FASHION あなたの靴、見せてください!

【革靴の基本のキ! プレーントゥの#靴魂ポストから厳選】あなたの靴、見せてください!

靴を偏愛する こじラグ谷中が、さらに靴企画を充実させるべくスタートさせた「靴魂(くつたま)」! インスタグラムに#靴魂のハッシュタグを付けてポストされたソウルメイトの投稿から、独断と偏見、そして魂を込めて厳選! あなたの靴が見たいから〜。

じつはオンでもオフでも履ける、万能なシューズです!

いよいよ、新年度に突入。そして、時を同じくして あなたの靴を見せていただく企画「#靴魂」も無事 30回目を迎えることができました。

ポスト数も 4800を超え、次の31回目を掲載する頃には節目となる 5000投稿を達成し、さらなる飛躍を期待できそうです。これもすべて、いつも投稿してくださる読者の皆さまのおかげ、本当にありがとうございます!

ということで、第30弾は新年度にあやかって、基本のキである黒のプレーントゥシューズをピックアップします。

しかし、かつてビジネスシーンでは必携とされ、オフでも使い勝手が良いとされたプレーントゥも最近はキャップトゥ オックスフォード(内羽根のストレートチップ)の格式の高さ&使い勝手の良さに押され気味。

とは言え、やはり欠かすことができない重要な靴のひとつであることには違いないので、黒のプレーントゥシューズの投稿から素敵な5選をご紹介していきましょう!

ジョンロブの「べケッツ」

まずは、@kazuhiroodaさんの投稿から。

ジョンロブの「べケッツ」です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

#靴魂」企画でも 幾度となく紹介している、イギリスのジョンロブ。「キング・オブ・シューズ」と称されるブランドが放つ、ホールカットの定番がこの「べケッツ(Becketts)」です。

エレガントなカーブを描く美しいオックスフォードシューズに採用されたラスト(木型)は、ややロングノーズで甲は低めな#8000セミスクエアトウがポイントです!

ちなみに、「ベケッツ」の名前の由来は イギリスにあるシルバーストーンサーキットのコーナーだそうで、3つある高速S字カーブのコーナーは、1つめが「マゴッツ」、2つめが「チャペル」、3つめが「ベケッツ」なのです。

@kazuhiroodaさんは、プロフィールに「革靴にハマりつつある」とありますが、すでに名靴をいくつもお持ちで、どれも綺麗に磨かれて履かれていて素晴らしい!

福岡でもぜひ靴磨きの輪を広げていってください。コロナが落ち着いたら、きっと福岡に遠征させて貰います。

チャーチの「シャノン」

続いては、@kutsuzanmaiさんの投稿。

チャーチの「シャノン」です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

1873年に靴の聖地イギリス・ノーザンプトンで創業したチャーチの鉄板定番が「シャノン(SHANNON)」。

1970年に登場し、アイルランド西部の町の名に由来している「シャノン」は、ボリュームがあって丸みのあるトゥが特徴的なラスト#103を採用しています。

撥水性の高いポリッシュドバインダーカーフを使用したアッパー、さらにはトリプルレザーソールやストームウェルトで仕上げているためカントリー的な要素が強いのですが、そこは さすがのイギリス靴! 洗練されたドレス顔なので、オンでもオフでも使える汎用性を兼ね備えます。

「まだまだ固い」とある@kutsuzanmaiさんの「シャノン」ですが、重厚で耐久性あるから馴染むのには 少し時間を要するかもしれませんね。

ただ、オンでもオフでも合わせやすい万能モデルですし、ラフに履いても耐性があるので、ガシガシ使い込んでみてください。

そして手入れを繰り返せば、いつしか素敵な経年変化をして@kutsuzanmaiさんだけの「シャノン」に育つと思います。その経過をまたぜひ投稿してください。楽しみにしてます!

