CAR 中年と中古車

ランドクルーザー60を手に入れるには専門店が不可欠です

若かりし青年があっという間に中年となっているように、かつては高嶺の花だったピッカピカの新車も気がつけば中古車に。あの時は高くて買えなかったけど、今ならイケるかも!? な妄想を抱く二人の中年、中古車野郎Aチームが読者の皆さんに代わってとっておきのクルマを探す企画です

1951年の誕生以来、ランドクルーザー・シリーズの世界累計販売台数が、2019年8月末時点で1,001万台を越えたという。現在は約170ヶ国と地域で販売し、年間販売台数は約40万台。ご長寿&人気の世界的ベストセラーSUVなのであります。

車名の意味はそのままズバリ“陸の巡洋艦”。モデルチェンジ毎にプレミアム&ラグジュアリー度を増すランドクルーザー(以下、ランクル)ですが、タフなクロスカントリー系SUVのDNAを継承。何とも頼もしいクルマである、というのがランクルの本質です。

取材店はDR30スカイラインと60系ランクルをこよなく愛する池谷さんが代表を務める『ユーティリタス』。あまりのディープさに連チャンで撮影させていただきました。男気の名車が続きますよ~。

→前回の『スカイライン編』はこちら!

60系ランクルは1980年に登場。コレ以前はフロントフェンダーとボンネットフードが独立したジープのようなデザインでした。しかし、この60系から一体式のデザインを採用。時代の流れを反映しモダンなデザインに生まれ変わります。

パワーユニットはガソリンの直列6気筒と、直列4気筒のディーゼルがあります。ガソリンはデビュー当初4.2リッター、後に4リッターへ。ディーゼルは3.5リッターから最終的に4リッター・ターボまで進化しました。

マイナーチェンジの識別ポイントは、丸形2灯式と角型4灯式のヘッドライトです。顔はもう好き嫌いの問題ですが、丸形はミニマルな印象ですね。角型は四角いヘッドライトが作れるようになった時代の象徴ですから、どちらが優れているとはいえません。

リヤシートでドライブを楽しんだオギーによれば、乗り心地は乗用車として十分確保されているといいます。前後ともタフなリーフリジッドのサスペンションですが、キチンとしたメンテナンスを行えば乗り心地は悪くなりません。無論、タイヤにもよりますが。

砂漠のロールス・ロイスなんて呼ばれるSUVもありますが、コチラの60系ランクルは砂漠のカローラという感じでその信頼性と実用度は抜群。デニムのように末永く愛しちゃってください。

Text:Seiichi Norishige(中年B)
Video:Yoshihide Shoshima

車両に関するお問い合わせ】
ユーティリタス
東京都小金井市貫井南町1-5-22
TEL:042-384-7700



RANKING

1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
AND MORE