WATCH ― ロック福田のスウォッチグループ特集

違いのわかる大人の男にこそ愛される。「ティソ」の新作は、早くも紳士の新定番となる予感!

2020.1.24 2020.1.24
2020.1.24
第9回:TISSOT/ティソ

いきなり私事で恐縮ですが、昨年の秋に福田の友人が「ティソ ヘリテージ バナナ」を買いました。そう、いわゆるバナナウォッチですね。ほかにもバナナウォッチを愛用している友人が何人かいます。かくいう福田も、昔から何度も買いそうになっていて、買わないのはただ「どれにしようか」と迷っているからだったりします。

で、何をいいたいのかというと。ティソって若者の時計のように思われてますけど、実は、大人の男にも人気があるんですね。それもファッションやクルマなどにこだわっている、目の肥えた男にティソ愛用者が多かったりします。

さて。というティソの2019年の新作でいちばんの注目は、まったく新しいコレクション「ティソ ジェントルマン」。シンプルなデザインが時代を超えて愛用できそうで、これは人気が出ちゃうでしょう。

そして福田が心惹かれたのが、1919年のモデルを再現した「ティソ ヘリテージ ポルト」。1973年のモデルの復刻作「ティソ ヘリテージ 1973」も格好よくてグッときました。

などなどと、見どころいっぱい。2020年の新作も楽しみです。
 

ティソ ジェントルマン

自動巻き、SSケース&ブレスレット、ケース径40mm、5気圧防水。15万4000円(税抜)

自動巻き、SSケース、ケース径40mm、レザーストラップ、5気圧防水。14万6000円(税抜)

オーセンティックなデザインが時代を超えて愛用できそう。各部のつくりも素晴らしく、これは男の新定番になりますね。

80時間のロングパワーリザーブとシリコンヒゲゼンマイを備えた高精度ムーブメント「Powermatic 80 Silicium」を搭載するのも長所。18Kローズゴールドとステンレススティールのコンビというのが新鮮でスタイリッシュな印象です。

 


ティソ ヘリテージ ポルト

手巻き、SSケース、ケースサイズ42.45×31.1mm、カーフストラップ、3気圧防水。11万5000円(税抜)

手巻き、ローズゴールドPVDコーティングSSケース、ケースサイズ42.45×31.1mm、カーフストラップ、3気圧防水。13万円(税抜)

1919年に発表された「ティソ ポルト」を、誕生100周年を記念して復刻したモデル。「ポルト」という名前は、当時のヨーロッパ貿易の最大拠点であり文化の中心地であったポルトガル北部の、ポートワインの出荷が盛んな港町=ポルトに由来します。

流麗なトノーケースと、独特のポワール・スチュアート針とアラビア数字インデックスが優美な雰囲気。ステンレススティールケースと、PVDコーティングのローズゴールドカラーの2モデルの展開。絶妙のサイズが女性にもフィットするので、ペアやシェアにするのも大おすすめです。

 


ティソ ヘリテージ 1973

自動巻き、SSケース、ケースサイズ46.6×43mm、レザーストラップ、10気圧防水。世界限定1973本。23万8000円(税抜)

1973年に誕生したクロノグラフの復刻モデル。白ダイヤルに黒インダイヤルの逆パンダや、オレンジの挿し色、パンチングレザーのストラップなど、随所の1970年代テイストが格好よくグッとくる。

誕生年にちなみ1973本の世界限定なので、早々に完売すること必至。「欲しい」という方は急ぐべし!

 


ティソ シースター 1000 オートマティック シリシウム

自動巻き、セラミックコーティングSSケース、ケース径43mm、SSブレスレット、30気圧防水。9万8000円(税抜)

自動巻き、セラミックコーティングSSケース、ケース径43mm、ファブリックストラップ、30気圧防水。9万1000円(税抜)

2014年に誕生、2018年に新コレクションとして再登場したダイバーズを、さらにシリコン製ヒゲゼンマイ搭載の高精度ムーブメントにアップデイトしたハイスペックバーション。

ダイバーズでは希なシースルーケースバックで、その精巧なムーブメントを眺め楽しむことが可能。また、やはり本格ダイバーズとしては薄めのケースがドレッシーに着けこなせるのもチャームポイントです。

【問い合わせ】
ティソ
03-6254-7361
https://www.tissotwatches.com

Text:Yutaka Fukuda

Author profile

福田 豊
福田 豊
Fukuda Yutaka

ロックと猫を愛するライター&編集者。もともとは建築家であったが、ひょんなことから、出版界に移籍。『エスクァイア日本版』広告営業、編集部の後、現職。『LEON』『MADURO』『ENGINE』『GQ』などの雑誌やwebで、ファッション、時計、クルマ、旅など、男性のライフスタイル全般について執筆。毎月1回以上ライヴを観に行く、を目標に奮闘中。そのあたりの報告と、ロックTシャツの紹介をインスタグラムでやってますので、よろしければフォローをお願いします。

MEMBERSHIP

FORZA STYLE 無料会員にご登録いただくと、全ての記事が閲覧できるようになります
ぜひご登録ください

詳細をみる 新規会員登録
記事をクリップする
連載をクリップする
CLOSE X

無料会員をしていただくと、記事をクリップできます。

新規会員登録

COMMENT

無料会員をしていただくと、コメントを投稿できます。

新規会員登録

WHAT's NEW

SPECIAL

view all
  • 日本のビジネスマンを格好良くする100の方法 2020.9.24 update
  • 49000円から干場義雅編集長のオーダースーツが作れる!タカシマヤ「スタイル オーダーサロン」とは?【PR】 2018.2.28 update

SELECT 10

CELEB

EROSABA

FORZA FAMILYの連載コラムをいますぐチェック!

ランキング

HOT TOPICS

VIDEO

VIDEO