オールデンの53511

次は、@masa.eliasさんの投稿。

オールデンのコードバン、プレーントゥオックスフォード「53511」です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

2020年の#靴魂アクセスでは 第4位を獲得、アメリカントラッドの歴史とともに歩み続け、アメリカの靴文化とは切っても切れない老舗ブランドが「オールデン」です。

数ある名作を世に送り出している中でもシンプルなアッパーで、外羽根の6アイレットというアメリカンシューズらしさを存分に発揮しているダービータイプが「53511」。

アッパーはホーウィン社のブラックシェルコードバンで、土踏まず部分が絞られていて持ち上げられてるような履き心地を感じられるモディファイドラストを採用しているのが特徴です。

@masa.eliasさんの「53511」は、良いシワの入り方をしていますし、コードバンの鈍い輝きも たまりませんね。

そして、@masa.eliasさんもたくさん名靴をお持ちですが、どれも綺麗に手入れされていて素敵すぎます。ぜひこれからも美しく育て上げた愛用品たちをお披露目し続けてください。

三陽山長の「定四郎」

4人めは、@jungiletさんの投稿から。

三陽山長の「定四郎」です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

2000年に誕生したシューズメーカー「山長印靴本舗」が、1年の時を経て「三陽山長」と名称変更。紳士靴を中心にレザーアイテムを取り扱うブランドとしてスタートしました。

徹底した品質主義を掲げ、日本人の足型にあった、日本人のための革靴づくりで人気を不動のものとしています。

ちなみに、この「定四郎」は新宿伊勢丹メンズ館のみで取り扱っていた過去の逸品。オーソドックスな外羽根のプレーントゥですが、このシンプルさこそがどんなアイテムにも難なく馴染み、無駄な主張はしないけど存在感はあるという魅力を放ち、男心をくすぐってきます。

「鏡面磨きは雑にやった」と謙遜なさっていますが、綺麗に手入れされているのは一目瞭然。靴愛を感じます。

丁寧な解説付きのコーディネート紹介も素晴らしいので、良ければ#服魂をつけてポストしてください。きっとサトシーノが喜びます(笑)。

リーガルトーキョーのプレーントゥ(パターンオーダー)

最後は、@fkotsukaさんの投稿。

リーガルトーキョーでパターンオーダーしたというプレーントゥです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

日本の革靴文化をけん引してきた「リーガル」が、ハンドメイドによるビスポークシューズをはじめ、オーダーメイドシューズとレディメイドシューズを展開するのが「リーガルトーキョー」。

様々なパターンを組み合わせて作るパターンオーダー「REGAL Built to order system」を使い、No.50ラストを採用してオーダーしたプレーントゥですね。

自分の足の形により近い靴をオーダーできるのに、そこまで高額ではなく、約60日後には手元に届くのは嬉しいですよね。リーガルの底力を感じずにはいられません。

@fkotsukaさんは、プロフィールに「i love shoes」と記載されるだけあって、見事なラインナップ。そして、どの靴もよく手入れされて綺麗に履かれています。

パンツと組み合わせた投稿の数々も見事ですが、できればトップスとの相性も見てみたい。ぜひ今度はトータルコーディネートも拝見させてください!

と、一気に5足見てきましたが、どれもオーソドックスなデザインながら それぞれに違った表情があり、並べてみると面白いですね。じつは、こじラグ谷中も現在は黒のプレーントゥを持っていないんですが、#靴魂の投稿を追っているうちに興味が湧いて、欲しくなってきました。なんてったって オンだけでなくオフでも履けますからね。

この週末は、各シューズショップをクルーズして いろいろ試してみたいと思います。

それでは、本日はここまで。是非これからも ドレスシューズに限らず、ブーツやスニーカーなどなど、みなさんの愛用靴を「#靴魂」を付けて たくさんポストしてください! 女性も大歓迎!

ちなみにですが、会員登録して頂けるとコメントを書き込むことができますので、#靴魂に対するご意見や感想、「オレはココの靴が好きだー」「こんな切り口で靴が見てみたい」などなど奮ってコメントしてください。それから、インスタグラムの #靴魂(くつたま)を介して、皆さんが交流してくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

投稿に関してですが、撮影の仕方は自由。靴のみ、履いている足元、その靴を中心としたコーディネートなどなど、靴が写っていれば何でもOKです。ぜひご自慢の一足をインスタグラムに投稿してください。もしかすると あなたの投稿を取り上げるかもしれません。

それでは次回の「あなたの靴、見せてください」もお楽しみに!!



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE