CAR ― Dr.ノリシゲの妄想ドライブ

妄想は続くよ、どこまでも!

【この夏はLEXUS & TOYOTA】思わず二度見してしまう超絶イカす3モデル

2020.6.21 2020.6.21
2020.6.21
説明しよう! 妄想ドライブとはヴェテラン モータージャーナリスト・ノリシゲセイイチが「このクルマにのったら、こんなことをしたい。こんなところに行きたい。この街道でぶっ飛ばしてチャンネーとこんなことがしたい!」と妄想の世界に遊ぶ気絶コラムである!

周囲の空気が変わる存在感あるモデルに乗ろう!

皆さんこんにちは。6月も下旬となり、季節はいよいよ本格的な夏を迎えようとしています。昨年とは異なり不安がつのる部分もありますが、しばしブツヨクで一喜一憂し気分をほぐしていただければと思います。

今回取り上げる最新モデルは3台。レクサス×2、トヨタ×1という構成です。いずれも存在感はピカイチ! 

1台目はレクサスLCに追加されたコンバーチブルです。プロトタイプの発表から少々時間がかかった印象ですが、無事発売に。同ブランドのフラッグシップクーペの屋根開き仕様ですから、贅を尽くしたオープンカーということになります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
LEXUS LC500 Convertible
拡大画像表示

見ているだけでワクワクするモデルですが、忘れずお伝えしたいのがこのタイミングでクーペ仕様も進化していること。プレスリリースには「クーペモデルではシャシー部品の軽量化や駆動力特性の追求により運動性能が進化」とあります。

具体的にはフロントサスペンションロアアームのアルミ化、中空スタビライザーの採用、コイルスプリングの素材の見直し(高強度&軽量)、アルミホイールの軽量化を行い、バネ下重量をおよそ3.7kg軽量化。また、電子制御サスペンションを改善し、同時にアクティブコーナリングアシスト(アンダーステア対策)を新規に採用しています。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
LEXUS LC500 Convertible
拡大画像表示

さて、主役のコンバーチブルですが、ルーフがない分シャシーの強度を高めるために、製造時に行う溶接数や接着剤の使用部分を大幅に拡大。強度を補う構造材など、多岐にわたりクーペとは異なる手法がとられています。また、横転時に動作するアクティブロールバーの採用など、オープンカーに必要とされる安全装備を搭載します。

今回のLCクーペの進化、LCコンバーチブルの投入でレクサスから発表された技術資料は80ページにも及びます。皆さんにお伝えできるのはほんのわずかですが、コレがレストランならシェフのオマカセメニューという感じでしょうか。さすが高額車両です。

そもそもLCの開発自体、豊田章男社長が「エレガントさに加えてLC独自の本能を刺激するような走りを育てていく」という号令を発しているモデルです。もしワタシがLC開発エンジニアの一員だったなら「社長が言ったんだからコストや工数は考えないでOK」と解釈し日々精進します。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
LEXUS LC500 Convertible
拡大画像表示

LCのパワーユニットは世界のクルマ好きを魅了するNAの5リッターV8エンジンと、もはや伝統芸となった3.5リッターV6エンジン+ハイブリッド。

ただし、LCコンバーチブルに関しては、ルーフの収納スペースの関係からNAのみの設定で価格は1,500万(税込)。また、ローンチを記念した特別仕様車『Structural Blue』が60台あり、事前商談車がすでに40台。残る20台が抽選で購入可能です。価格は1,650万円(税込)。

価格面では別世界なレクサスLCですが、そこにあるだけで周囲の空気を変える存在感は格別。まさにラグジュアリーなモデルです。

2台目のレクサスはコンパクトFRセダンのISです。コチラはブランニューというより2回目のビッグマイナーチェンジ版。側面のキャラクターラインとハイデッキを強調したリアビュー、精悍さを増したフロントフェイスが外観上の特徴となります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

このISもまた社長のお達しがあり、その趣旨は「ドライバーの運転感覚を磨き上げる砥石のようなクルマ」というもの。あらゆる走行シーンでドライバーの意図に忠実なリニアな応答性を追求したといいいます。ただし、コチラは現段階であくまで発表のみ。発売は秋口とのことですので、あらためて価格発表後に分析(妄想)きればと思います。

最後は話題沸騰中のトヨタ・ハリアーです。なんせカッコよくスタイリッシュなだけじゃなく、エントリー価格驚きの299万円(税込)。無論、クルマ好きならお察しでしょうが、このモデルは2リッター直4エンジン搭載車であり、ハイブリッド車ではありません。もっとも高額なモデルは2.5リッター直4エンジン+ハイブリッドの四駆仕様で504万円(税込)まで揃います(エントリー価格は税込358万円)。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
TOYOTA HARRIER
拡大画像表示

フルモデルチェンジしたハリアーですが、RAV4から採用された新型シャシーの最新版という技術的背景もあり、レクサスのRXやNXといったSUVモデルを超えたのでは? なんてハナシあります。ハリアーはもともと人気車ですし、期待感は高いですね。

コチラはすでにショールームに並んでいる頃です。試乗車の問い合わせは必要ですが、是非お近くのディーラーで触れてみてください。装備面など考慮するとリアルな乗り出し価格は400万円台というイメージですが、新型ハリアーのプレミアム感はかなりブツヨクを刺激すると思います。

Text:Seiichi Norishige

レクサス

トヨタ

■【ハリアー】おもてなし空間ムービー

 

Author profile

教重 誠一
教重 誠一
Norishige Seiichi

自動車雑誌の編集者を経てモータージャーナリストへ。駆け出しの頃からサラリーマンの限界に挑戦し数々の輸入車を乗りまわす。印象深かった愛車はポルシェ911(930)、Ruf CRo
コンバージョン(964)、メルセデス・ベンツ500E、フェラーリ412、BMW6シリーズ、RG500Γ(バイク)。趣味はシガーとパイプとすし屋巡り。ジャンルを問わず酒好きだが、一定以上飲むと睡魔が襲い銘柄を失念する。1964年、北海道生まれ。

KEYWORDS
レクサス

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.9.24 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO