CAR 中年と中古車

【クラシック・ミニ】聖地ミニマルヤマがスゴ過ぎて中年気絶!

若かりし青年があっという間に中年となっているように、かつては高嶺の花だったピッカピカの新車も気がつけば中古車に。あの時は高くて買えなかったけど、今ならイケるかも!? な妄想を抱く二人の中年、中古車野郎Aチームが読者の皆さんに代わってとっておきのクルマを探す企画です
 

いつかは絶対欲しい名車。それがクラシック・ミニです。設計は20世紀を代表する天才エンジニア、アレック・イシゴニス。極力小さく4人乗れて低燃費な自家用車。そんなミニはBMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)より、1959年に送り出されました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

デビュー当初は販売チャンネルの都合で、オースチン、モーリスと2種類のミニがありました。のちに派生車として誕生するスポーツモデルのクーパーは、英F1コンストラクター率いるジョン・クーパーと、アレック・イシゴニスによるコラボレーションモデルです。二人はクルマ友達だったという経緯もあり生まれました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

いまでこそ『ミニ』は、『ミニ・クーパー』というワン・ワードで語られますが、その原因はモンテカルロ・ラリーの1964年大会から1967年大会までに3度も優勝したから。そのインパクトは絶大で、初優勝後は大人気となりミニはモテまくります。

クラシック・ミニのボディサイズはおよそ全長3,075×全幅1,530×全高1,330mm。生産期間が長いだけに数ミリの違いはありますが、イマドキの軽自動車よりはるかに小さいボディに1.3リッター直列4気筒エンジンを搭載します。ローバー傘下となった2000年最終モデルで最高出力62psを発生。車体が軽いのでATを選んでもキビキビ走ります。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

取材でお訪ねしたのは、世界的にもミニの第一人者であり功労者のミニマルヤマ代表、丸山和夫さんです。丸山さんはヴィンテージカーのコレクターとしても著名であり、マラネロにあのエンツォ・フェラーリを訪ね面会。以後、親交を深めました。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

そんな丸山さんとスタッフの作るミニは絶品です。もとは輸入車の整備事業が母体ですから、ウン億円級のヴィンテージカーをレストアする技術を、そのまま惜し気もなくクラシック・ミニに注ぎます。でも「モノには適正価格があるからね」と、法外な値段はつけません。ハッキリいって安いです。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割

丸山さんにはMINIミュージアムを作るという夢があります。店内はミニの世界観が濃縮され、パーツのみならず、様々なミニグッズが溢れます。希少なクーパーやマーコスなどもあります。ミニオーナーじゃなくても十分に楽しめる空間なので、クルマ好きなら是非とも訪ねてほしいですね。ジョン・クーパーとの親交など、時間が許せば直接聞けますから。

Yahoo! 配信用パラグラフ分割
Yahoo! 配信用パラグラフ分割

時間の都合もあり動画では取材した半分もお見せできていませんが、色あせない魅力、自由自在な楽しみ方の片鱗はご覧いただけると思います。老若男女、さらに中年なら気絶級のクラシック・ミニ。絶対買っちゃうんだろうなきっと……。

Text:Seiichi Norishige(中年B)
Video:Yoshihide Shoshima

【車両に関する問い合わせ】
ミニマルヤマ
東京都墨田区東墨田2-21-2
TEL:03-3613-6622



記事をクリップ

無料会員をしていただくと、
記事をクリップできます

新規会員登録

TAGS


AUTHOR

教重 誠一
教重 誠一
輸入車をこよなく愛すモータージャーナリスト

著者の他の記事


連載 中年と中古車

連載をクリップ

カテゴリー CAR


COMMENT

ログインするとコメントを投稿できます。

あなたにオススメ

RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE