FASHION 紳士服の教科書

ネイビージャケットの着まわし4つ。格調高いスーツスタイルの基本、教えます。

深く広い洋装の知識で老若男女に支持される服飾評論家、赤峰幸生氏。そんな赤峰氏のFORZA STYLE動画コンテンツから、その神髄を抽出して編んだ洋装の教科書。

日本の服飾業界の重鎮として活躍している、ファッションアドバイザー・赤峰幸生氏。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

御年76歳でInstagramのフォロワーは3万3000人超、服飾のみならず、アートや歴史の分野にまで及ぶ博覧強記で、老若男女を問わずたくさんの方々に支持されています。

そんな赤峰氏が語る、誰も教えてくれなかった「紳士服の教科書」。第8回目は、ネイビースーツの着こなし方についてです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
©GettyImages

50年前、イタリアのカプリ島にある青の洞窟に行ったという赤峰氏は、一口に青といえど、さまざまな美しいブルーがあることを知ったのだそう。今回のテーマであるネイビーも、単なる"紺"なんてひとことでは言えないくらい、さまざまな色があるんです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

奥深いネイビーの世界。今回は、こちらのネイビーのジャケットと、赤峰氏の自宅から持ってきた私物を使い、ドレスラインのコーディネートを4つご紹介いたします。

【1】トニック2000

まずご紹介するのは、ドーメルという会社が作っている、トニック2000という素材でできたスーツです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

トニック2000 とは、モヘア(山羊)30%・ウール70%の生地のこと。ネイビーの縦糸に、白の横糸を使って織り上げたスーツで、表面の布に糸が均等に現れ、霜降りのように白糸がぽつぽつと見えるのが特徴です。少しシャリッとして照りがあるので、パーティーシーンにぴったりです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

これに合わせるネクタイですが、まず右のネクタイを合わせると、かなり大人でシックな印象に。また、左のネクタイを合わせると、さらに大人っぽくなります。後者のネクタイはフランスのシャルベというブランドのネクタイ。同じようなブルーがスーツの生地の色に入っているのでよく馴染みます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

そこへリネンの白のポケットチーフをさします。チーフは白が基本です。また、パーティーの時は、シャツに必ずダブルカフス(袖口を折り返して二重にしたカフス)をしましょう。

襟はワイドスプレッド(100~120度前後の襟羽開きのもの)でも結構ですし、レギュラーでも結構です。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ドレスというイメージなら、アルバートサーストンのブレイシスを加えます。ブレイシスがスーツからののぞくと、よりレベルが高いコーディネートになります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

これで、トニックのスーツを使った1つ目のコーディネートが完成です!

【2】ストライプ柄スーツ

次は、先ほどご紹介したスーツに比べてかなりロイヤルブルーの色味が入っている、ストライプ柄のスーツです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

このスーツにストライプのネクタイは全く合いません。合わせるなら、こちらの画像ぐらいの青みの無地のネクタイ。また、クレストタイ(伝統的な盾形の紋章をあしらったネクタイ)や、プリントのネクタイも合います。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

続いてのポイントは、靴下の色。左の少しくすんだネイビーの靴下はコットンウール、右の明るいネイビーの靴下はウール素材です。今回は、後者の明るいネイビーの靴下を合わせます。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ドレスの場合、ダークな色合いの靴を合わせることがあります。ネクタイによっては明るい茶色の靴と合わせることもありますが、今回のようにやや濃いめのネイビーの場合は、こちらのようなチョコレートブラウンと言われる色がおすすめです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

以上が2つ目のコーディネートです。それぞれの色選びを工夫することで洗練された印象になりますね。

【3】ピンチェックのスーツ

3つ目にご紹介するのは、こちらもヴィンテージのモヘア(山羊)生地で出来た、ピンチェック(2色の糸で細かくチェック柄に織ったデザイン)のスーツです。

先に紹介した2つのスーツと並べてみると、どれも似たようなネイビーですが、素材感がかなり異なります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ネクタイを決めるにあたって、色だけでなく、質感の相性で選んで統一感を出していくことがポイント。こちらのネクタイは少しザラッとした質感で、このピンチェックのスーツによく合います。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

いかがでしょうか。レベルが高めのピンチェックスーツですが、ストライプのネクタイが絶妙に馴染んでいますよね。

【4】ブレザー風仕立て

最後にご紹介するスーツは、ウィリアム・ハルステッドというブランドのもの。

ダブルブレスト(前身頃の幅が広く重なり、ボタンが二列になっているコート)のピークドラペル(尖った襟が特徴のスーツ)で、胸と脇にパッチポケットがついています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

こちらはスーツとしても着られますが、実はブレザーとしての役割も果たします。上下セットでスーツとして着用することもできますが、グレーのトラウザーズに合わせてジャケット単品で着用し、ブレザー風の仕立てにするのもありです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

以上が今回のスタイリングです。いかがでしたでしょうか。同じネイビーでも色や素材に違いがあり、それぞれに合わせたスタイリングはとても勉強になったのではないかと思います。ネイビースーツのスタイリング、ぜひ楽しんで挑戦してみてください。

 

Text:FORZA STYLE

プロフィール
赤峰幸生
イタリア語で「出会い」を意味する、インコントロ代表。大手百貨店やセレクトショップ、海外テキスタイルメーカーなどの企業戦略やコンセプトワークのコンサルティングを行う。2007年から『真のドレスを求めたい男たちへ』をテーマにした自作ブランド「Akamine Royal Line」の服作りを通じて質実のある真の男のダンディズムを追及。(財)ファッション人材育成機構設立メンバー、繊研新聞や朝日新聞などへの執筆活動も行う。国際的な感覚を持ちながら、日本のトラディショナルが分かるディレクター兼デザイナーとして世界から注目を浴びる日本人のひとり。



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE