FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
LIFESTYLE NEWS

百貨店初! 三越伊勢丹直営の常設「買取・引取サービス」で気軽にSDGs!

伊勢丹新宿店本館7階に買取・引取相談窓口「i’m green(アイム グリーン)」登場

「もったいない」意識や世界的なサステナビリティ活動などにも背を押されて、フリマアプリの盛り上がりや古着屋ブームを例に挙げるまでもなく、中古品を売買する“二次流通”は私たちの生活の中に根ざし始めています。そんな中、三越伊勢丹が、百貨店初となる百貨店直営の常設買取・引取相談窓口「i'm green(アイム グリーン)」を10月1日より本格スタートしました。

1年で約2,000件の利用実績を記録した買取・引取サービス

三越伊勢丹は、「使われなくなった品物を買取・引取し、次に繋げるサービス」として、昨年、日本橋三越本店新館7階に検証店舗をオープン。利用した人からは、「百貨店が運営しているサービスなので、安心して託せる」という声が多く寄せられ、40~60代を中心に、1年で約2,000件の利用実績があり、買取金額は計画比の約130%を記録。一度利用した人の約30%がリピーターとして再度利用したそうです。

買取商品(一例)

来店は即日査定で、買取・引取を相談しながら決められる

買取・引取相談窓口「i'm green(アイム グリーン)」は、具体的には、衣料品、バッグ、時計、宝石、骨董・美術品などを三越伊勢丹が預かり、専属の三越伊勢丹のスタイリスト(販売員)が相談を受けながら最適な方法を提案。

買取った商品は、提携先を通じて売却され、引取った衣料品の一部は、資源としてリサイクル(日本環境設計のサプライチェーンにてリサイクル)する方法も提示し、大切な品物を責任をもって未来に繋げる場所へと送り出します。

アイム グリーンの循環図

外商顧客には出張買取サービスも

10月からの新宿店のオープンに伴い、一部のお客さま限定で家具・家電の買取・引取のテストトライを開始するなど、“捨てる”選択肢をなくすべく、取り扱いアイテムや資源の活用方法の幅を広げていく予定だそうです。

また、今後対応できるアイテム範囲の拡大を検討。また、将来的には買取できずに引取になった品物を、学校法人などの外部団体と協業し、リメイクやアップサイクルなど、三越伊勢丹のフィルターを加えて、廃棄ではなく、新しい価値を持つものに生まれ変わるような取組にも進化させるなど、さまざまな形を模索中。「眠っている持ちものから未来を創る」サービスの広がりに期待が高まります。

【問い合わせ】
三越伊勢丹
アイム グリーンホームページ



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE