップ10だけ見れば意外と売れていないな~と感じさせるメルセデスSUVですが、本格的クロスカントリーSUVのGクラスの存在が際立ちます。公式HPを見ても車両価格にたどり着かない高額車両。世界的に見ても日本人が一番愛するメルセデスかもしれません。

ブランド単位で検証すればその印象も変わるのでしょうが、モデル別に見ればコレが直近半年(令和3年度前半戦)のリアルな戦績となります。嗜好品的傾向が強い輸入車だけに売れているクルマが相性ピッタリとは限りませんが、ひとつの参考データとしてクルマ選びや交渉時にお役立ていただければ幸いです。

Text:Seiichi Norishige



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE