FOOD 洋食天国

新宿末廣亭の隣で愛され続けて75年、『ビフテキ家 あづま』で最強料理芸人が頼んだ「じゅうじゅう焼き」とは?

料理芸人のクック井上。による、“飲食店は開店してから、2年以内に半数が閉店に追い込まれる”というデータがある中、何十年もの間、お客に愛され続けてきた洋食屋さんを巡り、その想い、歴史、人、町を知る連載コラムです。

料理芸人のクック井上。です!
 “飲食店は開店してから、2年以内に半数が閉店に追い込まれる”というデータがある中、町には何十年もの間、お客に愛され続けてきた洋食屋さんがあります。
そんな老舗の洋食屋を巡り、その想い、歴史、人、町に触れる連載コラム【洋食天国】。

vol.16は、新宿三丁目『ビフテキ家 あづま』にやって参りました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

昭和21年(1946年)、第二次大戦終戦の翌年創業。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

新宿末廣亭の真横にある、老舗洋食屋さんです。

以前は、1FとB1で営業されていましたが、一昨年に改装して、現在はB1のみの営業になっています。しかし、その味と精神は以前と変わらず!
今回は、創業当時からある、オリジナリティ溢れるメニューを食べてみたいと思います。

“「もち豚のじゅうじゅう焼き」お願いします!”

特別に、厨房で調理シーンを拝見させていただきました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

熱したフライパンにマーガリンをひき、豚のロース肉を炒めます。食欲をそそる芳ばしい香りが辺りを包みます。程なくして、お肉に火が通ると、横で熱々に温めた鉄板へ移します。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

お肉の下には、ざく切りキャベツ! と、ここで熱々のまま席に運ばれるようですので、急いで戻りましょう。

“飛びますので、ナプキンをどうぞ”

ナプキンを衝立のように構えて、さぁ、いよいよクライマックス。湯気が立つキャベツとお肉の上から注がれるは、お店オリジナルの特製ソース!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

うわぁー、ひゃっほーい、いい音! そして、なんだこのそそる香りは♪ こりゃ反則ですよ。

ということで完成、『ビフテキ家 あづま』の代名詞ともいえるメニュー「もち豚のじゅうじゅう焼き」。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
もち豚のじゅうじゅう焼き(1210円)。ライス&カップスープのセット(220円)とともにオーダー。

せっかくですので、熱々のうちにいただきましょう。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

果肉たっぷりのソースがお肉に纏わりついております。それを、フーフーしてパクッ!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

なんと爽やかなソース! 酸味がきいていて、オニオンの旨味が十分で、お肉がさっぱり食べられます。そして赤身が多いロース肉なのに、とっても柔らかく仕上がっています。こりゃ、ご飯と合うぜ~!

と、お店の方からひと言。
“ビールともよく合いますよ!”

これは聞き捨てならないので、頼んじゃいました♡ まずは……ゴクゴク、ひと口飲んで喉を潤わせてからお肉をパクッ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ハイハイハイハイ、来ました。
ご飯泥棒として指名手配しておったのですが、ビール大泥棒として現行犯逮捕! 噛むたびに染み出るお肉の旨味×特製ソース、それをビールがより引き立てます。

さて、ビール大泥棒は、特製ソースを纏ったお肉だけではありません。その下にある、キャベツがこれまた最高!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

お肉が蓋となり、蒸し焼きにされたキャベツは甘く仕上がっています。そして、鉄板と接していた部分は香ばしく色づいていて、そのほろ苦さが良いアクセント。このキャベツだけで一品料理としてオーダーしたいくらい。ビールにも合うし、白ワインなんかにも合いそうだ。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

時折、味変でちょいとタバスコを振れば、またビールが進む!

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

と言いつつ、ご飯も進む♪ 無心で食べ進めて、気づけば最後の一口。こんな風に食べちゃいましょう。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

勝手に肉巻きおにぎりにしてパクり、最高ーっ! ご飯とビールが恋する「もち豚のじゅうじゅう焼き」完食です。

75年間愛される極上の一皿を生み出した、オーナーご夫婦、中山德次さんと曜子さんに、お店の歴史やお料理のことをお伺いしました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

── お店の成り立ちについて教えてください。
中山曜子さん
 元々はうちの母と祖母が(中野の)新井薬師で『東家(あづまや)』という食堂をやっていたんです。その後、母が新宿三丁目にステーキ専門店と食堂の2店舗出しました。

── お母さまは、その時代に経営者だったんですね。お父様はどのような方だったんですか?
中山曜子さん
 今でも新宿三丁目に交番がありますが、そこのおまわりさんだったんです(笑)。母は一人娘だったので、父は警察を辞めて養子に入り、調理の修行をしました。

── 素敵な馴れ初めですね。映画にしたいです。お隣は末廣亭ですが、噺家さんもよく見えられるんですか?
中山德次さん
 昔は林家三平師匠やこん平師匠。今でも正蔵師匠やたくさんの噺家さんが来てくださいます。

── 落語で疲れた身体を、『あづま』のお料理で癒すんですね。
中山德次さん
 師匠がお弟子さんを連れてきて御馳走して、そのお弟子さんが“いずれ自分も師匠になり、弟子に御馳走したい”と思ってくださるんです。まだ一つ目二つ目の頃から来ていたお弟子さんが、ちゃんと師匠になってお弟子さんを連れてくる。

── 感動ですね。もはや、噺家さんを支えるお店ですね!皆さん何を一番召し上がりますか?
中山曜子さん
 やっぱり「もち豚のじゅうじゅう焼き」が一番多いですね。正蔵師匠は野菜肉大盛り(笑)。
中山德次さん 「もち豚のじゅうじゅう焼き」は、簡単なように見えて、シンプルだから一番難しい。美味しくできるまで、結構時間かかりますよ。

── 大盛りにしたくなる気持ちわかります! 「もち豚のじゅうじゅう焼き」はシンプルゆえの難しさですね。お料理で一番大切にしていることは何ですか?
中山德次さん
 大事なのは素材と手間暇かける事。誤魔化さず正直に作ることかな。おかげで大して儲からないし楽にならないけどね(笑)もしかしたら、うちで一番美味しいのは水かも(笑)まじめな話、結構こだわっていて、水が美味しいとお料理は美味しくなるんですよ。

── 深いですね。そんなこと聞いたら、他のお料理も全部食べたくなってきました。「もち豚のじゅうじゅう焼き」以外に人気メニューは何ですか?
中山德次さん
 「ハンバーグ」や「オムライス」、あとカレーとナポリタンとカニクリームコロッケが乗った大人のお子様ランチ「あづスパ」かな。私も、うちのハンバーグ美味しいと思うよ。他と比べてもおいしいじゃんって(笑)。

茶目っ気たっぷりに、お店の歴史やメニューについてお話しいただきました。
今回は、末廣亭の高座にあがる噺家さんの喋りを支えていると言っても過言ではない、新宿三丁目『ビフテキ家 あづま』にお伺いしました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

最後に、中山德次さん、曜子さんご夫婦、そして店長であり三代目となる娘の智映子さんにも入っていただいて記念撮影。

本当にありがとうございました。

お店の歴史やエピソードを知ると、いつも以上にそのお店のお料理が味わい深く感じます。皆さんにも、歴史ある思い出の洋食屋さん、ありませんか? 日本人みんなの憧れの「洋食」という名の和食文化、まだまだ東京のあちらこちらに有りそうです。まだまだ巡って、その想いや歴史、人や町に触れたいと思います。

ビフテキ家 あづま
東京都新宿区新宿3-6-12藤堂ビルB1
03-3351-0188
営業時間 11:00〜22:30
無休
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。

Text:Cook Inoue
Photo:Takuji Onda
Edit:Takashi Ogiyama

クック井上。プロフィール
お笑いコンビ「ツインクル」のクック井上。です! 芸人でありながら、食のイベントMC・料理教室講師・食のプロデュース等も! ●フードコーディネーター●ホームパーティー検定●食育インストラクター●野菜ソムリエ●BBQインストラクター●アスリートフードマイスター●こども成育インストラクター●パエリア検定 など食に関する資格も多々あり。
Instagram Facebook オフィシャルブログ

 



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE