FASHION 大人の男のスニーカー選び

【疲れないスニーカー選び】快適さをもたらす、見逃せないチェックポイント2つ。

男にとって「永遠の相棒」といえばスニーカー。とはいえ若い頃と同じ選び方、履きこなしを続けていないだろうか? 古臭いチョイスやコーディネートは、とたんに「オッサン」感を倍増させるもの。「洗練見え」する、大人の男のためのスニーカーの選び方、履きこなしの正解を伝授する。

毎日倒れそうなほど暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか? 暑すぎて一歩も外に出たくない!という日もお仕事や予定は待ってくれないのが夏の大変なところですよね。

こんな時期でも暑さにめげず足元までおしゃれしたけど、疲れてもう動けない……なんて事態はさけたいのが男ゴコロ。

ということで本日ご紹介したいのが、夏でも疲労知らずの快適スニーカー。どこまででも歩いて行ける、おしゃれと機能性の両方を叶えるスニーカーの選び方とをお教えします。スニーカーの購入を考えている方々はぜひご参考にしてみてくださいね。

外せないのがクッション性

まず大切なのが、やっぱりクッション性です。買うときはついついデザイン性で選んでしまいがちですが、ちょっとしたお出かけのときに履いても疲れないものを選ぶことが長く履けるポイントになります。

1万4300円/プーマ(プーマ お客様サービス)

ということはクッションが厚ければ厚いほど良いのかというと、実はそうでもないんです。クッションの厚みが増すにしたがって重さも重くなっていきます。「クッションはふかふかだけど肝心の靴が重いかも……」なんて勘弁ですよね。

なので、購入時は実際に履いてしっかり自分に合うか確認してみてくださいね。

意外と重要! 靴ひも穴も要チェック

そして意外と盲点なのが、靴紐の穴。メーカーやラインナップごとに靴紐の穴の数や位置は異なりますが、そこまで気にしていなかった方が多いのではないでしょうか。

実はそれ、とっても勿体ないんです。靴紐の穴がきっちり上まであるものだと足にしっかりフィットしてくれるのでストレスなく歩くことができます。

1万6000円(税抜)/アシックス×レイニング チャンプ(アシックスジャパン お客様相談室)

さらにランニング時にも履けるスニーカーだと、通常の靴紐穴に+αで一番上に穴があることも。購入時はここまで靴紐が通されていないことがほとんどですが、全てしっかり靴紐を通すことでタイトな履き心地が好みの方にとってかなり快適シューズに変化します。

勿論タイトに履きたいかゆるっと履きたいかも千差万別なので、それも含めて購入時に試してみるのがおすすめです。

©Getty Images

いかがでしたか? こだわりのデザインに加えて①クッション性②靴紐の穴にも注目して暑い夏にも負けないスニーカーライフを送ってくださいね。

平日のお仕事も休日のおでかけも、疲れ知らずのスニーカーでおしゃれに快適にキメちゃいましょう!



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE