FASHION 干場の「エコラグ」

【マンリコ カシミヤのTシャツ】最高峰の着心地で、夏も冬も快適に。

エコラグ-Hoshipedia 「エコラグ」とは、エコノミック・ラグジュアリーの略。economic luxury。極めて経済的だが、上質さやエレガンスは失わないスタイルの意味。「多くの粗悪なものより少しの良い物を」という干場の哲学により生まれた造語。腕時計や靴・鞄、スーツのように長い年月使えるものは高額でも、白シャツや白無地のTシャツのように常に白いまま清潔に着たい消耗品は、高額なものよりもコストパフォーマンスを重視するというスタイル。パテック・フィリップの腕時計やジョン・ロブの靴と、カミチャニスタやデッコーロの白シャツ、GAPの白無地のTシャツは干場にとっては同じ。一点豪華主義とも違う。干場が敬愛するブルース・リー先生が提唱した無駄を排した最短の動き(エコノミック モーション)で相手を倒すジークンドーのように、経済的で盛り過ぎない、かつ無駄のないシンプルで上質なスタイルを指す。

世界最高のTシャツ現る!?

世界的に知られる数多くのラグジュアリーブランドのOEMなども手がける、1992年創業のカシミヤ素材を専門としたファクトリーがマンリコ(Manrico)社です。同社は創業当時から、すベてメイド・イン・イタリーにこだわって生産しており、最高品質の素材開発と革新的なカシミヤ製品を生み出すことに情熱を傾けてきました。

そのManrico社が満を持してスタートさせたのが「MANRICO CASHIMERE(マンリコ カシミヤ)」という名の自社ブランドです。こちらは、かの有名なイタリアン・モードの帝王が好んで着用していたTシャツに着想を得た一枚。カシミヤのTシャツというと日本ではあまりなじみがありませんが、実は素肌に着ると とても快適に過ごすことができるんです。

とはいえ、日本の高温多湿な気候では、時期によっては一枚インナーを挟んでしまうのは致し方ありませんが、このトロットロの着心地は人生で一度は味わっておくべき体験。きっと、やみつきになってしまうはずです。

カシミヤは、繊維自体に空気中の水分を吸放出して快適な湿度を保つように調整してくれる機能があり、夏は涼しく冬は暖かい自然の温度調節機能と吸放湿性、さらに消臭・速乾機能まで兼ね備えた自然界最高の天然機能素材。

非常に軽いウエイトと、カシミヤならではの極上の質感は、まさにTシャツの最高峰といえるのではないでしょうか。

何はともあれ、とにかく着用したときの肌触りが素敵過ぎ! 僕は黒を愛用しているのですが、一枚で着ても絵になるし、ライダースジャケットやテーラードジャケットのインナーとしても相性抜群。僕が知り得る限り、これは世界最高のTシャツかと……。控えめにいっても、間違いありません(笑)。


7万7000円/MANRICO CASHIMERE

【問い合わせ】
スピラーレ
03-5468-8548
MINIMAL WARDROBE

Photo:Ikuo Kubota(OWL)
Text:Toshiaki Ishii



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE