FORZA STYLE - 粋なダンナのLuxuaryWebMagazine
CAR 得するクルマ生活

【まずは負傷者確認】交通事故を起こしてしまった時、すぐにやるべきこととは。

安全装備や自動運転でますます高額化している現代のクルマ。上手に購入する方法は? さらに、所有してからも様々なトラブルやアクシデントが起きるのがカーライフ。それら障害を難なくこなし、より楽しくお得にクルマと付き合う方法を自動車ジャーナリスト吉川賢一がお伝えします。

交通事故を起こしてしまった……。事故直後は、誰もが動揺してしまう、交通事故。加害者であればなおさらのことです。しかし加害者こそ、直後の冷静な行動が大切。交通事故を起こしてしまったらどうすればいいのか。

 

■負傷者の救護が最優先!

交通事故を起こしてしまったら、まず真っ先にやるべきことは、負傷者の確認です。負傷者がいる場合は、負傷の程度を確認しつつ、状況に応じて救急車の手配や応急処置を行いましょう。

負傷者がいれば、負傷者の救護が最優先。落ち着いて救援要請を

救急車が到着するまでの間、ケガを悪化させる可能性があるため、むやみに負傷者を動かすことは避けた方がよいのですが、二次被害を招く可能性があるときは、負傷者を安全な場所に移します。また、クルマも邪魔にならない安全な場所へ移動しましょう。事故によりクルマが安全な場所に動かせないときは、ハザードの点灯や発煙筒を使って他のクルマから事故車両を認識しやすくし、被害が拡大しないように配慮する必要があります。

 

■必ず警察へ届け出る

負傷者がいない、小さな規模の事故であっても、事故を起こしたら必ず警察へ届け出る必要があります。被害者から「被害も少ないし、急いでいるので警察に届けなくてよいです」と言われても、警察への届け出は義務ですので、必ず行ってください。

どんなに小さな事故でも、事故を起こしてしまったら必ず警察に届け出ることが必要

被害者がケガをしている場合は、人身事故扱いとなり、実況見分が1~2時間程度かけて行われますが、実況見分で話した内容は、その後の示談交渉や刑事裁判において、重要な証拠となります。そのため、できる限り一緒に立ち会い、事故時の状況を正確に警察官に説明してください。記憶があいまいな場合も、推測で話したり、相手の主張を鵜呑みにしたりせず、きちんと真実を自分の言葉で説明するようにする必要があります。

知らない土地で事故を起こしてしまうと、警察に連絡する際や、救急車を手配する際、現場の場所が説明できない、と焦ってしまうかと思いますが、現在は、GPSを搭載したスマートフォンであれば、通報と一緒に位置情報が自動で通知されるため、住所の確認は不要です。GPSで位置情報の通知ができない場合は、住所表示が記載されている自動販売機や電柱を探し出し、住所を伝えましょう。地名が書かれた道路標識や信号機なども目印として有効です。

 

■相手の連絡先と保険会社を共有

事故後は、お互いの連絡先と任意保険の保険会社を共有する必要があります。連絡先は、携帯番号は直接その場で交換し、免許証や、保険証書に記載の保険会社名、証明書番号、クルマの登録ナンバーはスマートフォンのカメラで撮影しておくと簡潔に間違いなく情報を残すことができます。

事故後の交渉は、保険会社の担当者や代理人が窓口となるため、被害者と直接話す機会はほぼありません。その場で被害者に誠実に謝罪を行っておきましょう。この時示談交渉や金銭のやり取りなど、被害者と加害者との間で個別に進めないようにしてください。保険会社や代理人が法律やルールに沿って適切な手続きを行ってくれるので、任せた方がトラブルを避けることができます。

 

■現場の状況を記録しておこう

事情聴取は、事故から数日後にも行われる場合があります。事故時の記憶が薄れることを抑制するため、自分でも事故直後の現場の写真や動画を手持ちのカメラやスマートフォンで記録し、記憶を整理しておきましょう。車線数や、道路の幅、道路標識、横断歩道、信号の有無などは状況説明がしやすい材料となるため、写真やメモに特に残しておくとよいでしょう。

また、被害者と加害者とで意見に食い違いが生じる場合があるため、場合によっては、交通事故当時の通行人の方に、必要な時に証言をしていただけるようにお願いをし、連絡先を聞いておく、ということも有効です。

ドライブレコーダーだけでは、足りない情報もある。重要な証拠は、スマートフォンなどでも記録しておこう

筆者は、「ドライブレコーダーがあるからいいや」と、現場の状況を記録しておかなかったのですが、ドライブレコーダーには死角があったために必要な情報が十分得られず、大変困りました。普及が進んでいるドライブレコーダーですが、その場で映像を確認することができなければ、死角があることも考慮し、必要な情報は記録しておいた方が安心です。

 

■医師の診断・治療を受診する

交通事故の直後は軽傷だと思っていても、後になって意外に重篤なケガだった、という場合もあります。軽傷であっても、負傷している、もしくはその可能性があるならば、速やかに医師の診断や治療を受けるようにしてください。診察の内容に疑問を感じる場合は、何度も診てもらったり、場合によっては他の病院で診てもらうことも必要です。この時、通院する病院や通院日などの情報を保険会社に連絡しておくと、医療費の支払いがスムーズに進みます。

 

■まとめ

どんなにベテランドライバーでも、どんなに注意をしていても、ハンドルを握る限り、交通事故を起こしてしまう可能性はあります。万が一事故を起こしてしまったら、まずは人命を優先し、誠意をもって被害者と向き合い、できるだけ冷静に対処するよう、心がけましょう。

Text:MMM Production,Tachibana Kazunori
Photo:AC
Edit:Takashi Ogiyama



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE