PR PROMOTION

「ネオヒーラー」を干場が体験!トップアスリートの間で話題のマッサージ。

Sponsored by intention

 

おや、干場編集長。#今日も撮ってる ようですね。

ですが、カメラが止まった瞬間になんだか浮かない表情?

「ちょっと腰が……。腰と首、あとむくむんですよね。腰はパンパンだし、顔もパンパン。サングラスかけてなんとかごまかしているような……」

ワーカーホリックな干場。疲れが溜まりに溜まってしまい、今日の撮影は自らの仕上がりに、いまひとつ納得していない様子。

「そうだ! 実は今日このあと、トップアスリートの間で評判になっているらしいマッサージを体験予約してるんですけど、先にそれ受けてきてもいいですか? なんか凄いところみたいだから、一緒に行って動画も撮りましょうよ。うん、それがいい! そうと決まったら早速行きましょう!」

決断の早い干場。そしてよくワケもわからないまま後を追うスタッフ……。

そんな突然の訪問を、優しい笑顔で出迎えてくださったのはスポーツトレーナーの寺尾隆宏さん。

「今日ここで、凄い施術が受けられるって聞いたんですが……。腰も首もボロボロで、むくみもひどくて。僕いま48歳なんですが、体内年齢は68歳、いや70歳ぐらいなんじゃないかな? この身体なんとかしてもらえませんか?」

「確かに辛そうですね(笑)。わかりました、おまかせください」

見るからに健康的な印象の寺尾さん、実はリオ五輪の陸上400mリレーで銀メダルを取った、飯塚翔太選手の専属トレーナーを務めています。そしてご自身も現役のランナーとしてさまざまな大会に出場しているとのこと。

専属となって4年め。いままさに、飯塚選手の東京オリンピックでの勝利を目指して、最終調整のまっただ中。そんなお忙しい方が、わざわざ時間を割いて干場の施術をしてくださることに!

施術台にはなにやらいろいろ置いてありますが、ひときわ目を引くのはこちら。

ベルのような形をした、手のひらサイズの金属製のもの。「なんですかこれ?」

「ちょっと失礼しますね」

そのベルのようなもので、干場の腕を擦ったり、ツボを押したりし始めた寺尾さん。しかもスーツの上からさすったり、ぐいぐい押したりしています。

「うわぁ、なんかすごい効く〜。奥に入るぅ〜! なんですかこれ!?」

「これは、ネオヒーラーというマッサージツールです」

なるほど、計算されたこの独特の形状で、身体中にあるツボをぐいぐい押すことが出来るのか……。いえいえ、それだけじゃありません。

「このネオヒーラーからは、微弱電流が出てるんです」

「微弱電流? えっ? ここから電気が流れてるってことですか!?」

早速手にとった干場。でも何も感じない……。自らあちこち、さすったりぐいぐい押してみたりするとかなり気持ちいい……のですが、電気的な刺激はまったく感じません

「とくにビリビリもジリジリも何も感じないんですが……。あ、服の上からやってるからかな?」

「いえ、これは服の上からでもOKなんです。触っても何も感じませんが、実は服の上から使っている状態でも微弱電流が流れ、身体の奥の方まで働きかけているんです。それがこのネオヒーラーのすごいところなんですよ」

本当に電流が流れているの? 半信半疑な干場の目の前で、寺尾さんがなにやら実験を開始。

一般的な整体院やカイロプラクティックなどでの治療の際に、体に微弱電流を流すために使用するという機械を使って、ネオヒーラーと比較実験してみます。

まずは電流計を用いて、施術用機械の電流を計測。微弱電流のハイモードという最も高い数値に設定した場合、機器の数値は700マイクロアンペアと表示され、計測している電流計は0.8〜0.7を表示しました。(電流計の表示は0.7ミリアンペア=700マイクロアンペア)

700という数字で見るととかなりの電流のように思えますが……、1マイクロアンペア(μA)は、1アンペア(1A)の1000分の1であるミリアンペア(mA)の、さらに1000分の1。つまり1アンペアの100万分の1という、文字通り超微弱な、かすかな電流なのです。

施術用のヘッドを肌に当ててみても……何も感じません。

次にネオヒーラーを計測。こすったり、手のひらに叩きつけるようにしてからすぐに計測すると……。電流計は一瞬なんと1.9を記録! その後徐々に数字が下がり、0.5〜0.3前後で落ち着きました。

つまり1.9ミリアンペア(1900マイクロアンペア)の微弱電流がいったん流れてから、だんだんと数値が下がり、0.3ミリアンペア(300マイクロアンペア)くらいに落ち着いて、微弱電流が流れ続ける、ということのようです。

繰り返しになりますが、ネオヒーラーで押したりさすったりしても、ピリピリもチリチリも何も感じません。中にコイルが入っているので、広い面を叩くようにすると、中でコイルが振動しているのがわかるという程度。1.9ミリアンペアの電流が流れても、特段何か感じることはありません。

しかもこのネオヒーラー、人間の生体エネルギーで微弱電流が流れるしくみになっているため、人が触れていないと電流が流れないのです。つまりテーブルや棚などの上に置いてある状態や、バッグの中に入れて持ち運んでいる場合は、電流が流れていないのです。

などなど説明を聞いても、実際に触ってみても、にわかには信じがたい……。これは実際に施術してもらわなければ!

早速寺尾さんに施術をしていただくことに。

まずは違いを実感してもらい、目でも確かめるべく、頭の右半分だけ施術開始。

ご覧のように、タオルの上からネオヒーラーで擦っています。時折ツボと思われる箇所に押し当ててグイッと押すことはありますが、基本的には擦っているだけ。これで効果があるのでしょうか?

そしてわずか2分。干場の変化は!?

なんということでしょう! 向かって左側、つまり干場の右側だけ印象が大きく変わったような……!? イケメン度が3割くらい増した、かも!?

この違いを自分の目で確認し、激しい衝撃を受けた干場。一気にネオヒーラー、そして寺尾さんの手技に心酔。そのまま肩、腰、背中と全身施術を受けることに。

ちなみにネオヒーラーには、とくに決まった使い方はありません。気になる箇所をネオヒーラーで擦るだけで良く、子どもはもちろん、ペットにも使えるとのこと。

寺尾さんは、ギュッと奥までツボ押しするようなときは上側の、先端部の丸く出っ張ったところを使用。リンパなどを流すような場合はネオヒーラーを横に持ち、底面の円周部を使い、面で広い部分をさするような場合は、底面でこするように使っていましたが……、とにかくこれでさするだけ。服の上からでもOK、ネオヒーラー テック(小さい方)であればお風呂場でも使えるというのですから、なんて手軽!誰もがすぐに使えて、その効果を実感できるというのがネオヒーラーの素晴らしさ。

でも、今回はせっかく寺尾さんが直々に施術してくださるという貴重な機会。その効果をさらに実感していただくために、本気を出した寺尾さんが微笑みながら一言。

「それではアスリート施術、いきますね!

いきなり、ベッドの上に乗り、干場をまたぐようにして上からぐいぐい押す、押す、押す!!! 「え!? ちょ、ちょっと待って!イタタタタ〜!」

「痛いけど嫌じゃないですよね(ニッコリ)」

「わははぁ〜ん」
「イタイ、イタイ!!!」
「いや、イタイけど気持ちいい、でもやっぱりイタイ!」
「ちょっとコレ、マジでヤバい、SM!?」

こ……これはもしや、干場の新たな扉を開けてしまったかも? 悶絶しつつも、涙やヨ○レを流して喜びもだえる、レアな干場の姿。そして全身施術後のBEFORE⇒AFTERは、ぜひ動画でご堪能ください。

 

さてさて気になるお値段ですが、大きいほうが「ネオヒーラー」で価格は16万円(税込17万6000円)。小さいほうが「ネオヒーラー テック」で12万円(税込13万2000円)。

「ネオヒーラー」は大きさがあるので、背中や腰回り、太ももなど広い面を施術するのに最適。テックより重さもあるので、あまり力を必要とせずに、奥までぐいぐいとツボ押しができる点などでも人気です。

「ネオヒーラー テック」は突起部分が防水仕様となっています。そのため、シャンプー前後に頭にあてたり、オイルやジェルを使ってマッサージする、なんていう使い方も可能です。


左:ネオヒーラー テック 12万円(税込13万2000円)、右:ネオヒーラー 16万円(税込17万6000円)。

ちなみにここだけの話ですが、干場はもちろんのこと、干場の悶絶ぶりと施術前後の変化を目の当たりにした撮影スタッフも含め、撮影当日に「買います」と購入希望者が3名も!

担当者によると、「ハイヒールが履けないほどひどいむくみだった20代女性がハイヒールを再び履けるようになった」とか「朝起きて、枕の臭いが気にならなくなった」とか「ネオヒーラーを使うと暗い気持ちが晴れる」などの感想をいただいたことがあるのだとか。信じるか信じないかは貴方次第ですが……、気になりますよね。

そうは聞いてもやっぱり……結構なお値段です。本当に効くのか、一度自分で確かめてみたい? そんな方はWebサイトに掲載されているサロン https://neo-healer.jp/salon/(ネオヒーラー トレーニングクラスの取得者がいるサロンは日本全国に拡大中なんです)でお試ししてみてはいかがでしょうか? 

さ・ら・に! 実はこの10月、東京・恵比寿にネオヒーラーサロンがオープンする予定なんです。そのサロンでは、寺尾さんも監修に携わったネオヒーラーの施術が受けられるとのこと。お値段は1時間で9000円(税込9900円)。

ぜひあなたも、ネオヒーラーの素晴らしさを体感してみてください。

サロン情報は下記のHPにて随時更新される予定ですので、チェックをお忘れなく!

【提供元】
インテンション
https://neo-healer.jp/
※10月オープン予定のネオヒーラーサロンについてのお問い合せは、こちらへお願いします。

Video:Kenta Matsuo
Photo:Riki Kashiwabara
Text&Edit:Yukari Tachihara

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE