FASHION オシャレはセレブに学べ!

【スーツの色に合わせるだけ】
ブラピ流!ワントーンで決めるオトナのコートスタイル

『FORZA STYLE』では、シンプル&ベーシックな装い方をしているセレブをピックアップし、日本人の私たちにも取り入れやすい着こなしやアイテムをご紹介していきます。

肌寒さが増す10月半ば、そろそろスーツの上にもコートが必要になってくる時期。そこで毎シーズン迷うのが、どんなコートを買うのが正解なのかってこと。デザインは様々ありますが、いろいろ買い足すほどの余裕もないし、なるべくワードローブは絞ってい選びたいですよね。そこで今回は、オン、オフ問わずスーツスタイルに合うコート選びと、そのスタイリング方法を、毎度お馴染みのブラッド・ピット先生から学びたいと思います。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

ビジネスシーンにおいて基本となる一着目は、やはりネイビーのチェスターフィールドコートがおススメ。清潔感、知的さ、誠実さなど、スーツスタイルで重要となる見た目の要素を引き立たせるだけでなく、誰でも羽織るだけでスタイリッシュに決まるので、スタイリングに悩まなくて済む点も高評価です。

ブラッド・ピット氏が選んだチェスターコートは、ベーシックなシングルの3つボタン。着丈の長さは膝丈程度、ゴージ位置がやや高めで、ラペル幅も太過ぎないスタンダードな一着。このデザインなら、スーツに合わせるだけでなく、ニット&デニムと言ったオトナのカジュアルコーデにも応用が効きますね。

着こなしのポイントは、コートに合わせて、スーツ&インナー共に、オールネイビーのワントーンで決めていること。ブラッド・ピット氏のスタイリングでよく見かけるこのワントーンコーデ。その狙いは、色を引き算をすることで、素材の良さを引き立て、さらに自身の中身を際立たせることに繋げているのです。重要なのは、お洒落に見せることよりも、オトナの貫禄をいかにキープできるか。スーツの上着やコートのフロントのボタンを外すことで、ふんわりとしたラペルの返りにも目が行きますよね。これは、仕立ての良さをアピールできる大事なポイントです。オトナにとって、力が入り過ぎたスタイリングは、余裕がなく見えるので、なるべくシンプルに着こなすのが、ベストってことですね。皆さまもぜひ見本にしてみてはいかがでしょうか。


Text:Satoshi Nakamoto



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE